言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

私の理解では、一般に言われている意味内容の南京事件は、その実在が極めて疑わしい。 ただし人数は確定できませんが捕虜ないし便衣兵(敗残兵)の殺害があったことは事実と思われますし、巻き添え等で市民にも犠牲があった可能性はあると考えます。 1938年1月4日 ニューヨーク・タイムズ 「…アメリカ人教授たちは、逃亡中の大佐一味とその部下の将校を匿っていたことを発見し、心底から当惑した。…この ...

Twitter (31 users, 64 posts, 21 favorites)

https://t.co/paY4yqNZM0
https://t.co/ufH6Uect8R https://t.co/OjDO6JMg8b
@hkana509 @daitouakanko @nishi_ikutarou では、こちらの書籍が参考になるかと思います。占領後の南京市に関しての福祉や公共事業関係の情報が得られます。特に公衆衛生に力を入れていたことも確認できますよ。 https://t.co/ufH6Uect8R https://t.co/VpAGukHxsH
@penguin3001 @rondadoreronda @fedoronsen @Priest7774 @subutanon @beruhaneko5 @FAL_Ishibashi @inocche2222 @rondan_net @aikoku15 @55AQMGdLLnU3SNa 人口はこれ。 南京市政概況 https://t.co/OVeZ248zBl 陥落後の市民の職業と、性別年齢階級別人口はこっち。(画像1、2) War Damage in the Nanking area Dec. 1937 to Mar. 1938 https://t.co/CGMFbSphzH https://t.co/yQQhkGN0YG
@kamehameho23 @subutanon @penguin3001 まあ、攻略後の南京がどういう状況だったのかも調べてみたらどうですか。 翌年から人口が増え続け、3月には休校になっていた小学校が再開、中学や女子教育の要望を受けて新設の女子校作ったり、6週間もかけて南京市民の虐殺があった都市とは思えないですけどね。https://t.co/ufH6Uect8R https://t.co/UO38jAK74M
@aisurutowa @ZF_phantom @hororon7 @qqolea @Michael65721791 @tokugona44 @takej9S9YPrCit8 @Pooh_advanced @GRiCcHu07KtIFEW @pixy11616316 @Lucifer_lol @USK_Sato @noharra @tomoe_0ct3 @mainitiyudoufu @yukon453 @syouyusenshi @MD9NEQJGz1dowuM @kakitubata14 @vsO64Pt66wpS8tU @Bo_San_2D @lily95595 @karisome6 @bkwankzyru @MituzoJ @dostajebilo0304 @tim123456789021 @KKnanking @DSTpnWVytBDmK1a @tonkohroh @jupiterthunder_ @kurokisi5121 @xtxeNnqF @nato630 @yuuugiiii @eunos_mx005 @palcalady @sfc_Taieki1968 @wcFYt58wdvkUWWt @subutanon @SolitudeEp @madogarasu @ekesete1 @gintatakamatu @UKakao @naoyan1973jp @edotomin @Hiro126126 @fab4wings @momongamomotan 戦前の書物、南京攻略後の者も結構多くあります。併せて読まれるといいんじゃないでしょうか。https://t.co/ufH6Uect8R
@etRDTPfUMqe1Vyy その程度の話は私も知っている。中国共産党のいう30万は嘘だと言ってるだけだ。もうひとつ人口統計の情報を差し上げよう。きちんと調べていたようだ。 民国26年(1937年)3月末首都警察官調査。男女合計 1,019,667名。内、男 608,198名、女 411,469名。 南京市政概況 https://t.co/OVeZ248zBl https://t.co/tXAmzU7gWO
@subutanon 『南京市政概況』(南京特務機関、昭和17年) https://t.co/88XFkVY7GI
もうひとつ発見。南京戦後の「社会事業」として「紅卍字会」は出てくるが、「崇善堂」は出てこない。そもそも、南京特務機関長 大西一大尉も「そんな組織知らない」と言ってる。 南京市政概況 南京特務機関 https://t.co/d4gzb1Hu6t https://t.co/qmgvuSi663
南京特務機関の地図で凡例を見つけた。「土堤」の記号の再確認。やはり草鞋峡の付近ってろくな道路がないんだな。 南京市政概況 南京特務機関 https://t.co/9MLp1u18oI https://t.co/BwL1OYh67r
こっちに 1940年の地図があった。1945の地図で消えていた道路(小道?)もちゃんとある。 南京市政概況 https://t.co/R9SpRxXAen https://t.co/Bln2DYl94u
http://t.co/9ltfiFNBpq http://t.co/iNcpc5vbr0 http://t.co/dzXJp2XhOg 3つ目がかの有名な「南京の人口は増えている」からの殴り合いを発生させた問題の記述か
@nuhoihoi (リンクを間違えました) もし南京戦の頃の人口をお求めでしたら、ご参考にどうぞ。 http://t.co/9bQniBO3hy http://t.co/U9W6bmsoiK http://t.co/REfBZvCvCx
@kokusuibaka @hotaru2008 @kilia33 事変前後に於ける南京人口の増減 昭和17年調製「南京市政概況」 http://t.co/WGfc8tnPus
@JPN_2674 @kokusuibaka 事変前後に於ける南京人口の増減数 「南京市政概況」 14ページ http://t.co/WGfc8tnPus
@Katuramoto82 @kitutuki0309 ご自身でお調べになったのですね。頭が下がります。 南京戦より以前の人口が100万人というのは前提です。 ネットでも見れる資料に「南京市政概況」があります。 http://t.co/LqBV4tMaOR
@Nanaos9 @reiyamatsuda @AmonDaisuke 日本側の資料として「南京市政概況」にも興味深い記述がありますね。ページの最後「南京自治委員会の結成」から、次のページにかけての数行に目を通してみてください。 http://t.co/I6MgY3w9IE
“@KUIDAORE2014: @sonyfate @fjhiro3 @akisumitomo 日本側は、2月頃まで20万人と推定していた可能性がありますね。 http://t.co/YTytbYBYOM” 虐殺なのか、犠牲者なのか、そこをハッキリさせないと、延々と続く人口論
@sonyfate @fjhiro3 @akisumitomo 日本側は、2月頃まで20万人と推定していた可能性がありますね。 http://t.co/LqBV4tMaOR
@lefthorse @DJ_BeatMover 私は後半部分については存じておりませんが、「治安を乱す住民」について、同じく南京市政概況22ページ。 http://t.co/G8fKmLt9X4
@lefthorse @DJ_BeatMover 南京の人口どうぞ。「南京市政概況」14ページ http://t.co/tTNlRPemQ3
@Izumo_DDH183 陥落時の人口については先ほどのページ。 陥落前後の南京の人口推移については「南京市政概況」の14ページが参考になると思いますのでお知らせしておきます。 http://t.co/AWquUHDDpM

収集済み URL リスト