著者
黒田 啓行 庄野 宏 伊藤 智幸 高橋 紀夫 平松 一彦 辻 祥子
出版者
日本生態学会
雑誌
日本生態学会大会講演要旨集
巻号頁・発行日
vol.52, pp.209, 2005

実は多くの漁業は漁獲量の制限などにより管理されている。漁獲許容量(TAC)は、現在の資源量(魚の量)などから算出されるのが通例である。しかし現実には、データや知見の不足により、資源量などの推定は難しく、さらに将来の環境変動などを予測することも容易でない。このような「不確実性」は、科学の問題だけでなく、合意形成をはかる上でも大きな障害となる。<br> ミナミマグロは南半球高緯度に広く分布する回遊魚で、商品価値は非常に高い。日本、オーストラリアなどの漁業国が加盟するミナミマグロ保存委員会(CCSBT)により管理されている。しかし、近年の資源状態については、各国が主張する仮説によって見解が異なり、TACに正式合意できない状況が続いていた。<br> この状況を打開するために、CCSBTは2002年より「管理方策」の開発に着手した。管理方策とは、「利用可能なデータからTACを決めるための"事前に定められた"ルール」のことで、環境変動や資源に関する仮説が複数あっても、それら全てに対し、うまく管理できるものが理想的である。そのため、様々な仮説のもとでのテストが事前に必要であるが、実際に海に出て実験することは不可能に近い。そこで、コンピューター上に資源動態を再現し、その「仮想現実モデル」のもとで、複数の管理方策を試し、より頑健なものを選び出すという作業が行われた。このような管理方策の開発は、国際捕鯨委員会(IWC)を除けば、国際漁業管理機関としては世界初の画期的な試みである。実際にCCSBTで管理方策の開発に当たっている者として、開発手順を概説し、問題点及びその解決方法について紹介したい。不確実性を考慮した管理方策の開発は、持続可能な資源の利用を可能にし、魚と漁業に明るい未来をもたらすものと考えている。
出版者
日経BP社
雑誌
日経ビジネス (ISSN:00290491)
巻号頁・発行日
no.1566, pp.42-45, 2010-11-15

進まぬ日本と外国のFTA(自由貿易協定)締結を横目に、世界各国・地域は着々とFTA網構築を進めている。 アジア周辺地域とのFTAで先行し、巨大経済圏である米国、欧州連合(EU)とのFTA発効が目前の韓国の動きは先に紹介した通り。日本が今年10月にようやく正式合意に達したインドとのFTAも、既に発効済みだ。
出版者
日経BP社
雑誌
日経ビジネス (ISSN:00290491)
巻号頁・発行日
no.1616, pp.52-59, 2011-11-14

8月中旬。米カリフォルニア州の「ディズニーランド・リゾート」に隣接するアナハイム・コンベンションセンターの周辺は、街全体が「D23」という言葉で埋め尽くされた。 D23とは、ザ・ウォルト・ディズニー(以下ディズニー)が運営する、ディズニーの公式ファンクラブの名称だ。「D」は「ディズニー」の頭文字。「23」は1923年、ウォルト・ディズニーが創業した年を表している。
巻号頁・発行日
vol.第45冊, 1000

寺社奉行の取り扱った一事件を一冊ごとにその始末を記したもので、各冊の内容は別記のとおりである。34冊(現在45冊に分冊)。
出版者
日経BP社
雑誌
日経ニューメディア (ISSN:02885026)
巻号頁・発行日
no.1489, pp.8-9, 2015-11-16

名古屋テレビ放送(メ〜テレ)が4Kコンテンツおよび8Kコンテンツの制作を推進している。同社は2013年10月に次世代放送への対応を目的とする社内ワーキンググループである「NexBN」を発足させ、2014年6月に4Kアーカイブ素材の撮影を開始した。2015年11月時点で4Kアーカ…
出版者
日経BP社
雑誌
日経ニューメディア (ISSN:02885026)
巻号頁・発行日
no.1642, 2019-01-28

放送サービス高度化推進協会(A-PAB)は2019年1月24日から同25日の2日間、「4K8K制作ワークショップ2019」を開催した。放送事業者などが登壇し、自社の4K・8Kに関する取り組みについて報告した。 名古屋テレビ放送(メ〜テレ)は2018年3月に8Kカメラを導入し、月に約1…
著者
[藤田幽谷] [著]
巻号頁・発行日
vol.[65], 1800
著者
豊山 義明 長谷川 博
出版者
日経BP社
雑誌
日経ニューメディア (ISSN:02885026)
巻号頁・発行日
no.1610, pp.6-7, 2018-05-28

