著者
岸 國平 古川 聡子 小林 享夫 白石 俊昌 酒井 宏 田中 一嘉
出版者
The Phytopathological Society of Japan
雑誌
日本植物病理学会報 (ISSN:00319473)
巻号頁・発行日
vol.64, no.1, pp.43-49, 1998

堀による命名以後,アナモルフの記載等に疑問を残したまま放置されてきたネギ黒渋病について研究し,以下のような事実を明らかにした。<br>(1)群馬県下仁田町で,多年にわたり自家採種と連作が繰り返されてきた同町特産の下仁田ネギに,本病が毎年激しく発生することが認められた。(2)本病の発生は下仁田町を含む関東北部,東北,北海道地域で多く認められ,関東南部および関東以西の地域ではまれにしか認められなかった。(3)培養菌叢片およびほ場病斑の成熟子のう胞子を用いて行った接種実験において,いずれも自然発病と同様に病徴を再現した。(4)観察されたすべての自然発病および人工接種病斑においてテレオモルフは形成されたが,アナモルフは全く認められなかった。(5)本病菌の培地上の生育適温は約20°C,子のうの成熟適温は20∼25°C,子のう胞子の発芽管伸長の適温は20∼25°Cであり,生育とpHの関係はpH 4∼9で生育し,6∼9で最も良かった。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 4 posts, 0 favorites)

こんな論文どうですか? ネギ黒渋病に関する研究  I. 本病の発生状況と病原菌の生理:I. 本病の発生状況と病原菌の生理(岸 國平ほか),1998 https://t.co/ClR4DhtubZ
こんな論文どうですか? ネギ黒渋病に関する研究  I. 本病の発生状況と病原菌の生理:I. 本病の発生状況と病原菌の生理(岸 國平ほか),1998 https://t.co/ClR4DhtubZ
1 1 https://t.co/P2xZzgT9M2
こんな論文どうですか? ネギ黒渋病に関する研究  I. 本病の発生状況と病原菌の生理:I. 本病の発生状況と病原菌の生理(岸 國平ほか),1998 https://t.co/ClR4DhtubZ

収集済み URL リスト