言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 11 posts, 4 favorites)

( ˘ω˘)スヤァ兜に注目しました 「武田三代軍記」 https://t.co/M0gYoauVMm 土屋が鍪(かぶと)の天邊にも、鉄炮5つ迄、中ると雖も、敢て裏かかず。其後、猶ほ敵中に進んで、竟に三十一歳にて討死す。 https://t.co/UtHyg3LECD
「武田三代軍記」 https://t.co/lTLxym25rV 穴山左衛門大夫信行は、此頃、癩病に悩みて、身体苦痛し、合期せざりければ、先月九日の合戦にも、甲館の留守に残り給ひたるが、甲斐々々しくも、鎧取つて着、馬に打乗り、士卒を引連れ、大将の前に来り給ひ、此度に於ては、是非とも、
「甲陽軍鑑」 https://t.co/BPnivFQdoB 山県三郎兵衛くらの前輪のはづれを鉄砲にて後へ打ぬかれ則ち討死あるを山県被官志村頸をあげて甲州へ帰る、 「武田三代軍記」 https://t.co/RJOar2RowY 志村又右衛門追懸け、其敵を突伏せ、山県が印を取返す。 ※違う志村さんか……
「武田三代軍記」 https://t.co/NH9CVeRYfQ 六月二日の拂暁に、其勢八千余人を率し、例の五人の者を、先駆に進ませ、大江山に差懸り、京都をさして駆けたりけり。信長、其日は本能寺に寄宿し給ひける事を、兼ねて知りければ、直に進んで、彼の寺を、ひたひたと追取巻き、
「武田三代軍記」 https://t.co/5fcJlaTjRC 駿河先方の士、下方彦作、勝頼へ向って申しけるは、先主今川氏真は、信玄の御旗先を見て、山家の奥に逃入らるる。夫さへ武田家にては大に嘲りたりと申す。今勝頼公は、信長の旗先、少しも見えざるに、郡内をさして落ち給ふ。今川氏真の敗軍には十層倍、 https://t.co/7M8Qgk01xB
「甲陽軍鑑」 https://t.co/MaEQ62P9DU 「武田三代軍記」 https://t.co/lTLxym25rV 「甲陽軍鑑」訳本を見ていて気がついた 穴山伊豆守(信友)(武田三代軍記では穴山左衛門大夫信行)を信玄の叔父(甲陽軍鑑では母方の伯父)としている 軍鑑だから誤記だと思うけど、穴山信友の父親は系図によっては異なる
メモ 竺英甫寅? 「乾徳山恵林寺雑本」 https://t.co/AbrHNGjGK1 起龕に能成寺竺英の名前が有りますが、 「甲陽軍鑑」 https://t.co/2hyUOUomHa 「天正玄公佛事法語 」 https://t.co/Dl2GARtbsT 起龕は説三和尚です「武田氏家臣団人名辞典」も同じです
「戦国遺文武田氏編1巻」p97〇230 天正16年8月11日、荻原弥右衛門が笠原新三郎を討ち取った事を信玄公が褒めています。 「武田三代軍記」 https://t.co/befGZv2Oek こちらにも同じ感状が載っていて、城主笠原新三郎をば、荻原弥右衛門討取りければ、という記述があります。

収集済み URL リスト