投稿収集状況(14日間)

文献ランキング(各10件)

著者
高橋 正則
出版者
駒澤大学
雑誌
法学論集
巻号頁・発行日
vol.10, pp.155-172, 1973-12-20
著者
北川 尚史
出版者
日本蘚苔類学会
雑誌
日本蘚苔類学会会報
巻号頁・発行日
vol.3, no.4, 1982-03-10

88 87 87 0 OA 氷滑

著者
河久保子朗 著
出版者
河久保子朗
巻号頁・発行日
1917
著者
曾我部 真裕
出版者
江原大学校比較法学研究所
雑誌
江原法學 = KANGWON LAW REVIEW
巻号頁・発行日
vol.49, pp.1-23, 2016-10

강원대학교 비교법학연구소 강원법학 제49권, (2016. 10) 1-23쪽.

28 25 25 1 OA 人物画伝

著者
大阪朝日新聞社 編
出版者
有楽社
巻号頁・発行日
1907
著者
OKANISHI MASANORI SENTOKU ASUKA FUJIMOTO SHINTA JIMI NAOTO NAKAYAMA RYO YAMANA YUSUKE YAMAUCHI HIROKI TANAKAh HAYATE KATO TETSUYA KASHIO SHO UYENO DAISUKE YAMAMOTO KOHKI MIYAZAKI KATSUMI ASAKURA AKIRA
出版者
Seto Marine Biological Laboratory, Kyoto University
雑誌
Publications of the Seto Marine Biological Laboratory
巻号頁・発行日
vol.44, pp.7-52, 2016-03

We herein present the results of a survey which assessed the benthic fauna from subtidal to continental shelf depth in the Shirahama area from 2012 to 2016. Our research resulted in the identification of 132 species from 75 families in seven phyla, Cnidaria, Annelida, Tardigrada, Arthropoda, Mollusca, Echinodermata and Chordata. This includes 24 newly recorded species to Shirahama. Two species were also new records for Japanese waters. Furthermore, six undescribed species and five potentially undescribed species were recorded. We provide a selection of relevant photos for future taxonomic studies and monitoring of environmental changes.

955 789 0 0 OA 英雄と佩刀

著者
羽皐隠史 著
出版者
崇山房
巻号頁・発行日
1912

88 87 87 0 OA 氷滑

著者
河久保子朗 著
出版者
河久保子朗
巻号頁・発行日
1917
著者
[松平定信] [編]
出版者
[出版者不明]
巻号頁・発行日
vol.兵器 刀劔 一, 1900

68 64 2 0 OA 重刻雪華図説

著者
土井, 利位
出版者
巻号頁・発行日
1862

63 60 0 0 OA 集古十種

著者
松平定信 編
出版者
巻号頁・発行日
vol.[1],
著者
酒向 貴子 川田 伸一郎 手塚 牧人 上杉 哲郎 明仁
出版者
国立科学博物館
雑誌
Bulletin of the National Museum of Nature and Science. Series A, Zoology
巻号頁・発行日
vol.34, no.2, pp.63-75, 2008-06

The distribution of latrines of the raccoon dog, Nyctereutes procyonoides, was examined from July 2006 to December 2007 in the Imperial Palace grounds, Tokyo, Japan. The raccoon dog is accustomed to defecate at fixed locations, forming holding latrines; thus the distribution of latrines is a good indicator of their abundance. The results suggest that the latrines are widely scattered in the study site, but are more dense in the Fukiage area, where an old-growth broad-leaved forest is established. The latrine sites are used more frequently from September to December, as the number of fresh feces increased in the autumnal season. To examine the seasonal food changes of the raccoon dogs, 10 pieces of feces from some latrines were collected every month and analyzed the indigestible contents in the sampled feces. The food items identified consisted of animal, plant and man-made materials, suggesting that the raccoon dogs were highly omnivorous. The animal materials found from the feces included mammals (4% of total feces), birds (37%), reptiles (2%), amphibians (3%), insects (95%), chilopods (56%), isopods (2%) and gastropods (12%). Invertebrates were the most abundand food item throughout the year. Three coleopteran families, the Carabidae, Staphylinidae and Scarabaeidae, accounted for a large proportion of the insects and they showed seasonal fluctuations. These suggest that the raccoon dogs fed on them as major animal food resources in the study site, and perhaps the seasonality is related to the temporal changes of availability of the insects. The majority of plant materials found in the feces was a variety of seeds, suggesting that the raccoon dogs fed on berries and fleshy fruits throughout the year. The occurrence of seeds decreased from March to April, which coincided with a low availability of fruits. The seeds found in feces were categorized into three types : (1) the short-term berry type including Prunus (Cerasus) spp., Moms spp., Rubus hirsutus and Machilus thunbergii, which occurred only a short term after their fruiting periods ; (2) the long-term berry type, including Celtis sinensis, Aphananthe aspera and Swida controversa, which occurred continuously for three or more months after the fruiting periods ; (3) the acorn type, including Castanopsis spp., Quercus spp. and Ginkgo biloba, which occurred in early spring (January to April) when the other fruits are scarce. The seasonal change of the three fruit types implies that the raccoon dogs consume the available fruits in relation to the successive fruiting periods. The proportion of artificial materials found in the feces was considerably lower than in previous studies carried out in the suburbs of Tokyo, suggesting that the raccoon dogs in the study site strongly depend on natural foods. Most of the natural food items were native to Japan since the past Edo period. Thus we conclude that the preservation of biodiversity in the Imperial Palace grounds was essential for the re-colonization by the raccoon dogs of the Tokyo metropolitan area after the 1970s.
著者
野村 久光 テンシリリックン シラ 池田 心
雑誌
ゲームプログラミングワークショップ2013論文集
巻号頁・発行日
pp.27-34, 2013-11-01

