著者
本多 健二 佐藤 誠
出版者
一般社団法人映像情報メディア学会
雑誌
映像情報メディア学会技術報告 (ISSN:13426893)
巻号頁・発行日
vol.37, no.56, pp.5-8, 2013-12-02

画像処理における基本処理に,対象の境界検出がある.本稿では,境界検出手法の一つである零交差線による境界検出について検討する.画素(x,y)の濃度値f(x,y)に対して,勾配を∇f,ヘッセ行列をHとしたとき,幾何学的な対象の境界を表す零交差線としては,ラプラシアン法で用いられるtrH,また,Canny法で用いられる(∇f,H∇f)の零交差線の2つが考えられるが,本稿では特に(∇f,H∇f)について検討する.(∇f,H∇f)の零交差線は,幾何学的には,曲線f(x,y)の変曲点,すなわち,画像の極大点から湧き出し,極小点へと流れ込む流線の変曲点を求めることと等しい.通常,ディジタル画像処理において(∇f,H∇f)を処理する場合には,微分を差分に置き換えた局所オペレータを用いる方法が使われる.本稿では,(∇f,H∇f)の幾何学的意味に戻り,実際に極大点から極小点へと流れる流線を定義し,流線に沿って変曲点を解析することにより,濃淡画像の零交差線を検出する手法について検討する.そして,従来の差分による手法との間に結果の差異があるかを実験的に確認する.

言及状況

Twitter (2 users, 3 posts, 0 favorites)

こんな論文どうですか? 濃淡画像における零交差線検出アルゴリズムに関する一検討(画像・メディア処理技術,および一般)(本多 健二ほか),2013 https://t.co/BBYFZl9xHm
1 1 https://t.co/A36VSlHGMB https://t.co/cyEv6zrCvQ
こんな論文どうですか? 濃淡画像における零交差線検出アルゴリズムに関する一検討(画像・メディア処理技術,および一般)(本多 健二ほか),2013 https://t.co/AhWBYoTOyD

収集済み URL リスト