2 1 1 0 OA 高島易断

著者
高島嘉右衛門 著
出版者
高島嘉右衛門
巻号頁・発行日
vol.仁之巻, 1906

言及状況

Twitter (2 users, 310 posts, 3 favorites)

失わざるなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「133」 「天水訟 四」某番頭さんの独立の可否を占す。 「勝手意訳につき、原文の確認と文章利用の際は一報を」
◇ https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番121 - 」 「需 上六 」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『「占例」明治二十二年十二月、友人神長兵衛の妻、胃癌に罹りて
◇ https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 の章 コマ番128- 」 「訟 初六」 ※「勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」 『 初六。不永所事。小有言。終吉。 象伝曰。不永所事。訟不可長也。雖小有言。其辯明也。
「象に曰く、事とする所を永くせずとは、訟は長くすべからざるなり。  小しく言ありといえども、その弁明らかなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) ◇ https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 の章 コマ番129- 」
https://t.co/HdEc1CkJ84 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「107-」 「山水蒙 上九」占例 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『「占例」某氏来たりて、朋友間の葛藤を仲裁する可否を占(うらな)はん
https://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「105-」 「山水蒙 上九」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『「占」此の爻性過激にして、親附(しんふ)(したしみつく)するもの
◇ https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番68- 」 「坤六三  解説」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を。」 『「占」此の爻を得ば、為すあるの才ありと雖(いへど)も時運未だ
となり。  あるいは王事 に従うとは、知光大なればなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左)  ◇ https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番68- 」 「坤六三  占例」
人間は大概運気の良いときにドツボの種を蒔いているものです からね、そういう意味に於いても易の批判が有効なのでは無い でしょうか。 ◇「呑象嘉右衛門テキスト占例引用」 https://t.co/HdEc1CCjZC 「履 五」「国会図書館蔵 高島易断増補版 仁の巻
「象に曰く、命有れば咎なしとは、志行わるるなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/HdEc1CCjZC  国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「222-」 「否 九四」占
只(ただ)事を急にせざるのみにして、順序を履(ふ)みて事を成す の意を忘るべからず、 --- 略 ---』 ◇「占例、某貴顕の邸宅に入った窃盗捕縛の占」 https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 の章 コマ番187- 」 「履 九ニ」
「象に曰く、幽人貞にして吉なりとは、中自ら乱れざればなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 の章 コマ番187- 」 「履 九ニ」「占」
https://t.co/HdEc1CCjZC  国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「96-」  「山水蒙 初爻 解説」  「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」  ---略---  『 「占」
https://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「98-」 「山水蒙 初爻 占例」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『「占例」余が親族田中平八氏来たり、其の弟平三郎の放蕩(はうとう) なるを
◇「占例 糟糠の妻と別れ、情婦を妻に娶るの占」  https://t.co/HdEc1CCjZC  「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 102 - 」  「山水蒙 六三」  「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」
「象に曰く、女を取るに用うるなかれとは、行い順ならざればなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 102 - 」
「象に曰く、訟えに克たず、帰りてのがれ竄(かく)るるなり。 下より上を訟う、患え至ること拾うがごときなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 131- 」
◇「占例、友人某官転任の成否」 https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番132- 」 「訟 六三」 ※「勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」 『「占例」友人某官来たり告げて曰く、僕数年間某局に奉仕し、職務に
https://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「136-」 「天水訟 上九」 「勝手意訳につき、原文の確認と文章利用の際は一報を」 『「占」険を行(おこなひ)て幸いを求むるの意あり、抑(そもそも)?帶
---◇「占例」 https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 105- 」 「蒙六五 占例」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『「占例」福原実君ハ予ノ友人ナリ、一日来リテ其沖縄県知事
そちら側に耳を向けたものであるのが○解できるのでは無いでしょう か。 爻は内卦の極にあり中を得ず、本来陽の位置に陰がある。 ◇「占例 糟糠の妻と別れ、情婦を妻に娶るの占」 https://t.co/HdEc1CCjZC
https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 102 - 」 「山水蒙 六三」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『「占」此の爻を得ば、女を娶(めと)るに利あらざるのみならず、都(すべ)
ですが、それが少々過ぎてしまったわけですね。 呑象テキストに曰く、 ◇ https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番257- 」 「大有 六五」占例 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」
※(典拠は「岩波文庫」易経より、以降引用は同左) ◇ https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番147-149 」 「師 六四」 「勝手意訳につき、原文の確認及び、文書利用の際は一報を」 『六四 師左次无咎
※(典拠は「岩波文庫」易経より、以降引用は同左) ◇ https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番147-149 」 「師 六四」 「勝手意訳につき、原文の確認及び、文書利用の際は一報を」
「象に曰く、厥の孚交如たりとは、信もって志を発するなり。  威如の吉なるは、易(あなど)りて備うるなければなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) ◇ https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番257- 」
「四爻 爻辞 需于血。出自穴。」 「血に需(ま)つ。穴より出づ。」 「象に曰く、血に需つとは、順にしてもって聴(したが)うなり。 」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/HdEc1CCjZC
※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) ◇「占例 横浜商人 函館にての商い占」 https://t.co/HdEc1CkJ84 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 147- 」 「地水師 六三」 「勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」
◇「占例 北沢氏、華族女学校幹事罷免の事。」 https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 131- 」 「天水訟 九ニ 」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」
下より上を訟う、患え至ること拾うがごときなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 131- 」 「天水訟 九ニ 」
( ※アイヌの方を土人とありますが、原文ママ )  https://t.co/HdEc1CCjZC  国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「135」  「天水訟 五」占例  「勝手意訳につき、原文の確認と文章利用の際は一報を」
https://t.co/HdEc1CCjZC  国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「218-」 「否 初六」解説 「勝手意訳につき原文の確認および、文章利用の際は一報を」 『「占」不善人の党に引き入れらるるの時とす、故に我が本業を固守
故に長たる者早く之(これ)を悟り、道を教へ、志を改めしめ、世の法に 順(したが)はしむべきの爻とす、 ---略--- 』 https://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「98-」 「山水蒙 初爻 占例」
https://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「96-」 「山水蒙 初爻 解説」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 ---略---
「三爻 爻辞 包羞。」 「羞(はじ)を包む。」 「象に曰く、はじを包むとは、位当たらざればなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/HdEc1CCjZC  国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「220-」
又鉱山事業中ニ加勢ノ人ヲ得テ、鉱物ヲ穴ヨリ出シ、利益アルノ 象アリ、○剣難ノ畏レアリ、進ミテ事ヲ為セバ利アラズ、 退クニ 』 ◇ https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番118- 」 「需 六四」占例
※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 118-- 」 「需六四 」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」
