3 2 0 0 OA 救民妙薬

著者
穂積甫庵
出版者
茨城多左衛門
巻号頁・発行日
1693

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 6 posts, 5 favorites)

穂積甫庵『救民妙薬』(元禄6年/西暦1693年) https://t.co/Hcch8Z5NJa(国立国会図書館デジタルコレクション) 水戸藩の侍医、穂積甫庵宗與は、時を告げたり飼い主の家を守ったりして人間の役に立つ動物である鶏や… https://t.co/MVfZHdXZxB
穂積甫庵『救民妙薬』(元禄6年/西暦1693年) https://t.co/3WRj2vextt(国立国会図書館デジタルコレクション) 薬用だが、“[十七]鼠咬”への処方としての、“黒猫の肉を味噌汁にて煮もちひよし”というのは、同… https://t.co/D2USC190mQ
穂積甫庵『救民妙薬』(元禄6年/西暦1693年) https://t.co/4Cbj7I0HUf (国立国会図書館デジタルコレクション) “[六十]胸虫薬 (略) [又]童子の大便ほし。粉にして丸じ生姜汁にて用よし” https://t.co/X0uCWboITo

収集済み URL リスト