著者
樋口 雄三 小谷 泰則 樋口 博信 千 永昌 百瀬 真一郎
出版者
国際生命情報科学会
雑誌
Journal of International Society of Life Information Science (ISSN:13419226)
巻号頁・発行日
vol.18, no.1, pp.158-161, 2000-03-01

健康な6名の気功練功者を用い、多くの静功のなかで干式周天運気功を40分間行い、その前後における静脈血中のコルチゾール、アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミン、β-エンドルフィンなどの変動を測定した。静功直後及び40分後において血漿アドレナリンが有意に減少した。その他の項目は有意な変化を示さなかった。このことから交感神経活動水準が低下していることが考えられ、内分泌に何らかの影響を与えている可能性が示唆された。

言及状況

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

見えることはあります。 それらの見方、あと気をめぐらすためにボールの形にする等のことは矢山式気功の書籍にも詳しく紹介されています。 ただ見ようとするよりも、自然に気が巡る、みえてくる、感じられてくるまでは、動きや形を重視した方がよい、と今は感じております。 よくいう偏差がおきやすいからです。 矢山式は書としては参考になります。 あと仙道の高藤氏の書 ...

収集済み URL リスト