著者
St. Jacques Nicholas Tobin Samuel
出版者
日本RPG学研究会
雑誌
RPG学研究 = Japanese Journal of Analog Role-Playing Game Studies (ISSN:24349682)
巻号頁・発行日
no.1, pp.20-27, 2020-09-21

本稿では, テーブル・トーク・ロールプレイング・ゲーム(TRPG)におけるプレイヤーキャラクター(PC)の死を定義し, 様々なTRPGルールブックでPCの死がどのように扱われているかを調査することを考察する. また, PCの死をプレイヤーの行動力と結びつけ, ダウンタイムや, 自分のPCのコントロールが少ない, あるいはPCをコントロールできない他のプレイモードと結びつけている. PCの死が時間の中断, プレイの終了や開始, プレイヤーとPCのつながりの強化や切断によってゲームプレイにどのような影響を与えるかについても考察する. PCの死だけでなく, PCの人生とそれに関連するコントロール, エージェンシー(行為主体性), プレイについての理解を深めることが本稿の分析の目的である.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 6 posts, 9 favorites)

@Rigal0428 ロールプレイの論文なんてあるのかなって思ったらこんなものがありました https://t.co/26cP0o3Ki9
CiNii 論文 -  <理論論文>死のルール・死の支配 : 卓上ロールプレイングゲームにおけるPCの死に関する調査と分析(英語のみ) https://t.co/HMW4P3saqr #CiNii
CiNii 論文 -  <理論論文>死のルール・死の支配 : 卓上ロールプレイングゲームにおけるPCの死に関する調査と分析(英語のみ) めちゃくちゃ気になるけど全部英語 https://t.co/9y41CR0FQM

収集済み URL リスト