総務省は2018年5月11日、4月開催の電波監理審議会からの答申を踏まえ、東経110度CS放送(右旋)に関する衛星基幹放送業務の認定を行った。認定先には、名古屋テレビ放送(メ〜テレ)の子会社で、「エンタメ〜テレHD☆シネドラバラエティ」の東経110度CSでの放送に…
著者
田本 晃生 作 誠太郎 山本 宏治
出版者
特定非営利活動法人 日本歯科保存学会
雑誌
日本歯科保存学雑誌 (ISSN:03872343)
巻号頁・発行日
vol.49, no.5, pp.658-668, 2006
参考文献数
43
被引用文献数
10

Objective: This study examined the characteristics of flowable composite-resins containing improved S-PRG filler. Materials and Methods: The tested materials were Beautifil High flow F10 (BF10-resin) and Beautifil Low Flow F02 (BF02-resin), both of them containing improved S-PRG filler, and the control materials were Unifil Flow (Un-resin) and Metafil Flo (Me-resin). Resin blocks were prepared using a metal mold followed by their bonding on both upper first molars. The blocks were debonded at 8, 12 and 24 hrs, respectively and antiplaque test was carried out including SEM observation and energy dispersive X-ray micro analysis. Furthermore, observation of saliva proteins on each resin surface and albumin adsorption probe was performed. Concerning the cavity wall adaptability test, cavities were prepared in two different manners: by Er: YAG laser and diamond burr mounted in a high-speed hand-piece. Then the preparations were filled with the corresponding material according to each manufacturer's recommendation and the cavity wall adaptability was analyzed. Results: One of the most important findings was that BF10 and BF02-resing exhibited almost no bacterial adhesion. The energy dispersive X-ray micro analysis revealed the presence of elements such as Al, Si, and Sr of the improved S-PRG filler. Also, only in BF10 and BF02-resins the film layer was observed on their surfaces soaked in albumin solution. The albumin adsorption was higher in BF10 and BF02-resins than control materials. Overall, the cavity wall adaptation was suitable for all materials, unless BF02-resin showed a creck when the cavity was prepared by Er: YAG laser. Conclusions: BF10 and BF02-resins presented appropriate characteristics and were useful for the treatment of caries; moreover they offered an anti-plaque property suggestion that the application of these materials is suitable as a minimal intervention approach.
著者
Tetsuro Kono Arata Watanabe Takeshi Kanno Yukari Ootani Ryo Tamamura Toshiro Sakae Hiroyuki Okada
出版者
THE SOCIETY FOR HARD TISSUE REGENERATIVE BIOLOGY
雑誌
Journal of Hard Tissue Biology (ISSN:13417649)
巻号頁・発行日
vol.28, no.2, pp.129-138, 2019 (Released:2019-04-24)
参考文献数
44

To elucidate the crystallo-chemical reaction between the enamel and carbonated soft drink, a micro-X-ray diffraction analysis (micro-XRD) was conducted using the human tooth sections soaked in the drink (Sprite®) for 1 and 7 days. In this study, 4 typically and heavily dissolved teeth were selected from 20 teeth, and the divergence of the crystallographic properties of the enamel was analyzed.All of the untreated human tooth enamels exhibited only the apatitic XRD patterns. We confirmed that the carbonated soft drink changed the macro- and microscopic morphological features of individual tooth enamel. The following 4 results were obtained from our study: i) the unit cell dimensions and crystallinity of the untreated enamel apatite varied between the layers and the individual teeth; ii) after the soaking experiment, the crystallographic properties of the enamels changed remarkably and displayed non-uniformity; iii) no relationship was discerned between the enamel’s crystallographic properties and the sensitivity of the carious attack; and iv) the intermediate reaction product of soaking was uncovered; however, it was not identified at this time. The presence or absence of occurrence and variations in the amount of intermediate product reflected the complex chemical and crystallo-chemical reactions between the decalcification solution and the human tooth enamel crystallites.We clearly established that the untreated human tooth enamels differed in their crystallographic properties and did not react in the same manner, which resulted in varied apatitic structures after soaking. These results necessitate reconsideration of the generally accepted caries protection methods that are applied as common standards for all individuals and tooth enamels.
著者
香川 昌平 野村 早苗 小林 邦夫 四宮 由美子 津村 洋子 伊勢 久代 松岡 瑛
出版者
一般社団法人 日本糖尿病学会
雑誌
糖尿病 (ISSN:0021437X)
巻号頁・発行日
vol.20, no.2, pp.135-145, 1977

