1071 1066 0 0 OA 国立国会図書館月報

出版者
国立国会図書館
巻号頁・発行日
vol.2022年, no.(739), 2022-11-01
著者
酒居 敬一 光成 滋生 成田 剛 石田 計 藤井 寛 庄司 信利
雑誌
情報処理学会論文誌 (ISSN:18827764)
巻号頁・発行日
vol.43, no.4, pp.1028-1038, 2002-04-15

近年の汎用パーソナルコンピュータに多く使われているIA-32プロセッサは過去との互換性のために命令体系はCISC的である.しかし内部動作はRISCマイクロ命令への変換,ハイパーパイプライン,アウトオブオーダ,などRISC的アーキテクチャが多数取り入れられている.さらにSIMD的演算命令の搭載によりデータ並列処理を実現している.とはいえその新しい機構に応じたコードを生成するコンパイラはまだまだ少数であり,また対応していたとしてもコンパイラ独自の拡張C言語による記述が必要であることが多い.そのため通常のC言語による記述を主体としたベンチマークではプロセッサの正当な評価を行いにくい.そこで我々は実用的なアプリケーションとしてMP3エンコーダを選択しコード全般にわたってアセンブリ言語による最適化処理を行った.その結果C言語によるコードに対し2倍から3倍の高速化を達成した.

607 606 0 0 OA 生物コーナー

出版者
公益社団法人 日本農芸化学会
雑誌
化学と生物 (ISSN:0453073X)
巻号頁・発行日
vol.45, no.6, pp.439-443, 2007-06-01 (Released:2009-05-25)
被引用文献数
1 1
著者
Taiga Kato Mitsuo Takano Takafumi Nakano Satoshi Shimano
出版者
The Japanese Society of Systematic Zoology
雑誌
Species Diversity (ISSN:13421670)
巻号頁・発行日
vol.28, no.1, pp.23-30, 2023-01-12 (Released:2023-01-12)
参考文献数
44

The taxonomic status of millipedes of the genus Spirobolus Brandt, 1833, referred to as “Yaeyama-maruyasude” from the Yaeyama Islands, Ryukyu Islands, Japan, was unresolved. We assess the taxonomic status of these Yaeyama Spirobolus sp. using an integrated morphological and molecular approach, and describe them as a new species, S. akamma sp. nov., for which partial sequences of the nuclear 28S ribosomal RNA, mitochondrial cytochrome c oxidase subunit I, and 16S ribosomal RNA markers are provided. This new species differs from continental China and Taiwan endemic congeners in anterior gonopod morphology (in having an elongate and subtriangular coxa, and a pentagonal mesal sternal process), posterior gonopod morphology (in having a coronoid prefemoral endite with rounded distal end, and an elongate telopodite), and in having four serrations on the cyphopod lateral flange.
著者
Hideki Kakeya Yoshihisa Matsumoto
出版者
Information Processing Society of Japan
雑誌
IPSJ Transactions on Bioinformatics (ISSN:18826679)
巻号頁・発行日
vol.15, pp.22-29, 2022 (Released:2022-11-16)
参考文献数
35

A method to find a probability that a given bias of mutations occur naturally is proposed to test whether a newly detected virus is a product of natural evolution or a product of non-natural process such as genetic manipulation. The probability is calculated based on the neutral theory of molecular evolution and binominal distribution of non-synonymous (N) and synonymous (S) mutations. Though most of the conventional analyses, including dN/dS analysis, assume that any kinds of point mutations from a nucleotide to another nucleotide occurs with the same probability, the proposed model takes into account the bias in mutations, where the equilibrium of mutations is considered to estimate the probability of each mutation. The proposed method is applied to evaluate whether the Omicron variant strain of SARS-CoV-2, whose spike protein includes 29 N mutations and only one S mutation, can emerge through natural evolution. The result of binomial test based on the proposed model shows that the bias of N/S mutations in the Omicron spike can occur with a probability of 2.0 × 10-3 or less. Even with the conventional model where the probabilities of any kinds of mutations are all equal, the strong N/S mutation bias in the Omicron spike can occur with a probability of 3.7 × 10-3, which means that the Omicron variant is highly likely a product of non-natural process including artifact.

