著者
清水 裕次 田森 佳秀
出版者
一般社団法人映像情報メディア学会
雑誌
映像情報メディア学会技術報告 (ISSN:13426893)
巻号頁・発行日
vol.26, no.30, pp.43-48, 2002-03-20

ヒトは探索物を発見した瞬間に「Aha!」と思う。この瞬間は、いわばひらめきの瞬間のことであるから、いつ起こるのか予測できない。同様な事は他のモダリティでも見られることから、「Aha!」の瞬間は、モダリティーに共通の認知現象であると考えられる。我々は「Aha!」の瞬間に起こる神経活動の変遷を調べるために多チャンネルMEG計測を行った。電流双極子の位置推定の結果、「Aha!」の瞬間に関連する局在した神経活動は、上前頭回と帯状回前頭下部に出現することが分かった。

言及状況

はてなブックマーク (4 users, 4 posts)

[神経科学(脳科学)]
[論文][CiNii][脳科学]

Twitter (2 users, 6 posts, 0 favorites)

こんな論文どうですか? 「Aha!」の瞬間に関連した脳磁場の計測(視聴覚技術および一般)(清水 裕次ほか),2002 https://t.co/X280G884Gs
こんな論文どうですか? 「Aha!」の瞬間に関連した脳磁場の計測(視聴覚技術および一般)(清水 裕次ほか),2002 https://t.co/X280G884Gs
こんな論文どうですか? 「Aha!」の瞬間に関連した脳磁場の計測(視聴覚技術および一般)(清水 裕次ほか),2002 https://t.co/X280G884Gs
こんな論文どうですか? 「Aha!」の瞬間に関連した脳磁場の計測(視聴覚技術および一般)(清水 裕次ほか),2002 http://id.CiNii.jp/PZGQL
こんな論文どうですか? 「Aha!」の瞬間に関連した脳磁場の計測(視聴覚技術および一般)(清水裕次ほか),2002 http://id.CiNii.jp/PZGQL

収集済み URL リスト