heiseigensijin

投稿一覧(最新100件)

こちらに詳しく解説されています。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jgeography1889/90/6/90_6_393/_... 新潟神戸歪集中帯の何単位なっていますが、古い地層が基盤いなっていてよく言われる地震で隆起したといえるのは北部の一部で、それも第四紀に入って六甲山地と共に淡路島脊梁部が いくつかの断層をともなって隆起したもののよう ...
球形度とは粒子の形状を表すのに長さ、幅深さの三次元の比で表現したものです。 火山岩の球形度からマグマが地上に出てきたときの温度、年度、それに火山の爆発の威力等が推測されます。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/pscjspe/2014S/0/2014S_277/_pdf
ここに細かく説明されているので読んでください。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jmsj1965/70/1B/70_1B_319/_arti... https://www.jstage.jst.go.jp/article/geosoc/111/11/111_11_701/_pdf
ここに細かく説明されているので読んでください。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jmsj1965/70/1B/70_1B_319/_arti... https://www.jstage.jst.go.jp/article/geosoc/111/11/111_11_701/_pdf
この辺を読んで見られたらどうですか。 https://www.pref.aichi.jp/uploaded/attachment/14311.pdf#search=%27%... https://www.pref.aichi.jp/uploaded/attachment/14306.pdf#search=%27%... https://www.jstage.jst.go.jp ...
火山噴出物の硫酸液滴と言うのは火山ガス中にふくまれる二酸化イオ ウが光化学反応によって、成層圏でエアロゾル粒子と言うものになったものです。 成層圏エアロゾル粒子は平均粒径が0.3μmですので目には見えませんが、イオウ成分の個体です。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jgeography1889/92/7/92_7_533/_...
海洋生物の殻は酸素・炭素同位体比ですから、陸上で起こる地球規模のある現象は火山活動の活発化による二酸化炭素による気温の上昇変化ですね。 http://www.dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_8767238_po_p652-660....
下のあたり読んでください。 http://ci.nii.ac.jp/els/110007092831.pdf?id=ART0009028047&type=pdf&lang=en&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1465899733&cp= http://www1.tecnet.or.jp/earth/5Research/5_0 ...
オホーツクプレートとは、地球の表面を覆うプレトをもう少し詳しく見ると、もっと小さいプレートに分けられるという場合に使われる名称です。 この場合オホーツクプレート東日本及びオホーツク海、カムチャツカ半島を覆うプレートということですので、北アメリカプレートとの関係は一般に使われるプレートの区分けで言えば、北アメリカプレートの西側に飛び出している場所にあたり、北アメリカプレートの一部ということ ...
有孔虫化石中に酸素同位体が含まれています。 「酸素の同位体は16から18までの3種類あります。 水蒸気中にある重い酸素同位体18は雨になって地表や海に降り注ぐ一方、軽い酸素同位体16は大気中に残りますが、氷期になって氷床が成長するときには、氷床に蓄積されていきます。そのため氷期の海水中の酸素同位体18の割合が増えるため、暖かい時期の間氷期に比べると酸素同位体18の割合が0.1%程度大 ...
キリマンジャロは大地溝帯に位置していて東リフト・バレーに存在するので、大地溝帯に上がって来るホットプリュームが枝分かれしたホットスポットの火山です。 中央海嶺、大地溝帯のようなものはホットスポットができるとプレートに放射状に3方向へ割れ目ができるのですが、そのようなホットスポットが多数あることによって割れ目同士がつながり、中央海嶺、大地溝帯のできる成因になるという考え方が現在の切ですので ...
トルコに位置を見るとアジア大陸から突き出すようにアナトリア半島にあります。 トルコ自体がアルプス造山運動で出来あがっていますが、東アナトリア地方の火山山脈があります。 大陸プレートの衝突時に南のの方は海底火山から出来あがってきていますので火山地質が多いですが、基本的にはアルプス造山帯が南トルコのトロス山脈まで続く新期造山帯で半島の中央部を東西に伸びています。 東西に伸びているのは ...