著者
丸山 暉彦 後藤 巌 阿部 長門 姫野 賢治 土屋 雷蔵 林 正則
出版者
長岡技術科学大学
雑誌
長岡技術科学大学研究報告 (ISSN:03885631)
巻号頁・発行日
vol.10, pp.119-127, 1988-08
被引用文献数
3

The development and practical application of the falling weight deflectometer (FWD) which is a nondestructive testing equipment to define the shape of deflection basin, are described. The estimation of the structural condition of the pavements in Nagaoka city, Niigata prefecture is performed. The procedure is based on multilayered elastic theory to backcalculate elastic moduli from FWD deflection data. The study has indicated that it is possible to evaluate structural defect without destroying the pavement.

言及状況

Twitter (2 users, 4 posts, 0 favorites)

こんな論文どうですか? FWDによる舗装の非破壊試験に関する研究(丸山 暉彦ほか),1988 http://t.co/Ljo3CAbpAj The development and prac…
こんな論文どうですか? FWDによる舗装の非破壊試験に関する研究(丸山 暉彦ほか),1988 http://t.co/VOF2u7Y7Zx
論文タイトルが日本語的な意味でよくわかりません… RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? FWDによる舗装の非破壊試験に関する研究(丸山 暉彦ほか),1988 http://t.co/OF37Xpo1
こんな論文どうですか? FWDによる舗装の非破壊試験に関する研究(丸山 暉彦ほか),1988 http://t.co/FJCRo3Sz

収集済み URL リスト