◇「同人卦説明」 https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番229- 」 「同人卦解説」 ※「勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」 ◇「上記典拠 同人六ニ解説」235-
さすがにこれが透けて観えるようであっては本来の納税者たる沖縄 の方々が黙っていないわけです。 https://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「232-」 「同人象伝解説」 「勝手解釈につき原文確認及び、文章ご利用の際は一報を」
https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番234- 」 「同人 初九 」 ※「勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」 『「占」此の爻を得るときは、固(こ)なく、必(ひつ)なく、己(おの)れを
「初爻 爻辞 同人于門。无咎。」 「人に同じうするに、門においてす。咎なし。」 「象に曰く、門を出でて人と同じうす。また誰か咎めん。」 (典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) ◇ https://t.co/HdEc1CCjZC
先の「呑象テキスト」にあるわけですが、「コマ番 180-」  https://t.co/HdEc1CCjZC  「勝手意訳につき、原文の確認及び文章利用の際は一報を」  『礼は人の踏み行ふべきものなればなり、故に序卦伝に、  「物畜然後有禮。故受之以履。履而泰、然後安。」
温厚(おんこう)平和(へいわ)を以て、今の位地(いち)を保(たも)たん ことを要す、 ---略--- 』 https://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島駅断増補版 仁之巻 コマ番「195-」 「履 上九」占例
※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左 ) https://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島駅断増補版 仁之巻 コマ番「194-」 「履 上九」解説  「勝手意訳につき、原文の確認及び文章利用の際は一報を」
「茅を抜く、貞なれば吉なりというのは、否塞の時ではあるけれども、 その志が君主(九五)にあるからである。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/HdEc1CCjZC  国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「218-」
///// 呑象テキストここまで /////  https://t.co/HdEc1CCjZC  「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番119- 」  「需 九五」  「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」  『九五。需于酒食。貞吉。
「酒食(しゅし)に需つ。貞なれば吉なり。 」 「象に曰く、酒食の貞吉とは、中正なるをもってなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番120- 」 「需 九五」
◇「坤六五解説」 https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番69 - 」 「坤 六五」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を。」 『---略--- 、裳(しゃう)は服の下に在るもの、即ち臣下の象とす、
◇「坤為地 五」(::::::)(:|::::)  「六五。黄裳。元吉。」  「象伝曰。黄裳元吉。文在中也。」   ◇「坤六五解説」  https://t.co/HdEc1CCjZC  「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番69 - 」  「坤 六五」
◇「坤 六五 解説」 https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番70 - 」 「坤 六五」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を。」 『「占」此の爻を得ば、中順温和にして、功あれども誇らず、
「象に曰く、旧徳を食むとは、上に従えば吉なるなり。 」 (典拠は「岩波文庫易経」ヨリ、以降引用は同左) ◇「占例、友人某官転任の成否」 https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番132- 」 「訟 六三」
◇ 福島銀行の占  https://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「89-」 「屯 五」占例 ////// 呑象テキストここまで /////  この卦は多々占例がありますので代表例を二例提示しておきます。
※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「88-」 「屯 五」占解説 「勝手意訳につき、原文の確認及び、文章利用の際は一報を」
わけです。 ◇ 「天沢履 五」(|||:||)(|:|:||) 「九五。夬履。貞厲。」 「夬履。貞厲。位正當也。」 ◇「呑象嘉右衛門テキスト占例」 https://t.co/HdEc1CCjZC 「履 五」「国会図書館蔵 高島易断増補版 仁の巻  コマ番194」
「 需于酒食。貞吉。」(貞なれば吉なり) (~なれば ・・) と条件を付与してあるわけです。 それで呑象テキストを提示しますと、  https://t.co/HdEc1CCjZC  「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番119- 」  「需 九五」
https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番120- 」 「需 九五」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『「占」宴楽(えんらく)を耽(ふけ)らず、僥倖(ぎゃうこう)(さいはい)
を追慕して求むるもの多かるべし、 又高貴より、良縁を結ぶことあるべし、又其の子に至り家運繁栄するの 占とす、 --- 略 --- 』 https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 100- 」 「山水蒙 九二 占例 」
https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 98- 」 「山水蒙 九二 」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『「占」此の爻剛明の徳を隠して、人を善導する者なり、故に人亦其の徳
「三爻 爻辞 包羞。」 「羞(はじ)を包む。」 「象に曰く、はじを包むとは、位当たらざればなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/HdEc1CkJ84  国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「220-」
https://t.co/HdEc1CCjZC  国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「220-」 「否 六三」解説 「勝手意訳につき原文の確認および、文章利用の際は一報を」 『六三。包羞。 象伝曰。包羞。位不當也。
「象に曰く、女を取るに用うるなかれとは、行い順ならざればなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 102 - 」 「山水蒙 六三」
○龍の天に昇るが如く、人も時を得て高名発達あり、 』 https://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「54-」 「乾為天 五」占例 「伊藤伯、遣清大使の命を奉じるの事。」
https://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「53-」 「乾為天 五」解説 「勝手意訳勝手解釈につき、原文の確認及び文章利用の際は一報を」 『 九五、飛龍在天。利見大人。  象伝曰。飛龍在天。大人造也。
◇「坤為地 五」(::::::)(:|::::)  「六五。黄裳。元吉。」  「象伝曰。黄裳元吉。文在中也。」   ◇「坤六五解説」  https://t.co/HdEc1CCjZC  「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番69 - 」  「坤 六五」
◇「坤 六五 解説」 https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番70 - 」 「坤 六五」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を。」 『「占」此の爻を得ば、中順温和にして、功あれども誇らず、
※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 礼の章 コマ番253- 」 「大有 九三」占 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」
べし、然れども小事の如きは、婦人を用(もち)ひて事成るの占とす、 ---略---』 https://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「47-」 「天 初九」占例 「勝手意訳につき、原文の確認と文章利用の際は一報を」
「乾為天 初」 主卦「乾為天 」(||||||) 変卦「天風女后」(|||||:) 「爻辞 潜龍勿用。」 「潜竜なり、用うるなかれ。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より以降引用は同左)  https://t.co/HdEc1CCjZC
「象に曰く、大車もって載すとは、中に積みて敗れざるなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「252-」 「火天大有 二」
◇「占例、友人某官転任の成否」 https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番132- 」 「訟 六三」 ※「勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」 『「占例」友人某官来たり告げて曰く、僕数年間某局に奉仕し、職務に
https://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 コマ番「145- 」 「師 九二 」占 「勝手意訳につき、原文の確認及び、文書利用の際は一報を」 『「占」誠意正心、事に臨みて畢生(ひっせい)(しゃうがい)の力を
されるパターン。 ◇ https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「251-」 「火天大有 初」占例 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」
「害に交ることなし。咎にあらず。艱(なや)むときは咎なし。 」 「象に曰く、大有の初九は、害に交ることなきなり。 」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) ◇ https://t.co/HdEc1CCjZC
( ※アイヌの方を土人とありますが、原文ママ )  https://t.co/HdEc1CCjZC  国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「135」  「天水訟 五」占例  「勝手意訳につき、原文の確認と文章利用の際は一報を」
なる卑陋(ひろう)(いやしき)を顧(かへり)みずして却(かへり)て世に用(もち) ひられざることを怨(うら)み、不平を懐(いだ)きて孤立す、 --- 略 --- 』 ◇「占例 比上六 某県人志願ノ事 」 https://t.co/HdEc1CCjZC
