言及状況

Twitter (78 users, 114 posts, 45 favorites)

#成都事件 をルポしたのは大阪毎日新聞社(大毎)上海支局長・田知花信量。  (ここに収録されている https://t.co/DJmivDhR05 )  田知花氏による他の記事 1939年10月「事変処理と支那中央政権」https://t.co/8GKBKyIflp
@SAKURASAYAMIO 『南京政権は満洲、上海両事変をもって、この政策を具体化のチャンスとした』『南京政権の支那統一に利用価値は充分である。蒋介石はこの情勢によって排日政策の強化に自信を得たのである』1936年時点での評です。https://t.co/DJmivDhR05
『その死骸の惨忍な様相は、実に言語に絶することで、顔面は殆ど殴打されてそのあとかたを残さず』 『その両眼は血にまみれて、天の一角を睥睨していたところを見ても、いかに同君が怨を飲んで死んだかが想像され』  http://t.co/BS9iv0bNmD #成都事件
@ponkohaha000 @kokuten917   http://t.co/BS9iv0bNmD JPEG表示からファイルに取り込んで、これも小さ過ぎて読みにくいですか。 新聞記事やタイプ打ち文書でテキスト版が無いと難儀・・ http://t.co/B6cqjunLTU
@hinatanococo 支那怖るべし : 急迫化する日支関係!成都・北海事件の真相 斎藤二郎 著 http://t.co/730rDvAV9l 「排日テロ」とありますが、当時の中国大陸は凶暴な山賊盗賊が闊歩する国だった、ということ。そこらの基本から日本人は知らされてない。私含
@ponkohaha000 有難うございます。 原本はこれです。事件直後に現地に入った報道関係者に拠るルポ。 http://t.co/BS9iv0bNmD  他に海外の報道は画像を。 http://t.co/cEokieRAtr
『成都事件』の詳細な記録 #成都事件  http://t.co/BS9iv0bNmD  「惨殺犯人は両君の無数の打撲傷から言っても民衆1万がことごとく真犯人であり、もっとつきこんで言えば、この背後で糸を操る国民党部、ひいては国民政府が真犯人であるといわざるを得ない。」
@adamcathcart Other attack incidents against Jpns residents in China. published in 1936 http://t.co/BS9iv0bNmD http://t.co/TGreivqzuE
『支那恐るべし』へのリンク→ http://t.co/BS9iv0bNmD  成都事件『殊に渡邊君の死体は最も凄惨を極め、その両眼は血にまみれて天の一角を睥睨していたところを見ても、異郷万里の地に孤立奮闘のすえ、いかに同君が怨を飲んで死んだかが想像され思わず悲憤の涙にくれざるを
"@hinatanococo: @kisaragi3460 @minepiyo_  『満州事変が起こるや彼は「日本の暴虐、日本の恐るべきこと」を宣伝した』『南京政権は満洲、上海両事変をもって、この政策を具体化のチャンスとした』http://t.co/ZPdkcqwJux"
@kisaragi3460 @minepiyo_  『満州事変が起こるや彼は「日本の暴虐、日本の恐るべきこと」を宣伝した』『南京政権(蒋介石政権)は満洲、上海両事変をもって、この政策を具体化のチャンスとした』http://t.co/BS9iv0bNmD
@tolucky7797 @usagisa91749499 「満州事変が起こるや彼(蒋介石)は『日本の暴虐、日本の恐るべきこと』を宣伝した」と1936年刊のこの本 http://t.co/HKLcsLB0Cl に書かれています。支那事変前、南京攻略の前年です。
@kohyu1952 「満州事変が起こるや蒋介石は『日本の暴虐、日本の恐るべきこと』を宣伝した」と書かれてある本を見つけました。1936年時点で書かれているのに南京プロパガンダ工作を阻止できなかった 『支那恐るべし』斎藤二郎・著 http://t.co/HKLcsLB0Cl

Wikipedia (2 pages, 2 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト

http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1437034 (78)

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1437034 (2)

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1437034/11 (1)

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1437034/6 (1)