著者
香村 翼 伊藤 孝紀
出版者
日本デザイン学会
雑誌
日本デザイン学会研究発表大会概要集
巻号頁・発行日
vol.57, pp.H01-H01, 2010

国内における傘の年間消費量は1億3,000万本でその内9割がビニル傘である。環境問題としての傘の大量消費を見直そうと、レンタル傘の取り組みが行われるようになった。本研究では、住民の意識を把握することで、都市部におけるレンタル傘のシステムを構築するための知見を得ることを目的としている。本研究ではレンタル傘の貸出システムやレンタル傘の利用実態に関する市民の意識を調査した。調査した市民の意識から得られた知見は、レンタル傘の設置場所や貸出システムを決定する際の指針とすることが可能である。今後の展望として、本研究から導かれる知見と、都市部における実際のレンタル傘の動き方や利用者の属性等のデータを合わせ、レンタル傘が都市において円滑に循環するシステムの構築を目指す。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 3 posts, 1 favorites)

こんな論文どうですか? 都市部におけるレンタル傘のシステム構築に関する研究:名古屋市中心市街地を対象とした市民意識の把握(香村 翼ほか),2010 https://t.co/XxBltMJ6va
こんな論文どうですか? 都市部におけるレンタル傘のシステム構築に関する研究:名古屋市中心市街地を対象とした市民意識の把握(香村 翼ほか),2010 https://t.co/3fjocsLAR1

収集済み URL リスト