※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) ◇ https://t.co/HdEc1CCjZC  国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「163-」 「比 上六」解説 「勝手意訳につき原文の確認及び、文書利用の際は一報を」
https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番208- 」 「泰 九三」占例  ※「勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」 『「明治十八年、故三条相公の名を蒙(かうむ)り、浜の離宮に於いて、
象アリ、○剣難ノ畏レアリ、進ミテ事ヲ為セバ利アラズ、 退クニ 』 ◇ https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番118- 」 「需 六四」占例 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」
https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 118-- 」 「需六四 」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『「占」才弱クシテ、志モ亦弱ク、険ノ穴中ニ陥リテ、困窮甚シキノ
「血に需(ま)つ。穴より出づ。」 「象に曰く、血に需つとは、順にしてもって聴(したが)うなり。 」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 118-- 」
を追慕して求むるもの多かるべし、 又高貴より、良縁を結ぶことあるべし、又其の子に至り家運繁栄するの 占とす、 --- 略 --- 』 https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 100- 」 「山水蒙 九二 占例 」
https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 98- 」 「山水蒙 九二 」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『「占」此の爻剛明の徳を隠して、人を善導する者なり、故に人亦其の徳
不可(ふか)なりとす、 ---略--- 』 ◇ 福島銀行の占  ---略---※( 私の側の占例を読んでもらうか以下のアドレスにてどうぞ) ◇ 福島銀行の占  https://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「89-」
「その膏(めぐみ)を屯(とどこお)らす。小貞なれば吉、大貞なれば凶なり。 」 「象に曰く、その膏を屯らすとは、施すこと未だ光(おお)いならざるなり。 」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/HdEc1CCjZC
※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) ◇ https://t.co/HdEc1CCjZC  「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番254- 」 「大有 九四」 ※「勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」
---◇  https://t.co/HdEc1CCjZC  「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番62- 」  「坤解説」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用)  ※「勝手意訳」  『 此の坤の卦を通観するに、初爻は小人利欲に汲々として、他の害を顧みず
◇   https://t.co/HdEc1CCjZC    国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「258-」   「火天大有 上」    「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」
「師あるいは尸(しかばね)を輿(の)す。凶なり。 」 「象に曰く、師あるいは尸(しかばね)を輿すとは、大いに功なきなり。 」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) ◇「占例 横浜商人 函館にての商い占」 https://t.co/HdEc1CCjZC
◇ 「小蓄三、朝鮮、江華島事件(雲揚号事件)に於ける征韓論の是否」 https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番173-174 」 「小蓄 三」占例 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」
「象に曰く、人に同じうするに宗においてするは、吝道なり。」 (典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) ◇「同人卦説明」 https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番229- 」 「同人卦解説」
(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) ◇「同人卦説明」 https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番229- 」 「同人卦解説」 ※「勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」
◇「坤六五解説」 https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番69 - 」 「坤 六五」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を。」 『---略--- 、裳(しゃう)は服の下に在るもの、即ち臣下の象とす、
◇ https://t.co/HdEc1CkJ84 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番233- 」 「同人 初九 」 ※「勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」 『 初九。同人于門。无咎。 象伝曰。出門同人。又誰咎也。
◇ https://t.co/HdEc1CkJ84 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番234- 」 「同人 初九 」 ※「勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」 『「占」此の爻を得るときは、固(こ)なく、必(ひつ)なく、己(おの)れを
https://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「136-」 「天水訟 上九」 「勝手意訳につき、原文の確認と文章利用の際は一報を」 『「占」険を行(おこなひ)て幸いを求むるの意あり、抑(そもそも)?帶
「象に曰く、人に同じうするに宗においてするは、吝道なり。」 (典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) ◇「同人卦説明」 https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番229- 」 「同人卦解説」
◇ 「師 五爻解説」 https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番149- 」 「師 六五」 ※「勝手解釈につき原文の確認と、文章利用の際は一報を」 『「占」此の爻を得(う)るときは、損害の要償(ようしょう)、又は名誉の
私党となすこと勿(なか)れ、 ---略---』 ◇「占例 某藩の士族商業に従事するの可否を占す」 https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番203- 」 「泰 初九」 ※「勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」
征くも吉なり。」 「象に曰く、茅を抜く、征いくも吉なりとは、志外に在ればなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左)  https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番203- 」 「泰 初九」
◇ 福島銀行の占  https://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「89-」 「屯 五」占例 ////// 呑象テキストここまで /////
※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「88-」 「屯 五」占解説 「勝手意訳につき、原文の確認及び、文章利用の際は一報を」
◇「占例 需 初九 或る事業会社二入社ノ吉凶ヲ占フ」  https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 の章 コマ番113 - 」 「需 初九」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」
利(よ)ろし、咎なしとは、未だ常を失わざるなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 の章 コマ番113 - 」 「需 初九」
◇「占例 某豪商の番頭主家の立て直し策を占す。」 https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番209- 」 「泰六四」 ※「勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」
引用がダブルになってややこしくなるので呑象さんの占例を先に 提示しておきます。 https://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「172-」 「小蓄 九二」占例 「勝手意訳につき原文の確認と文章利用の際は一報を」
( ※アイヌの方を土人とありますが、原文ママ ) https://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「135」 「天水訟 五」占例 「勝手意訳につき、原文の確認と文章利用の際は一報を」
--- 略 --- 』 ◇「占例 比上六 某県人志願ノ事 」 https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番164 - 」 「比 上六 」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文書利用の際は一報を」
※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) ◇ https://t.co/HdEc1CCjZC  国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「163-」 「比 上六」解説 「勝手意訳につき原文の確認及び、文書利用の際は一報を」 『上六。比之无首。凶。
◇  「師 五爻解説」  https://t.co/HdEc1CCjZC  「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番149- 」  「師六五」  ※「勝手解釈につき原文の確認と、文章利用の際は一報を」  『 六五田有禽。利執言。无咎。長子師師。弟子輿屍。貞凶
◇ https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番118- 」 「需 六四」占例 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『「占例」明治十九年、知友米国人工学博士ブリジューンス氏来たりて
「四爻 爻辞 需于血。出自穴。」 「血に需(ま)つ。穴より出づ。」 「象に曰く、血に需つとは、順にしてもって聴(したが)うなり。 」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/HdEc1CCjZC