疑似乱数生成の研究は古くからあり,偏りのなさや周期の長さ,生成速度などの改良が進められてきた.メルセンヌツイスタなど最近の手法は数学的な意味で真の乱数に十分近いと言え,確率的最適化やモンテカルロ法などさまざまに応用されている.テレビゲームでも疑似乱数が必要になることは多く,例えばすごろくではサイコロの目をコンピュータが決めなければならない.このとき,出た目およびその系列によっては,プレイヤはそのサイコロの目が自分に都合の悪いようにコンピュータに操作されていると感じる.本稿では,数学的な意味で良い乱数と,標準的なゲームプレイヤにとっての自然な乱数は異なるという仮定をおき,どのような特徴を持たせれば自然に“見える”乱数が作れるのかを考察,実装する.被験者実験の結果,標準的な乱数よりも自然に見え,またすごろくで使ったときの不満が小さい乱数列を生成できていることを確認した.
著者
岡部 和代 黒川 隆夫
出版者
社団法人日本家政学会
雑誌
日本家政学会誌
巻号頁・発行日
vol.54, no.9, pp.731-738, 2003-09-15
被引用数
4 or 0

着心地の良いブラジャーの設計や新しい設計システムを構築するためには,複雑に動く乳房の運動機構やブラジャー着用に伴う乳房振動特性の変化を明らかにしておくことが重要である.そこで,本研究では半透明なブラジャーを用いて,運動画像解析システムにより,ブラジャー着用時と非着用時の走行中と歩行中の乳房の動きを計測した.乳房の動きから体幹部の動きを分離し,乳房独自の振動データを抽出した後,離散フーリエ変換によって分析した.その結果,乳房の振動は歩行周期の影響を直接に受け,走行中が歩行中より,垂直方向が水平方向より大きくなった.ブラジャー非着用時の垂直方向の振幅は歩行周波数で最大となり,体幹部の運動の影響を強く受けることが分かった.非着用時の乳房振動は乳房の硬さ指標と相関が高く,柔らかい乳房が硬い乳房より振幅が大となった.ブラジャーの着用によって,乳房の振幅スペクトルに高い周波数成分が生じるようになり,測定点間の相関も低くなった.またブラジャー着用時の乳房が硬い乳房に近くなり,両者の特性が似たものとして表れた.以上のように乳房振動を分析し,その特性をとらえることができた.乳房の振動特性は,ブラジャーの着くずれや着心地に関係する問題を含み,設計に欠かすことのできない要因である.ブラジャーの設計支援システムの中で,乳房の振動特性をどのように制御するかが重要な課題である.今後は胸部の3次元形状データのモデルを利用して,運動機能性のよいブラジャー設計の技術開発につなげたいと考えている.
著者
田中 成典 中村 健二 加藤 諒 寺口 敏生
出版者
一般社団法人情報処理学会
雑誌
情報処理学会論文誌. データベース
巻号頁・発行日
vol.6, no.5, pp.71-84, 2013-12-27

マイクロブログから特定の話題に対するユーザの反応を取得する技術が研究されている.マイクロブログをソーシャルセンサとして有効活用するには,ユーザごとの特性を知る必要がある.しかし,マイクロブログでは,ユーザが属性を公開していない場合が多々あるため,ユーザごとの特性を把握できない.このことから,マイクロブログのユーザ属性を推定する研究が注目されている.しかし,既存手法では,主にマイクロブログの投稿内容にのみ着目しており,リアルタイムに発信されるマイクロブログの特性を属性推定に活かせていない.そこで,本研究では,各単位時間の投稿数に基づきユーザをクラスタリングし,投稿内容,生活習慣と投稿時間帯から職業属性を推定する手法を提案する.実証実験では,投稿内容のみを使用して推定する既存手法と,時間的特徴をも考慮する本手法について比較実験を行い,本提案手法の有用性を確認した.

1760 1 0 0 OA 刀剣談

著者
高瀬真卿 著
出版者
日報社
巻号頁・発行日
1910

ソーシャルメディアの情報をもとに、学術文献のインパクトを測定するサイトです。211,424件の学術文献の詳細情報を収集済みです。