221 139 0 0 OA 官報

著者
大蔵省印刷局 [編]
出版者
日本マイクロ写真
巻号頁・発行日
vol.1923年06月02日, 1923-06-02
著者
小泉 陽介 平岡 知子 西山 明 山領 豪 古本 朗嗣
出版者
一般社団法人 日本感染症学会
雑誌
感染症学雑誌 (ISSN:03875911)
巻号頁・発行日
vol.96, no.6, pp.230-235, 2022-11-20 (Released:2022-11-21)
参考文献数
19

A 67-year-old Japanese woman with a history of contact with a COVID-19 patient presented with a one-day history of fever, malaise, and dyspnea, and was hospitalized with a positive nasopharyngeal swab test for SARS-CoV-2 LAMP. Chest CT revealed bilateral patchy infiltrates. The patient was treated with remdesivir and dexamethasone and supplemental oxygen supplied via a nasal cannula. The supplemental oxygen therapy was continued for 6 days, and the drug administration was completed on the 10th day of hospitalization. The patient was then scheduled to be discharged, when she developed severe hyponatremia with a serum Na level of 110 mEq/L, but no consciousness disorder.The patient was diagnosed as having SIADH after several examinations suggesting higher levels of secretion of antidiuretic hormone, with a higher specific gravity of the urine than that of the serum, in addition to evidence of normal functioning of the thyroid, adrenal, and pituitary glands, and of the liver and kidneys. Whole-body CT showed no evidence of any tumors. The hospitalization was extended for correcting the serum sodium levels by restriction of water intake. It was assumed that the SIADH was caused by COVID-19, presumably by the elevated serum IL-6 levels inducing secretion of ADH, similar to the phenomenon reported in other inflammatory diseases associated with elevated serum IL-6 levels.COVID-19 could lead to SIADH due of unresolved systemic inflammation even in the absence of worsening of the findings of chest imaging after the completion of antiviral treatments. Further studies are required to evaluate the correlation between the inflammatory state (e.g., serum concentration of IL-6) and serum ADH level causing hyponatremia during the clinical course of COVID-19.
著者
高橋 満彦
出版者
一般社団法人 日本生態学会
雑誌
保全生態学研究 (ISSN:13424327)
巻号頁・発行日
pp.2037, (Released:2022-10-20)
参考文献数
54

野生動物、特に鳥獣の写真撮影や観察は、現代的なリクリエーションとしても推奨されている。今後の撮影・観察を伴う野生動物観光の参加者は増加が見込まれ、その経済的将来性に期待が高まっている。一方で、撮影・観察活動は鳥類の営巣・育雛を妨害するなど、態様によっては生態保護上の支障を惹起する懸念が報告されており、どのように負の影響を減らして実施させるかが重要な課題となっている。普及啓発や関係団体による倫理規範などの自主規制も導入され、効果が期待されるが、強制力がないなどの弱点があり、法律による規制が必要となり、自主規制との相補関係が期待される。 しかし、日本では一般的に撮影・観察を規制する法令はない。特定の保護区における規制としては、鳥獣法や自然公園法で特に指定した地域において、特定の撮影・観察、録音などを規制できる等の規定を有している。しかし、規制事例はわずかであるうえに、行政が政省令等の整備など、法律を具体化する手続きを踏んでいないケースも多い。米国でも本邦同様に、撮影・観察を一般的に規制することは行っていないが、絶滅危惧種の保存法( ESA)により、指定保護種を困惑させたりする撮影・観察は捕獲規制の対象とされる。また、英国では営巣鳥類の行動を妨げることは禁止されており、営巣生態を撮影したいものに対するライセンス制度を導入している。 結論として、既存の法令を十分活用したうえで、諸外国の先進事例から学びながら、法令を一層整備することが必要である。特に絶滅危惧種保全、繁殖鳥類の保護、国立公園等の保護区管理の局面での規制の充実が望まれる。
著者
Hiroto Nakano Kazuyoshi Yamaguchi Naoyuki Hama Yasuko Matsumoto Moeko Shinohara Hisashi Ide
出版者
The Japanese Society of Internal Medicine
雑誌
Internal Medicine (ISSN:09182918)
巻号頁・発行日
pp.0504-22, (Released:2022-12-28)
参考文献数
14

