2 0 0 0 OA 高島易断

著者
高島呑象 著
出版者
高島嘉右衛門
巻号頁・発行日
vol.巻第4, 1886

言及状況

Twitter (2 users, 31 posts, 0 favorites)

---◇ https://t.co/lAPNkpT8GG 典拠 高島易断 上経四 高島嘉右衛門 著 「国会図書館蔵、高島易断 賁六五。 コマ番 34 」 「勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」 『□占 衣食住ニ於テ。皆ナ節倹(ケンヤク)(セツケン)ヲ施スベキノ時
主卦「風地観 五」(||::::)  変卦「山地剥  」(|:::::)  「我が生を観る。君子なれば咎なし。 」  「象に曰く、我が生を観るとは、民を観るなり。」  https://t.co/lAPNkpT8GG  典拠 高島易断 上経四 高島嘉右衛門 著
https://t.co/lAPNkpT8GG 典拠 高島易断 上経四 高島嘉右衛門 著 「国会図書館蔵、高島易断 観五 19」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『□占 人ニ對シテ信ナレバ。人我ヲ信ズ。人ノ信ゼザルハ。我ノ
それと「又賁ハ飾ルナリ。」内情にかかってませんからね、その志 が外にあって真に内情都政に無いのが ・・・・ 何より  ◇  https://t.co/lAPNkpT8GG  典拠 高島易断 上経四 高島嘉右衛門 著   「国会図書館蔵、高島易断 賁 30 」
※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/lAPNkpT8GG 典拠 高島易断 上経四 高島嘉右衛門 著 「国会図書館蔵、高島易断 復 六三  59-」 ※「勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」
---◇ https://t.co/lAPNkpT8GG 典拠 高島易断 上経四 高島嘉右衛門 著 「国会図書館蔵、高島易断 賁六五。 コマ番 34 」 「勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」 『□占 衣食住ニ於テ。皆ナ節倹(ケンヤク)(セツケン)ヲ施スベキノ時
https://t.co/lAPNkpT8GG 典拠 高島易断 巻第四  「国会図書館蔵、高島易断 復上六  コマ番60」 「勝手意訳勝手解釈につき、原文確認と文章利用の際は一報を」 --- 略 --- 『□占 道徳ノ何物タルヲ知ラズ。賢者ノ諌ヲ用ヒズ。神明ノ威霊ヲ
※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/lAPNkpT8GG 典拠 高島易断 上経四 高島嘉右衛門 著 「国会図書館蔵、高島易断 賁 九三  33-34 」 「勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」
https://t.co/lAPNkpT8GG 典拠 高島易断 上経四 高島嘉右衛門 著 「国会図書館蔵、高島易断 復象曰  57-58」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『象曰
◇ 占例にある橋下氏が今市井一般人に復したことと、 https://t.co/lAPNkpT8GG 典拠 高島易断 上経四 高島嘉右衛門 著 「国会図書館蔵、高島易断 復象曰  57-58」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」
終に大敗あり、その国君に以(およ)ぶ、凶なり。十年に至るまで  征する克わず。 」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/lAPNkpBxP8 典拠 高島易断 巻第四  「国会図書館蔵、高島易断 復上六  コマ番60」
---◇ https://t.co/lAPNkpT8GG 典拠 高島易断 上経四 高島嘉右衛門 著 「国会図書館蔵、高島易断 賁六五。 コマ番 34 」 「勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」 『□占 衣食住ニ於テ。皆ナ節倹(ケンヤク)(セツケン)ヲ施スベキノ時
先の天下り問題のテーマにて詳説してありますが、  そもそもこの「復 上」は  ◇ http://t.co/lAPNkpT8GG 典拠 高島易断 巻第四  「国会図書館蔵、高島易断 復上六  コマ番60」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 ---略---
※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) http://t.co/lAPNkpT8GG 典拠 高島易断 上経四 高島嘉右衛門 著 「国会図書館蔵、高島易断 復 六三  59-」 ※「勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」
