著者
徳永康元 [ほか] 編訳
出版者
白水社
巻号頁・発行日
1971

言及状況

Twitter (5 users, 7 posts, 12 favorites)

ムロージェクやゴンブローヴィチって変で面白いって最初に思ったのはこの本かな。たしか文京区の図書館で借りて読んだのだ。>『現代東欧幻想小説』徳永康元他編訳(白水社, 1971) https://t.co/abWZqTsoR2
『現代東欧幻想小説』(白水社 1971年刊)抽斗のなか、旅の道すがら、蠅の独白、原子村の婚礼、小さな友/スワヴォーミル・ムロージェック著 吉上昭三訳  イワシュキェヴィチ、ゴンブロヴィチ、フィツォフスキ、その他の収録作品はこちら> http://t.co/xTe3UtQRf8

収集済み URL リスト