著者
杉山 正夫
出版者
JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY
雑誌
紙パ技協誌 (ISSN:0022815X)
巻号頁・発行日
vol.52, no.1, pp.88-93,018, 1998

従来, コート紙, 上質紙等の不良部分は人手をかけて選別しているが, 昨今平判の自動選別装置が開発されている。<BR>既製の装置については価格, 内容等で採用しにくい点もあり, 南千住製作所と共同でストリーク, スポットを主対象とする装置を開発した。主な特徴は,<BR>(1) 給紙部には, 紙折り機のノンストップ高速フィーダー採用。<BR>(2) 検出部は透過型1基 (スポット, 汚れ), 反射型2基 (ストリーク, シワ他-表・裏) の全幅CCDカメラ使用。<BR>(3) 検出ソフトは独自に開発, 集積度を高め検出力アップ。<BR>(4) 搬送部はSラップ方式, ベルトガイド採用。平坦面で検出可能。<BR>(5) オーバーラップ部には, スタートアンドトップ装置取付。<BR>稼動開始以降, 紙の安定走向と検出精度をアップさせ, 現在では64-157g/m<SUP>2</SUP>四六判が, 常用10.000枚/Hの高速で選別が可能となり問題なく稼動している。<BR>計画された数量を達成, 選別要員の削減効果もあげている。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 7 posts, 0 favorites)

こんな論文どうですか? 平判自動選別装置の開発経過と操業経験(杉山 正夫),1998 https://t.co/qEbJEoRk40 従来, コート紙, 上質紙等の不良部分は人手をかけて選別して…
こんな論文どうですか? 平判自動選別装置の開発経過と操業経験(杉山 正夫),1998 https://t.co/qEbJEoRk40 従来, コート紙, 上質紙等の不良部分は人手をかけて選別して…
こんな論文どうですか? 平判自動選別装置の開発経過と操業経験(杉山 正夫),1998 https://t.co/qEbJEoRk40 従来, コート紙, 上質紙等の不良部分は人手をかけて選別して…
こんな論文どうですか? 平判自動選別装置の開発経過と操業経験(杉山 正夫),1998 https://t.co/qEbJEoRk40 従来, コート紙, 上質紙等の不良部分は人手をかけて選別して…
こんな論文どうですか? 平判自動選別装置の開発経過と操業経験(杉山 正夫),1998 https://t.co/qEbJEoRk40 従来, コート紙, 上質紙等の不良部分は人手をかけて選別して…
1 1 https://t.co/cIy7pJ6Ey2
こんな論文どうですか? 平判自動選別装置の開発経過と操業経験(杉山 正夫),1998 https://t.co/qEbJEoRk40 従来, コート紙, 上質紙等の不良部分は人手をかけて選別して…

収集済み URL リスト