陥り、悔咎(かいきう)(くひとが)あり、新規の望み等は、殊(こと)に 宜(よろ)しからず、』 ◇「占例 需 初九 或る事業会社二入社ノ吉凶ヲ占フ」  https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 の章 コマ番113 - 」 「需 初九」
https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 の章 コマ番113 - 」 「需 初九」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『「占」--- 略 --- ○時至らずして、強ひて事を謀(はか)り、進みて為すは、険(けん)に
これは呑象さんの占例を出すしか無いようですので、ここで出します。 ◇「占例 需 初九 或る事業会社二入社ノ吉凶ヲ占フ」  https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 の章 コマ番113 - 」 「需 初九」
https://t.co/HdEc1CkJ84  国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「220-」 「否 六三」解説 「勝手意訳につき原文の確認および、文章利用の際は一報を」 『六三。包羞。 象伝曰。包羞。位不當也。
https://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「87- 」 「屯 四 占例」 「大倉喜八郎氏の手代某の気運を占(うらな)ふ」 「勝手意訳につき原文の確認および、文章利用の際は一報を」 『「占例」
※ (典拠は「岩波文庫」易経より、以降引用は同左) https://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「86- 」 「屯 四 解説」 「勝手意訳につき原文の確認および、文章利用の際は一報を」
「象に曰く、長子師を帥(ひき)ゆべしは、中行なるをもってなり。 弟子なれば尸を輿(の)すとは使うこと当たらざればなり。 」 ※(岩波文庫易経より) ◇ 「師 五爻解説」 https://t.co/HdEc1CkJ84 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番149- 」
世間目線に於ける「大有 四爻」は、呑象さんの占例では、某番頭さんが 預かり金三百両を紛失したわけですが、それを易占にて二階の長持ちの中に 覆蔵(ふくざう)(おおひかくし)せしことを発見するわけですね。 「アドレスのみ」 https://t.co/HdEc1CCjZC
以て、大金を要する営業に着手し、百方苦心すと雖(いへ)ども、竟(つひ) に及ばず、為(ため)に資本を消散(せうさん)(うしな)するに至る、 所謂(いはゆ)る労して功(こう)なきの時とす、 ---略--- 』 https://t.co/HdEc1CCjZC
「戎(つわもの)を莽(くさむら)に伏せ。その高陵に升る。 三歳まで興らず。 」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁の巻 コマ番「238」 「同人 九三」解説
※(典拠は「岩波文庫易経」ヨリ、以降引用は同左。) ◇ https://t.co/HdEc1CCjZC  国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「158-」 「比 六二」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文書利用の際は一報を」 『六二。比之自内。貞吉。
総て国家に公益ある占とす、 --- 略 --- 』 ◇「坤の第四爻兼用」 https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番205- 」 「泰 九二」「坤 六四」占例 ※「勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」
「象に曰く、荒を包ね、中行に尚(かな)うことを得んとは、  光大なるをもってなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番205- 」 「泰 九二」占
https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 100- 」 「山水蒙 九二 占例 」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『「占例」友人薬師寺氏、来たりて曰く、余は少(わか)きより業務に
「象に曰く、子にして家を克むとは、剛柔接(まじ)わるなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 98- 」 「山水蒙 九二 」
◇  このパターンは「大有」たる資質を持つ方がその始めに於いて苦労 されるパターン。 ◇ https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「251-」 「火天大有 初」占例 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」
※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) 私の過去ログを引用すればいいだけですが、ここでも呑象さんの占例二種の パターンを敢えて提示してみたいと思います。 ◇ https://t.co/HdEc1CCjZC
※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 礼の章 コマ番253- 」 「大有 九三」占 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」
下より上を訟う、患え至ること拾うがごときなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左)  ◇「占例 北沢氏、華族女学校幹事罷免の事。勝手解釈」  https://t.co/HdEc1CCjZC  「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 131- 」
https://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「211-」 「地天泰 上」占解説 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『「占」家事転覆(かじてんふく)(くつがへる)の兆(てう)(きざし)
貴をもって賤に下る。大いに民を得るなり。 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左)   https://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「80-」 「屯 初」占解説 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」
他の外国の方々はここまでの優遇を受けていないようですからね。  https://t.co/HdEc1CCjZC   国会図書館蔵 高島易断増補版 コマ番「241-」  「同人 九五」  「勝手意訳につき原文の確認と文章利用の際は一報を」
(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 コマ番「241-」 「同人 九五」占 「勝手意訳につき原文の確認と文章利用の際は一報を」
※(ここが本当の引用終わり) ◇ とすると呑象さんの占例とは随分と風景が違うのが解るのでは無い でしょうか。 まずはこの未投稿のものを解説してみましょう、これは、 ◇ https://t.co/HdEc1CCjZC
--- 略 --- 』 ◇ https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番65- 」 「坤 六二 」占例 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を。」
利ろしからざるなしとは、地道光(おお)いなればなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左)  ◇ https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番65- 」 「坤六二 占」
「その孚(まこと)交如たり。威如たれば、吉なり。」 「象に曰く、厥の孚交如たりとは、信もって志を発するなり。  威如の吉なるは、易(あなど)りて備うるなければなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) ◇ https://t.co/HdEc1CCjZC
「孚(まこと)あり。血(いたみ)去り惕(おそ)れ出づ。咎なし。」 「象に曰く、孚あり惕れ出づとは、上、志を合せばなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/HdEc1CCjZC
◇「占例 比上六 某県人志願ノ事 」 https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番164 - 」 「比 上六 」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文書利用の際は一報を」
「象に曰く、これに比せんとすれど首めなしとは、終わるところなきなり。」 (典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) ◇ https://t.co/HdEc1CCjZC  国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「163-」 「比 上六」解説
( ※アイヌの方を土人とありますが、原文ママ ) https://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「135」 「天水訟 五」占例 「勝手意訳につき、原文の確認と文章利用の際は一報を」
https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 礼の章 コマ番253- 」 「大有 九三」占 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『「占」衆人の上に立ち、身豊かなるべし、故に国恩を報ぜんとて、我が土地
◇「占例 需 初九 或る事業会社二入社ノ吉凶ヲ占フ」  https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 の章 コマ番113 - 」 「需 初九」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」
利(よ)ろし、咎なしとは、未だ常を失わざるなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 の章 コマ番113 - 」 「需 初九」
「師は出づるに律をもってす。否(しか)らざれば臧(よ)きも凶なり。」 「象に曰く、師は出づるに律をもってすとは、律を失えば凶なるなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/HdEc1CCjZC
◇「問筮」 「 2016年年頭 日本国年筮 」 「天水訟 上」(|||:|:)(:||:|:) 「上九、或錫之?帶、終朝三褫之。」 「象伝曰。以訟受服、亦不足敬也。」 https://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「136-」
呑象さんは常には、これと「大有 上」(|:||||)  ◇  https://t.co/HdEc1CCjZC  国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「257-」  「火天大有 上」   「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」
「坤為地 初」  主卦「坤為地 」(::::::)  変卦「地雷復 」(:::::|)  「爻辞 履霜。堅氷至。」  「霜を履みて堅氷至る。」  ---◇  https://t.co/HdEc1CCjZC  「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番62- 」
