6 0 0 0 OA 司法資料

出版者
司法省秘書課
巻号頁・発行日
vol.第288号 (契約と戦争に基く事情変更), 1944

言及状況

Twitter (6 users, 11 posts, 4 favorites)

@Sankei_news 司法省はとっくの40年にアメリカの裁判制度の査察研究を始めて、43年には論文も出ていた。大日本帝国軍の兵卒らは44年になってもまだ内閣情報部の言論統制と法曹会の思想検事、国民精神作興詔書に騙されて死んでい… https://t.co/gtajol1VeU
@choshi_ekiin この資料が示すのは、降伏より2年前の1943年ごろ、日本人裁判官が「北米合衆国」(米国)に派遣されていたということ。既に、敗戦後の準備を初めていたとも。 https://t.co/rhZcw3mT2F… https://t.co/tBpGcBucVr
真珠湾 通告遅れは意図的か 対米開戦に新説 九大 裁判官は大戦中1943年に米国裁判所を査察した(第285号 https://t.co/rhZcw3EtUd)。米国は名目上の敵国だった。外務省は2年早く降伏通告することをせず、司… https://t.co/wtZ1FEUxH2
The report of MOJ shows Japanese judge Naito visited US govt to study its judicial system, 2 years bfr WWII resolve… https://t.co/cGpotGU78E
2 2 https://t.co/TprMwQUHjT https://t.co/2AgG7aULIt
1 1 https://t.co/Kozchnquad https://t.co/rVBkPkedA2
@NHK_PR そして第285号の裁判官と書記官は!?もうお亡くなりでしょうか。 https://t.co/rhZcw3EtUd #ミステリー https://t.co/soCuypCkLp
第285号のタイトルに注目。北米合衆国とはアメリカ。第二次世界大戦中の1943年ごろ日本人の裁判官と書記官が米国家庭裁判所を視察したことが伺える。なお戦後政府は、同号を別の内容に差替えた。… https://t.co/q7a0Gi1qtv

収集済み URL リスト