Anti-myelin oligodendrocyte glycoprotein antibody-associated disease (MOGAD) is an autoimmune demyelinating disorder that mainly occurs post-infection or post-vaccination. MOGAD after inoculation with coronavirus disease 2019 (COVID-19) vaccines is rare, and we herein report a rare case of a patient with MOGAD after vaccination using the Pfizer-BioNTech COVID-19 vaccine (BNT162b2; Pfizer Japan Inc.; Tokyo). Our report highlights the fact that MOGAD following inoculation with COVID-19 vaccine may show clinical relapse during reduction of the oral steroid dose, and continuous treatments with immunological agents is needed to prevent disease recurrence.
著者
山室 真澄 鑪迫 典久
出版者
東京大学
雑誌
挑戦的研究(萌芽)
巻号頁・発行日
2017-06-30

市販の柔軟剤4製品を最適化した方法で分析した。各社ともほぼ同じ香料を組み合わせて使用していた。同じ方法で千葉県の人工河川の河川水を使って分析したところ、標準試薬にある12成分のうち10成分の人工香料が検出された。このことから、最適化した方法で環境水中の香料成分を検出できることが分かった。環境水にマイクロカプセルの形で拡散している場合、環境水を濾過して懸濁物を接触する二枚貝がマイクロカプセルを取り込んでいる可能性がある。そこで西日本の汽水湖沼および首都圏の感潮河川で漁獲されたヤマトシジミを提供いただき分析したところ、柔軟剤から検出された香り成分と似た組み合わせで人工香料が検出された。
著者
松前 ひろみ 神保 宇嗣 仲里 猛留 畠山 剛臣 大林 武
出版者
特定非営利活動法人 日本バイオインフォマティクス学会
雑誌
JSBi Bioinformatics Review (ISSN:24357022)
巻号頁・発行日
vol.3, no.2, pp.88-114, 2022 (Released:2022-12-21)
参考文献数
118

本稿では、これまで独立に発展を遂げてきた次の3つの領域を組み合わせ、新しい生物学のあり方を模索する:(1)遺伝子を中心としたバイオインフォマティクス解析、(2)生態系における個体や種の情報を扱う生物多様性情報解析、(3)生物たるヒトが生み出した文化情報の解析。従来これらの分野では異なる学術体系に基づいてデータが蓄積されてきたが、近年、分類学におけるDNA情報の利用や、ヒトの文化的形質の起源や進化の研究、人新世における生物多様性の研究から、3つの分野には互いに接点が生じている。しかし、学際的なコミュニティ等を活用してもなお、技術的・概念的な溝を埋めるのは容易ではない。そこで、これら3つの分野の関わりについて、データ連携を中心に、代表的なリソース・研究事例・課題などを俯瞰し、バイオインフォマティクスの研究者を生物多様性情報や文化の情報の世界へと誘いたい。
著者
髙橋 済
出版者
中央ロー・ジャーナル編集委員会
雑誌
中央ロー・ジャーナル (ISSN:13496239)
巻号頁・発行日
vol.12, no.4, pp.63-117, 2016-03-31

我が国の出入国管理及び難民認定法が制定後、現在までどのような軌跡を辿ってきているのか歴史的・時間的経過を軸、法的な観点から考察したものである。 具体的には、退去強制に関する実体法上の要件に関し改正が逐次なされており、その概要と歴史的傾向を考察する一方、退去強制手続、仮放免許可申請手続など制定時から現在に至るまで手続保障の観点から考察するものである。 また、従前消極的な評価が多かった出入国法案等に関し、政府が全件収容主義を立法上も放棄しようとしていたこと、仮放免(収容の停止)の要件に関し明文規定を置こうとしていたことなど、現在からみてもその歴史的価値、積極的な面があることを指摘している。 なお、特別永住者等の法的な地位の変遷、現在の法的地位についても考察している。
著者
小野沢 あかね 吉見 義明 金 富子 宮城 晴美
出版者
立教大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2019-04-01

韓国では買春処罰を規定した性売買防止法の制定(2004年)をきっかけに、性売買を性搾取ととらえて性販売女性(いわゆる売春に従事する女性やAV出演女性を本研究ではこのように呼ぶ)の非犯罪者化を目指す「性売買問題解決のための全国連帯」が結成され、各地における相談所・シェルター・自立支援センターの設置、政府による生活援助金の支出を実現した。さらに性販売経験当事者女性たち自身による反性売買運動が展開している。本研究は、脱性売買支援運動に関して、日韓で差異が生み出された歴史的背景の分析を行いつつ、世界の脱性売買支援活動にも視野を広げ、当事者視点に立つ脱性売買支援とはどうあるべきかを考察する。