レガ備ヲナシ。過生シテ之レガ防ヲナス。渇二臨ンデ井ヲ 穿チ。火ヲ失シテ水ヲ求ルガ如シ。故二盛ナル時二勤勉シテ。 予メ変二備フべし。常二怠リテ。狼狽ヲ取ルコト勿レ 』 https://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「211-」
※(典拠は「岩波文庫」易経より、以降引用は同左) ◇ https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番147-149 」 「師 六四」 「勝手意訳につき、原文の確認及び、文書利用の際は一報を」 『六四 師左次无咎
「天沢履」方式、  https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番181- 」 「履卦 解説」 「勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」 『---略---
「象に曰く、師あるいは尸(しかばね)を輿すとは、大いに功なきなり。 ※(典拠は「岩波文庫易経」ヨリ、以降引用は同左。)  ◇「占例 横浜商人 函館にての商い占」 https://t.co/HdEc1CkJ84 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 147- 」
---略--- 』 https://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 「コマ番51-」 「天 三」占例 明治十六年の豊凶を占ふの事。 「勝手意訳勝手解釈につき、原文の確認及び、文章利用の際は一報を」
「君子終日乾乾(けんけん)し、夕べに惕若(てきじゃく)たり。  厲(あや)うけれども咎なし。 」 「終日乾乾すとは、道を反復するなり。 」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/HdEc1CCjZC
ひ、終(つひ)に如何(いかん)ともすること能(あた)はざるの極に達せん、 豈(あ)に(どうして)慎まざるべけんや、 ---略---』 「伊藤公内閣の占」 https://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「86- 」 「屯 三」占例
https://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「84- 」 「屯 三 解説」 「勝手意訳につき原文の確認および、文章利用の際は一報を」 『「占」 此の爻譬(たと)へば商売(しゃうこ)(あきびと)にして、商運(しゃううん)
「象に曰く、旧徳を食むとは、上に従えば吉なるなり。 」 (典拠は「岩波文庫易経」ヨリ、以降引用は同左) ◇「占例、友人某官転任の成否」 https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番132- 」 「訟 六三」
「天水訟 二」  ---略---  ---◇「占例 北沢氏、華族女学校幹事罷免の事。」  https://t.co/HdEc1CkJ84  「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 131- 」  「天水訟 九ニ 」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用)
*** 追加雑談 ***  先の「呑象テキスト」にあるわけですが、「コマ番 180-」 https://t.co/HdEc1CCjZC 「勝手意訳につき、原文の確認及び文章利用の際は一報を」 『礼は人の踏み行ふべきものなればなり、故に序卦伝に
を得(え)ざりしの時を省(かへり)み思(おも)ひて、欲を絶ち、 温厚(おんこう)平和(へいわ)を以て、今の位地(いち)を保(たも)たん ことを要す、 ---略--- 』 https://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島駅断増補版 仁之巻 コマ番「195-」
※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左 ) ※  「以下に出す呑象テキストは占例にそのままあるわけですが、  長文の辞なのだと思って頂きたい。」 https://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島駅断増補版 仁之巻 コマ番「194-」
---◇「占例、米国人工学博士ブリジューンス氏の娘難産の占」  https://t.co/HdEc1CCjZC  「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番118- 」  「需六四」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用)  ※「勝手意訳」
https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 118-- 」 「需六四 」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『「占」才弱クシテ、志モ亦弱ク、険ノ穴中ニ陥リテ、困窮甚シキノ
まざれば、遂(つひ)に大損(だいそん)を取るべきなり、故に早く止(とま) まれば吉なるの時(とき)とす、』 ◇ https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番178- 」 「小蓄上九 」占例
◇ https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番178- 」 「小蓄 上九 」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『「占」此の爻を得(う)るときは、我れ望事(のぞみごと)あり、又兼ねて
「象に曰く、女を取るに用うるなかれとは、行い順ならざればなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 102 - 」 「山水蒙 六三」
徒法二縛セラレ。機ヲ見テ宣ヲ制スルノ。大活眼ヲ失ヘルノ章ナリ。 五上共二皆陰ニシテ。識量二富マズ。・・』 ◇「占例 某豪商の番頭主家の立て直し策を占す。」 http://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番209- 」 「泰 六四」
http://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁の巻 コマ番「238」 「同人 九三」解説 「勝手意訳につき原文の確認と文章利用の際は一報を」 『  ---略---
http://t.co/HdEc1CCjZC  国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「170-」  「小蓄 初九」解説  「勝手意訳につき原文の確認と文章利用の際は一報を」  『「占」  ---略--
「象に曰く、復(かえ)ること道によるとは、その義吉なるなり。」 「象伝」 「復ること道によるというのは、その行いの正しさが吉なのである。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) http://t.co/HdEc1CCjZC
http://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「84- 」 「屯 三 解説」 「勝手意訳につき原文の確認および、文章利用の際は一報を」 『 ---略--- 幾不如舍 とは、舎(しゃ)は止(とどまる)なり、
( ※土人とありますが、原文ママ ) http://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「135」 「天水訟 五」占例 「勝手意訳につき、原文の確認と文章利用の際は一報を」
http://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「134-」 「天水訟 五」 「勝手意訳につき、原文の確認と文章利用の際は一報を」 『「占」此の爻彼の孚(まこと)ありて窒(ふさが)りたる者、始めて理非
とされているようですが、  http://t.co/HdEc1CkJ84  「コマ番 149」  実際畝傍は日本海軍の要求が過大に過ぎてトップヘビーに成り過ぎたよう  なんですね、なので沈没する羽目になったわけです。
◇ http://t.co/HdEc1CkJ84 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番147-149 」 「師 六四」 「勝手意訳につき、原文の確認及び、文書利用の際は一報を」 『六四 師左次无咎  象伝曰。左次无咎。未失常也。
*** 追加雑談 ***  実は「師 四」爻案件、「左 事案」 ◇ http://t.co/HdEc1CkJ84 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番147-149 」 「師 六四」 「勝手意訳につき、原文の確認及び、文書利用の際は一報を」
◇  このパターンは「大有」たる資質を持つ方がその始めに於いて苦労 されるパターン。 ◇ http://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「251-」 「火天大有 初」占例 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」
◇ http://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「250-」 「火天大有 初」占例 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『「占例」佐賀県の士族深江某は、余の親友なり、明治四年、紙石灰等
http://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「103-」 「山水蒙 四爻」解説 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『 六四、困蒙。吝。 象伝曰。困蒙之吝。獨遠實也。
この占例には、明治二十四年、郵船会社の「東京丸朝霧」の座礁を引き出し  た占例があるようです、  □「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の巻」  http://t.co/HdEc1CCjZC  「コマ番 172」
http://t.co/HdEc1CkJ84 国会図書館蔵 高島易断増補版 コマ番「142- 」 「師 初」解説  「勝手意訳につき、原文の確認及び、文書利用の際は一報を」 『「占」凡(およ)そ事を為さんと欲せば、宜しく始めに於いて確乎(くわくこ)
ついでなので その占も引用しておきます。 http://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「54-」 「乾為天 五」占例 「伊藤伯、遣清大使の命を奉じるの事。」 「勝手意訳勝手解釈につき、原文の確認及び文章利用の際は一報を」
◇「占例、横浜の商人某氏の東京進出の吉凶を占ふの事」 http://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番186- 」 「履 初九」 「勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」
◇ http://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番186- 」 「履 初九」 「勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」 『○漸次(ぜんじ)に事をなすに利ろし、急迫(きうはく)(いそぎせまる) に利ろしからず、』
「象に曰く、これに比せんとすれど人に匪ず、また傷ましからずや。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) ◇ http://t.co/HdEc1CCjZC  国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「159-」 「比 六三」占例
なので、本来は宗教による自制が必要となってくるわけです。 http://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「46-」 「乾為天 大象」解説 「勝手意訳につき、原文の確認と文章利用の際は一報を」
