著者
五雲亭貞秀,貞秀
出版者
藤慶
雑誌
三都涼之図

京都の祇園祭の夜景を描いた「皇都祇園祭禮四條河原之涼」の図は、貞秀の傑作のひとつと言われている。無数の灯りの下、鴨の河原に涼み床を並べ、様々な人々が茶屋や見世物で夏の宵を遊び楽しんでいる。四条大橋の上では祇園の社から御旅所に向かう神輿と、群衆がひしめく。手前には「三條ノ小鍛冶作長刀」と由緒標記を画中に付した疫病邪鬼をはらう長刀鉾や、新月の鉾頭の月鉾が聳えている。背景には比叡山や、大文字の如意ヶ岳をはじめとする東山の連峰が描かれ、南は五条、北は遙か大原の里までパノラマのごとく眼下に広がる。寺院や地名も記されており、都の名所ガイドも兼ねる華やかで賑やかな錦絵である。早期の摺りで、構図、色調ともに優れ、赤い提灯と川面の青、緑の山膚が映え合って美しい。各図の下方に「五雲亭貞秀画」の落款と、「小泉彫兼」あるいは「彫兼」の彫師銘がある。「藤慶」は版元藤岡屋慶次郎の商標印、「未弐改」は安政六年己未歳三月の改印(検印)である。
著者
橋本貞秀 図
出版者
青山清吉
巻号頁・発行日
vol.初輯, 1853