http://t.co/lAPNkpT8GG 典拠 高島易断 上経四 高島嘉右衛門 著 「国会図書館蔵、高島易断 復 六三  59-」 ※「勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」 『「占」此の爻を得(う)るときは。我が運勢の傾きたるを知らずして。
これはおそらく今回の「天下り」を指していたのでは無いでしょうか。 既に問筮中始末に投稿してある通り、この爻は「噬ロ盍 上」と並んで 罪深い爻なんですね。 http://t.co/lAPNkpT8GG 典拠 高島易断 巻第四  「国会図書館蔵、高島易断 復上六  コマ番60」
「頻(しき)りに復(かえ)る。厲(あや)うけれども咎なし。 」 「象に曰く、頻りに復るの厲うきは、義として咎なきなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) http://t.co/lAPNkpT8GG 典拠 高島易断 上経四 高島嘉右衛門 著
「賁如たり濡如たり。永貞なれば吉なり。」 「象に曰く、永貞の吉は、終にこれを陵ぐものなきなり。」 http://t.co/lAPNkqsldk 典拠 高島易断 上経四 高島嘉右衛門 著 「国会図書館蔵、高島易断 賁 九三  33-34 」
///// 引用ここまで ///// ※(典拠は「岩波文庫易経」より以降引用は同左)  ◇ 呑象嘉右衛門さんはどう述べているかといいますと、 http://t.co/thtkMyFRhJ 典拠 高島易断 巻第四  「国会図書館蔵、高島易断 復上六  コマ番60」
『地雷復 上』『目先菩薩は鬼と同じ。』  ---略---  ---◇  http://t.co/PAdhXXZbgn  典拠 高島易断 巻第四   「国会図書館蔵、高島易断 復上六  コマ番60」  (合略仮名、当用漢字に無キは修正の後引用)
http://t.co/PAdhXXZbgn 典拠 高島易断 上経四 高島嘉右衛門 著 「国会図書館蔵、高島易断 賁 象曰  32 」 (合略仮名、当用漢字に無キは修正) 『象曰 山下有火賁 君子以明庶政。 无敢折獄 ---略---(後の方に引用してあります。)』
※(典拠は「岩波文庫易経」ヨリ、以降引用は同左) ---◇「易卦解読本題」 「山火賁 上」 主卦「山火賁 」(|::|:|) 変卦「地火明夷」(:::|:|)  http://t.co/PAdhXXZbgn 典拠 高島易断 上経四 高島嘉右衛門 著
会社側で囲うなら、会社の政策として手を打たないといけないと 云うことですね。 ---◇ http://t.co/PAdhXXZbgn 「嘉衛門テキスト定型文略」 「国会図書館蔵、高島易断 賁六五。 コマ番 34 」 『□占 衣食住ニ於テ。皆ナ節倹
其年長ナルヲ掩ハントスルノ象アリ』 ---◇ http://t.co/PAdhXXZbgn 典拠 高島易断 上経四 高島嘉右衛門 著 「国会図書館蔵、高島易断 賁六五。 コマ番 34 」 (合略仮名、当用漢字に無キは修正) ---略---
---◇ http://t.co/PAdhXXZbgn 典拠 高島易断 上経四 高島嘉右衛門 著 「国会図書館蔵、高島易断 賁 30 」 (合略仮名、当用漢字に無キは修正) ---略--- ---◇ ※上記典拠ヨリ、 「国会図書館蔵、高島易断 賁 象曰 
---◇ http://t.co/PAdhXXZbgn 典拠 高島易断 巻第四  「国会図書館蔵、高島易断 復上六  コマ番60」 (合略仮名、当用漢字に無キは修正の後引用) ---略--- 『□占 道徳ノ何物タルヲ知ラズ。賢者ノ諌ヲ用ヒズ。神明ノ威霊ヲ
---◇「易卦解読本題」 http://t.co/PAdhXXZbgn 典拠 高島易断 上経四 高島嘉右衛門 著 「国会図書館蔵、高島易断 復  56 -57」 (合略仮名、当用漢字に無キは修正) ---略--- ※上記典拠、 「国会図書館蔵、高島易断 復象曰
---◇「易卦解読本題」 主卦「三火賁 三」(|::|:|) 変卦「山雷頤  」(|::::|) http://t.co/PAdhXXZbgn 典拠 高島易断 上経四 高島嘉右衛門 著 「国会図書館蔵、高島易断 賁 30 」 (合略仮名、当用漢字に無キは修正)
---◇「易卦解読本題」 「地雷復 四」 主卦「地雷復 」(:::::|) 変卦「震為雷 」(::|::|) http://t.co/PAdhXXZbgn 典拠 高島易断 上経四 高島嘉右衛門 著 「国会図書館蔵、高島易断  復 六四 59 」
また「誣」は「誣告罪」と云う言葉があるように偽り系の言葉を 意味し、 http://t.co/PAdhXXZbgn 典拠 高島易断 上経四 高島嘉右衛門 著 「国会図書館蔵、高島易断 復象曰  57-58」 (合略仮名、当用漢字に無キは修正)

収集済み URL リスト