http://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「170-」 「小蓄 初九」解説 「勝手意訳につき原文の確認と文章利用の際は一報を」 『「占」 ---略-- 凡(およ)そ望み事一たび達すれば、堅固(けんご)(かたく)に之(これ)を
「風天小畜 上」  主卦「風天小畜」(||:|||)  変卦「水天需 」(:|:|||)  「上爻 爻辞 既雨既処。尚徳載。婦貞厲。月幾望。君子征凶。」  ---◇  http://t.co/HdEc1CCjZC
「既に雨ふり既に処(お)る。徳を尚(たっと)びて載(み)つ。婦は貞なれども  厲(あや)うし。月望に幾(ちか)し。君子も征けば凶なり。」) ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) ◇ http://t.co/HdEc1CCjZC
◇  http://t.co/HdEc1CkJ84   国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「258-」  「火天大有 上」   「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」
http://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「84- 」 「屯 三 解説」 「勝手意訳につき原文の確認および、文章利用の際は一報を」 『 ---略--- 蓋(けだ)し(思うに)初爻を指す、此の爻、人位なるを以て、君子と曰ふ
◇「同人 不変 占例」(同人六二 の処にあるが 不変) http://t.co/HdEc1CkJ84 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番235- 」 「同人卦 不変 」占例 ※「勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」
此爻正直ニシテ常ニ道ヲ守ル。故ニ上ナル人ニ。倚リ親シムベキ 縁ナシト雖トモ。反テ下ニ在リテ。平生信ヲ盡ス所ノ人ト。 相牽連シテ。共ニ発達スルコトアルベシ》 http://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「172-」
雨ヲ施ス能ザルノ故ニ。大旱魃ヲ来スカ。又ハ意外ノ災アルノ時トス。 慎マザルベカラズ 』 http://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「56-」 「天 上九」占例 「勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」
http://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「103-」 「山水蒙 四爻」解説 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『 「占」此の爻を得(え)ば、蒙昧(もうまい)無知にして、無益のことに
---◇ 「小蓄三、朝鮮、江華島事件(雲揚号事件)に於ける征韓論の是否」 http://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番173-174 」 「小蓄 三」占例 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」
http://t.co/HdEc1CCjZC 高島易断増補版 仁之巻 コマ番 1~261  1-20 前段  21-40 前段 易義例 41-60 乾坤 61-80 坤屯  81-100 屯初 蒙二 101-120 蒙二 需上  121-140 需上 訟 師
増補版易卦  http://t.co/HdEc1CCjZC 仁、乾坤屯蒙需訟師比小蓄履泰否同人大有 http://t.co/OSOhSaiG2G 義、謙豫随蠱臨観噬ロ盍賁剥復无妄大蓄頤大過坎離
べし、然れども小事の如きは、婦人を用(もち)ひて事成るの占とす、 ---略---』 http://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「47-」 「天 初九」占例 「勝手意訳につき、原文の確認と文章利用の際は一報を」
「乾為天 初」 主卦「乾為天 」(||||||) 変卦「天風女后」(|||||:) 「爻辞 潜龍勿用。」 「潜竜なり、用うるなかれ。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より以降引用は同左)  http://t.co/HdEc1CCjZC
、妄(みだ)りに動くときは、其の功遂げ難きのみならず、身に害ある なり、 ---略--- 』 http://t.co/HdEc1CkJ84 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「80-」 「屯 初」占例  「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」
「象に曰く、磐桓(はんかん)すといえども、志は正を行うなり。  貴をもって賤に下る。大いに民を得るなり。 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左)   http://t.co/HdEc1CkJ84 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「80-」
に及ばず、為(ため)に資本を消散(せうさん)(うしな)するに至る、 所謂(いはゆ)る労して功(こう)なきの時とす、 ---略--- 』 http://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁の巻 コマ番「239」 「同人 九三」占例
※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) http://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁の巻 コマ番「238」 「同人 九三」解説 「勝手意訳につき原文の確認と文章利用の際は一報を」
◇ 福島銀行の占  http://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「89-」 「屯 五」占例 「勝手意訳につき、原文の確認及び、文章利用の際は一報を」
※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) http://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「88-」 「屯 五」占解説 「勝手意訳につき、原文の確認及び、文章利用の際は一報を」
「象に曰く、城、隍に復るとは、その命乱るるなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左)  http://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「211-」 「地天泰 上」占解説
http://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島駅断増補版 仁之巻 コマ番「195-」 「履 上九」占例 「勝手意訳につき、原文の確認及び文章利用の際は一報を」 『「占例」明治二十二年十月、東京府下第十五区代議士の選挙に際し、
※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左 ) http://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島駅断増補版 仁之巻 コマ番「194-」 「履 上九」解説  「勝手意訳につき、原文の確認及び文章利用の際は一報を」
発明すべし、然らざるときは、終(つい)に発蒙(はつもう)の期あるべからず、 ---略---』 http://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「103-」 「山水蒙 四爻」占例
「蒙に困(くる)しむ。吝なり。 」 「象に曰く、蒙に困しむの吝なるは、ひとり実に遠ければなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) http://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「103-」 「山水蒙 四爻」解説
スルノ権アルモノ。定レル妻妾ナク。境ニ婦人ノ事ニツキ。 心配スルコトアリ。愼ムベシ』 ---◇ 「小蓄三、朝鮮、江華島事件(雲揚号事件)に於ける征韓論の是否」 http://t.co/HdEc1CCjZC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番173-174 」
http://t.co/HdEc1CkJ84 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「172-」 「小蓄 九二」占例 「勝手意訳につき原文の確認と文章利用の際は一報を」 『「占例」余が知る所の商人某氏、某局より羅紗(らしゃ)の注文あるに
※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) http://t.co/HdEc1CkJ84 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「171-」 「小蓄 九二」解説 「勝手意訳につき原文の確認と文章利用の際は一報を」 ---略---
---◇  http://t.co/HdEc1CCjZC  「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番62- 」  「坤解説」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用)  ※「勝手意訳」  『 此の坤の卦を通観するに、初爻は小人利欲に汲々として、他の害を顧みず
所謂(いはゆ)る労して功(こう)なきの時とす、 ---略--- 』 http://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁の巻 コマ番「239」 「同人 九三」占例  「勝手意訳につき原文の確認と文章利用の際は一報を」
http://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁の巻 コマ番「238」 「同人 九三」解説 「勝手意訳につき原文の確認と文章利用の際は一報を」 『「占」この爻才力に任(まか)せ、理勢(りせい)を審(つまびらか)にせず
しかもこれまたパターンがあって、呑象さんの解説によれば、こうやって 辞に謳われていないものもあるようなんですね。 例えば 「水天需 四」 ---◇ http://t.co/HdEc1CkJ84 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番118- 」
とされているようですが、 http://t.co/HdEc1CCjZC 「コマ番 149」 実際畝傍は日本海軍の要求が過大に過ぎてトップヘビーに成り過ぎたよう なんですね、なので沈没する羽目になったわけです。
http://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「98-」 「山水蒙 初爻 占例」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『「占例」余が親族田中平八氏来たり、其の弟平三郎の放蕩(はうとう)なるを
「蒙を発(ひら)く。もって人を刑するに利ろし、もって桎梏(しつこく)を説き、  もって往けば吝なり。」 「象に曰く、用て人を刑するに利ろしとは、もって法を正すなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左)  http://t.co/HdEc1CCjZC
http://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「87- 」 「屯 四 占例」 「大倉喜八郎氏の手代某の気運を占(うらな)ふ」 「勝手意訳につき原文の確認および、文章利用の際は一報を」 『「占例」