ラット膵灌流法をもちい, 種々のイオン環算下でのglucose刺激によるインスリン分泌動態を検討し, インスリン分泌機構の解明を試みた.<BR>[実験成績]<BR>I.K+, Li+-free液, 6.2mMK+, Rb+, Li+液による灌流: Glucose-freeの場合, K+, Li+-free, 6.2mMLi+液は後期相のインスリン分泌を惹起するが, 6.2mMK+, Rb+液はインスリン分泌を誘起しなかった.10mM theophyllineを含むK+, Li+-free液は対照の3倍量のインスリンを分泌するが, 6.2mM Li+液はtheophyllineによる影響はうけなかった.Hill plotの解析から, K+, Li+-free液, 6.2mMK+, Rb+液のglucose刺激によるKm値は, それぞれ, 6.5, 8.9, 8.7mMであった.<BR>II. 24.8mM, K+, R+, Li+液による灌流: Glucose freeの場合, 24.8mMK+, Rb+液は一過性のインスリン分泌を惹起するが, 24.8mM Li+液はインスリン分泌を誘起しなかった.また, 12.4mM Li++6.2mMK+液の前灌流により, 24.8mMK+液のインスリン分泌は対照に比し低下した.<BR>III. 6.2mMK+液から6.2mM K+, Rb+, Li+液に変換した際のα-およびβ-D-glucose刺激によるインスリン分泌: 16.7mM濃度で, 6.2mM K+液では, 両anomer刺激によるインスリン分泌は同等であるが, 6.2mM Li+液では, βanomerに優位なインスリン分泌がみられ, 6.2mM Rb+液では, ともにインスリン分泌は抑制された.<BR>以上より, Li+はK+, Li+-free条件に比して, インスリン分泌を低下させるが, receptorの親和性を増大させ, βanomer刺激に優位なreceptor conformationへ変化させる可能性が示された.

1 1 1 1 OA 射御秘伝書

出版者
巻号頁・発行日
vol.[22],
著者
金田 正徳 竹内 義広 坂井 隆 並河 尚二 湯浅 浩 草川 實
出版者
社団法人 日本呼吸器学会
雑誌
日本胸部疾患学会雑誌 (ISSN:03011542)
巻号頁・発行日
vol.22, no.6, pp.468-473, 1984

Cases of primary lung cancer often have other pulmonary diseases involving the loss of pulmonary function. If a complicating disease is more pronounced in the noncancerous lung, unexpected postoperative respiratory insufficiency may appear. For this reason it is desirous to predict the postoperative lung function preoperatively. In this study the predicted postoperative vital capacity was calculated according to the following formulae from the spirometry data, bronchoscopy, bronchography and lung scintigram using <sup>81m</sup>Kr gas.<br>As for the summation of NNSS, two methods were employed. First was the evaluation of the number of obstructed sub-segmental bronchus by means of bronchoscopy or bronchography. The second method was summation from the count rate of the lung scanning. In younger patients both methods had equal accuracy. However in older patients the latter method had inevitable error, because the assumption for calculating NNSS did not hold in that patient group. We therfore accepted former method for the summation of NNSS.<br>As for the measurement of unilateral vital capacity (or VCc), <sup>81m</sup>Kr lung scintigram which visualizes the actual distribution of ventilation in the lung was useful in comparison with the cumbersome bronchospirometry.<br>To investigate the overall accuracy of our predicting formulae, 16 patients who were alive and cancer free 6 months after surgery were selected. However 5 had to excluded for the study because they had postoperative pulmonary complications which reliably are accompanied by loss of lung function. In the remaining 11 cases the predicted value was within&plusmn;10% deviation of the actually measured value. This accuracy was also acceptable for older patients whose respiratory function was impaired both in cancerous and non-cancerous lung. These formulae were considered to be useful in predicting postoperative lung function and very helpful in deciding surgical indications in cases of severely impaired pulmonary function. However careful management to avoid postoperative lung complications is necessary because the predicted postoperative vital capacity is a final result of the lung function when there are no another function-impairing factor.
著者
大塚 敏広 河崎 秀樹 鷹村 和人 吉田 金広 篠原 永光 久山 寿子
出版者
一般社団法人 日本消化器外科学会
雑誌
日本消化器外科学会雑誌 (ISSN:03869768)
巻号頁・発行日
vol.42, no.9, pp.1517-1522, 2009

症例は72歳の女性で,2007年11月CTで骨盤内腫瘤を指摘され,当院紹介された.腹部CTで骨盤内に5.0×8.0 cm大の造影される腫瘤を認めた.腫瘍の灌流静脈は上腸間膜静脈であった.回腸gastrointestinal stromal tumorの診断で開腹手術を施行した.回腸末端から約20 cm口側の回腸に腫瘍を認めた.腫瘍を含む回腸を切除した.切除標本では,腫瘍は大きさ9.0×7.0×6.0 cm大で,割面は白色から淡黄白色で一部に壊死や出血を認めた.病理組織学的検査では,腫瘍は主に回腸漿膜から壁外に増殖していた.硝子化した膠原線維バンドを伴い,粘液性間質の中に紡錘形細胞が不規則に増生していた.樹枝状に分岐する血管が認められ,血管周皮腫様構造も認められた.免疫組織化学染色検査ではvimentin,CD34,CD99,bcl-2が陽性で,<i>c-kit</i>は陰性でsolitary fibrous tumor(以下,SFT)と診断された.術後経過良好であった.まれな回腸原発のSFTの1例を経験したので報告する.