このシリーズは、歌川広重(初代1797-1858)が、江戸日本橋から京三条大橋にいたる「東海道五拾三次」の各宿駅に当てて描いた名所・風景・風俗絵の大錦横判55枚揃いから成る。これ以前にも「東海道五十三次」は描かれたが、大判横という大きさで全55枚完結したのは、このシリーズが最初である。作品群としても最も優れ、「保永堂版」と呼ばれ有名である。着手は落款から天保4年頃とみられ、完成は序文の年記により天保5年と考えられてきたが、55枚を2冊の画帖に仕立てた下冊の奥付広告の末に、主たる版元保永堂が本宅とは別に売場を記し、その売場新設の時期は他資料から天保7年正月と考えられることから天保6年末頃と推定できる。従来説より2年ほど遅いこの説を提示したのが、岩波書店刊『保永堂版 広重東海道五拾三次』(2004年刊)である。全55枚は、寛政9年刊『東海道名所図会』ほかの資料を多用するが、構図や譜彩に画才をあらわし、続絵としての全体の枠組みや変化も考えぬかれ、見る人を「道中ゆきかいぶり」に加わって東海道を旅する心地に誘う。当時、浮世絵にも使用可能となった「ベロ」と呼ぶ西洋の「青」を多用し、必ずしも名所に拘泥せず、風景画としての質を高めたと思われる。(木村八重子)

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

東海道五拾三次 - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/X9GVXIqqMN
東海道五拾三次 - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/7eGJ2PenTi

収集済み URL リスト