※(上記典拠に同じであるが 書いておきます。) http://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「86- 」 「屯 四 解説」 「勝手意訳につき原文の確認および、文章利用の際は一報を」
http://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「73 」 「屯 卦解説」 「勝手意訳につき原文の確認および、文章利用の際は一報を」 『  :|:::| 水雷屯 屯の篆書(てんしょ)は○なり、
---◇「占例 糟糠の妻と別れ、情婦を妻に娶るの占」  http://t.co/HdEc1CCjZC  「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 102 - 」  「山水蒙 六三」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用)
象でもあり、中女でもあり、法理の「目」にもなるわけです。 基本的なことですが引用しておきましょう。 http://t.co/HdEc1CkJ84 国会図書館蔵 高島易断増補版、仁之巻 コマ番「31-」 易義例  「勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」
其の不可なるを悟りて、貞に安(やすん)ずべきの時とす、 彼が非なるを勘弁して、為(た)めに幸いを得(う)るの意あり、 』 http://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「133」 「天水訟 四」某番頭さんの独立の可否を占す。
「象に曰く、復りて命に即(つ)き、渝(か)えて貞に安んずとは、  失わざるなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) http://t.co/HdEc1CCjZC 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「 133」 「天水訟 四」
---◇「占例 北沢氏、華族女学校幹事罷免の事。」  http://t.co/HdEc1CCjZC  「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 131- 」  「天水訟 九ニ 」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用)
http://t.co/HdEc1Dbwwg 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 「コマ番51-」 「天 三」占例 明治十六年の豊凶を占ふの事。 「勝手意訳勝手解釈につき、原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『「占例」  松方大蔵卿の席上にて、明治二十六年の豊凶を占ふ、
「君子終日乾乾(けんけん)し、夕べに惕若(てきじゃく)たり。  厲(あや)うけれども咎なし。 」 「終日乾乾すとは、道を反復するなり。 」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) http://t.co/HdEc1Dbwwg
http://t.co/v6AG6Wf9PM 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「102-」 「蒙 六三 占例」「某貴顕 糟糠の妻と別れ、情婦を妻に娶るの占」 「勝手意訳、勝手解釈につき原文の確認と文章利用の際は一報を」 『---略---
http://t.co/v6AG6Wf9PM 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「54-」 「乾為天 五」占例 「伊藤伯、遣清大使の命を奉じるの事。」 「勝手意訳勝手解釈につき、原文の確認及び文章利用の際は一報を」
「飛竜天に在り。大人を見るに利(よ)ろし。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) http://t.co/v6AG6Wf9PM 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「53-」 「乾為天 五」解説
///// 引用ここまで ///// http://t.co/v6AG6Wf9PM  国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 「コマ番 121-」 「需 上六」解説  「勝手意訳勝手解釈につき原文の確認と文書利用の際は一報を」
◇「呑象嘉右衛門テキスト引用」 http://t.co/v6AG6Wf9PM 「国会図書館蔵 高島易断増補版 仁之巻 コマ番「250-」 「火天大有 初」解説  「勝手解釈につき原文確認と文章利用の際は一報を」
---◇  「朝鮮京城の事変(甲申事変)による清國との談判を占す。」  http://t.co/v6AG6Wf9PM  「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番150- 」  「師六五」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用)  ※「勝手意訳抜粋」
「象に曰く、長子師を帥(ひき)ゆべしは、中行なるをもってなり。 弟子なれば尸を輿(の)すとは使うこと当たらざればなり。 」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左)  ---◇ 「師 五爻解説」 http://t.co/v6AG6Wf9PM
「乾為天」は情報に蓋する象でもありますから、毎度都合の悪い事は  蓋して報道しない方々との○○も香ってくるわけです。  ---◇「同人卦説明」  http://t.co/v6AG6Wf9PM  「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番229- 」
時ノ至ルヲ須(マ)タバ。終二吉ヲ得ベシ。又人ト争論スベカラス。 後二至レハ。自ラ我意ノ如クナルヲ得ヘシ、』 ---◇「占例 需 二 貸金督促の占」  http://t.co/v6AG6Wf9PM 「国会図書館蔵、高島易断増補版 の章 コマ番115- 」
する懸念があるわけです。  (これはこの方の政策を筮する度に感じていたことですので、そういうログ を残してあります。) http://t.co/HdEc1Dbwwg 国会図書館蔵 高島易断増補版 仁の巻 コマ番「239」 「同人 九三」占例 「勝手意訳」「勝手解釈」
※(典拠は「岩波文庫易経より、」以降引用は同左)  大秘伝というほどのものでは無いですが、^^) これは呑象嘉右衛門さんが鉄道会社再建に辣腕を振るった時の爻ですね。 占例を引用してみましょう。 http://t.co/v6AG6Wf9PM
※(この爻解説は呑象嘉右衛門テキスト高島易断 仁之巻 コマ番82にあります) http://t.co/v6AG6Wf9PM  昨日易に「中孚 上」(うぬぼれるな)と指摘された話を書きましたが、  確かに「呑象嘉右衛門テキスト」にしても、全部読破したわけでは無いですし、
こういう段階にある生命を仮にでも「悪魔」などとして軽挙妄動の扱いを するならば、危難に陥る可能性があるのであるから、 「 利貞 勿用有攸往 」(ていによろし ゆくところあるにもちいるなかれ) ---「占例引用」 http://t.co/v6AG6Wf9PM
《福島第1・凍土遮水壁の実験を公開 地下水流入抑止示す》  「天火同人 ニ」  ---略---  一口にいってこの「同人 ニ」は   http://t.co/HdEc1CkJ84   「同人六ニ解説」コマ番「237-」「勝手意訳」
難渋を醸すべし。但早く其の過ちを改め。心を善に反すときは。  自ら其の凶を免るるを得べし 』  ---◇「占例」  「友人某、その友人との商業に着手せんとす、その成否や如何に」  http://t.co/gfy9Ou71Ow
---◇「易義例 」  http://t.co/gfy9Ou71Ow  「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番29 - 」  「易義例ヨリ」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用)  ※「勝手意訳」  『 ※(コマ番は30)
---◇「呑象嘉右衛門テキスト引用」 http://t.co/HdEc1CkJ84 「履 五」「国会図書館蔵 高島易断増補版 仁の巻  コマ番193-194」「勝手意訳、勝手注釈」  「占」この爻を得ば、数年の困苦、今に至(いたり)て漸(ようや)く解け 、
---◇「呑象嘉右衛門テキスト占例引用」 http://t.co/HdEc1CkJ84 「履 五」「国会図書館蔵 高島易断増補版 仁の巻  コマ番194」「勝手意訳、勝手注釈」  『「先例」某会社の社長来たりて運命を占はんことを請ふ、乃ち筮して、 履の第五爻を得たり、
---◇ http://t.co/acmt1makyC 「コマ番258」高島易断 仁の巻「勝手意訳」「大有 上九」
 一口にいってこの「同人 ニ」は  http://t.co/acmt1makyC  「同人六ニ解説」コマ番「237-」「勝手意訳」
http://t.co/acmt1makyC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番122- 」
 metujin ekikyou 日誌 ツイッター下書きブログ共通。 『「坤為地 初」に観る吉凶の分岐点。』》 《---◇  http://t.co/acmt1makyC   「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番62- 」
 ---◇「占例アドレス」「坤 五」「左伝 南かいさんのクーデター」  http://t.co/4lxzh8grZd □ 呑象嘉右衛門さんもこの事には言及してあり、  呑象嘉右衛門さんテキスト、 ---◇「坤六五解説」 http://t.co/acmt1makyC
 「霜を履みて堅氷至る。」  ---◇  http://t.co/acmt1makyC   「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番62- 」  「坤解説」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用)  ※「勝手意訳」
主卦「坤為地 」(::::::) 変卦「地雷復 」(:::::|) 「爻辞 履霜。堅氷至。」 「霜を履みて堅氷至る。」 ---◇ http://t.co/acmt1makyC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番62- 」 「坤解説」
解るわけです。》  *** 引用ここまで *** ※(典拠は「岩波文庫易経」ヨリ、以降引用は同左) ---◇ http://t.co/acmt1makyC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番247- 」 「大有解説」(合略仮名、当用漢字に無きは
易に語ってもらうと云う意味も、・・・ その辺の批判は甘んじて受けます。 m(_ _)m 。 ---◇「易義例 」 http://t.co/acmt1makyC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番29 - 」
---◇「同人卦説明」 http://t.co/acmt1makyC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番235- 」 「同人卦解説」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用) ※(勝手意訳) 『蓋シ、同人の道は、広く天下を以テ一家と為すに在リ、
---◇「占例 某豪商の番頭主家の立て直し策を占す。」 http://t.co/acmt1makyC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番209- 」 「泰六四」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用) ※「勝手意訳」
---◇ http://t.co/acmt1makyC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番201- 」 「泰大象曰。」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用) ※「勝手意訳」 『象曰。天地交泰。后以裁成天地之道。輔相天地之宜。以左右民。
