著者
岩川 眞由美 野田 秀平 鈴木 利弘 大川 治夫 金子 道夫 堀 哲夫 池袋 賢一 雨海 照祥 中村 博史 平井 みさ子
出版者
特定非営利活動法人 日本小児外科学会
雑誌
日小外会誌 (ISSN:0288609X)
巻号頁・発行日
vol.33, no.4, pp.765-769, 1997
参考文献数
25

幼小児の帯下は,非特異性外陰膣炎が原因であることが多いが膣内異物も忘れてはならない疾患である. 今回,異物による帯下を主訴としながらも,多数の医療機関にて診断がつかず1年半の病悩期間を有した5歳児を経験した. 異物は全麻下にペアン,布鉗子の湾曲を利用しつつ容易に摘出できた. 摘出された異物は,ビー玉3個,人形の靴1足,プラスチックのビーズ7個,菓子包装紙1枚であった. 摘出後は経過良好で帯下も消失した.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 1 favorites)

@uncWinter https://t.co/TVz6hFCjgY
@poteko__y 膣内に異物を入れる子はいるそうですよ。「診断までに1年半を要した膣内異物の5歳女児例」https://t.co/atV145651H
5歳女児の膣に、「ビー玉3個,人形の靴1足,プラスチックのビーズ7個,菓子包装紙1枚」が入るのか、単純に驚く http://t.co/fWxahz7

収集済み URL リスト