「国立国会図書館蔵、高島易断  小蓄三 コマ番37 」 ---略--- ---◇ 「小蓄三、朝鮮、江華島事件(雲揚号事件)に於ける征韓論の是否」 http://t.co/acmt1makyC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番173-174 」
□「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の巻」 http://t.co/acmt1makyC 「コマ番 172」 □でありますので、今回の件もそう遠くない時に検分されるのではない でしょうか。  □「沢雷随 三」無論、遺体の回収が最優先でありますが。
---◇「水雷屯 上」「ということで占例から」 http://t.co/acmt1makyC 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の巻 コマ番90- 」 「屯上九」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用) ※「勝手意訳」
離の象には中女、文明、教え等々 ・・・ 「乾為天」は情報に蓋する象でもありますから、毎度都合の悪い事は 蓋して報道しない方々との○○も香ってくるわけです。 ---◇「同人卦説明」 http://t.co/acmt1makyC
---◇「懇意なる生糸商人に請われ生糸相場を占う。」 http://t.co/gfy9Ou71Ow 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番219- 」 「否六ニ」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用) ※「勝手意訳」
http://t.co/gfy9Ou71Ow 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番118- 」 「需六四」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用) ※「勝手意訳」「抜粋」 『第四爻の位は、則ち腹部  に当たるを以て、母懐(ははの腹)(ぼかい)を切開
当たらざればなり。 」 ---◇ 「朝鮮京城の事変(甲申事変)による清國との談判を占す。」 http://t.co/gfy9Ou71Ow 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番150- 」 「師六五」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用)
「旧徳に食む、貞なれば厲(あや)うけれども終には吉なり。  あるいは 王事に従うとも、成すことなかれ。」 「象に曰く、旧徳を食むとは、上に従えば吉なるなり。 」 ---◇「占例、友人某官転任の成否」 http://t.co/gfy9Ou71Ow
---◇「では本丸の五爻君子占ではどうかと云うと。」 ---◇ http://t.co/gfy9Ou71Ow 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番201- 」 「泰大象曰。」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用) ※「勝手意訳」
志外に在ればなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」ヨリ、以降引用は同左) ---◇「占例 某藩の士族商業に従事するの可否を占す」 http://t.co/gfy9Ou71Ow 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番203- 」 「泰初九」
---◇ http://t.co/gfy9Ou71Ow 「国会図書館蔵、高島易断増補版 の章 コマ番235- 」 「同人六ニ」 (合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用) ※「勝手意訳」 『宗とは宗家の謂いにして、世俗の所謂本家なり、于宗とは、我が同族 の
自ら其の凶を免るるを得べし 』 ---◇「占例」 「友人某、その友人との商業に着手せんとす、その成否や如何に」 http://t.co/gfy9Ou71Ow 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番159- 」 「六三」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後
 http://t.co/gfy9Ou71Ow   「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 102 - 」  「山水蒙 六三」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用)  『 ---略--- 断ニ曰ク、蒙ハ物ノ蒙昧ニシテ未ダ発達セザルノ称ナレバ、  
---◇「占例、某貴顕の邸宅に入った窃盗捕縛の占」 http://t.co/gfy9Ou71Ow 「国会図書館蔵、高島易断増補版 の章 コマ番187- 」 「履九ニ」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用) ※「勝手意訳」
http://t.co/gfy9Ou71Ow 「国会図書館蔵、高島易断増補版 の章 コマ番205- 」 「泰九ニ占例」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用) ※「勝手意訳 要点のみ」
というのは困った指導層しか作る事がない。 ---◇「韓国の指導層に方々に必要な事。」 ---◇『占例「泰六五」豪富某氏の気運」  http://t.co/gfy9Ou71Ow 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番211 - 」
http://t.co/gfy9Ou71Ow 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番118- 」 「需六四」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用) ※「勝手意訳」 『「占例」明治十九年、知友米国人工学博士ブリジューンス氏来たりて 曰く、余が娘アーネー
「師左(しりぞ)き次(やど)る。咎なし。」 「象に曰く、左き次る、咎なしとは、未だ常を失わざればなり。」 ---◇ http://t.co/gfy9Ou71Ow 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番147-149 」 「師六四」(合略仮名、当用漢字に
---◇ 「小蓄三、朝鮮、江華島事件(雲揚号事件)に於ける征韓論の是否」 http://t.co/gfy9Ou71Ow 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番173-174 」 「小蓄 三」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用) ※「勝手意訳」
ニと五とは、中正にして変ぜざるを宜しとす、 ---略---』 ---◇「乾為天上九占例、某貴顕翌年の気運を占す。」 http://t.co/gfy9Ou71Ow 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番56- 」
是レ身高位ニ至リ。 雨ヲ施ス能ザルノ故ニ。大旱魃ヲ来スカ。又ハ意外ノ災アルノ時トス。 慎マザルベカラズ 』 ---◇「乾為天上九、用九解説」 http://t.co/gfy9Ou71Ow 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番56- 」
これを敬すれば終に吉なりとは、  位に当たらずといえども、未だ大いに失わざるなり。」 ---◇「需 上六」「占例、伊藤氏の息子さんの消息」 http://t.co/gfy9Ou71Ow 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番122 - 」
---◇ http://t.co/fibREhORFL 《http://t.co/gfy9Ou71Ow   「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 56- 」  「乾為天」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用)》 《『天命已ニ過ギタリ、
---◇「占例、横浜の商人某氏の東京進出の吉凶を占ふの事」 http://t.co/gfy9Ou71Ow 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番186- 」 「履初九」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用) ※「勝手意訳」 『「占例」横浜の商人某氏
---◇「師上六、某貴顕、胃癌の大患に罹るの占 」 http://t.co/gfy9Ou71Ow 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番151- 」 「師 上六」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用) ※「勝手意訳」
---◇「占例 需 初九 或る事業会社二入社ノ吉凶ヲ占フ」  http://t.co/gfy9Ou71Ow 「国会図書館蔵、高島易断増補版 の章 コマ番113 - 」 「需 初九」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用)
「象に曰く、事とする所を永くせずとは、訟は長くすべからざるなり。  小しく言ありといえども、その弁明らかなり。」 ---◇「占例 訟 初 仕官ノ成否を占フ 」  http://t.co/gfy9Ou71Ow 「国会図書館蔵、高島易断増補版 の章 コマ番
---◇「占例 需 二 貸金督促の占」  http://t.co/gfy9Ou71Ow 「国会図書館蔵、高島易断増補版 の章 コマ番115- 」 「需 九二」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用) ※「勝手意訳」 『「占例」友人永井泰次郎氏、北海道ノ商人
---◇ 「比六二 占例 某県ノ知事、某省ヘ栄転セントスル際シテの占」 http://t.co/gfy9Ou71Ow  「国会図書館蔵、高島易断増補版 の章 コマ番158 - 」 「比 六二」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用)
---◇ 『「否シテノ泰」は「訟」となって国民はその生存圏を失う、福一の反省 無きは亡国への道。「天火同人 四爻」 』 ---◇「占例 同人九四 友人某、事業ヲ起スの吉凶成敗。 」 http://t.co/gfy9Ou71Ow 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章
「これに比せんとすれど首(はじめ)なし。凶なり。」 「象に曰く、これに比せんとすれど首めなしとは、終わるところなきなり。」 ---◇「占例 比上六 某県人志願ノ事 」 http://t.co/gfy9Ou71Ow 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 
---◇「占例 履九五 某会社社長ノ運命ヲ占フノコト 」 http://t.co/gfy9Ou71Ow 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 194- 」 「履 九五」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用) 『「先例」某会社ノ社長来リテ運命ヲ占ハンコトヲ
「戎(つわもの)を莽(くさむら)に伏せ。その高陵に升る。 三歳まで興らず。 」 「戎を莽に伏すとは、敵、剛なればなり。三歳まで興らず、 いずくんぞ行かん。 」 http://t.co/gfy9Ou71Ow  「嘉衛門テキスト定型文略、コマ番 239」
輿(の)す。凶なり。 」 「象に曰く、師あるいは尸(しかばね)を輿すとは、大いに功なきなり。」 □「師」は http://t.co/gfy9Ou71Ow 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 147- 」 「地水師 三 占例」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の
---◇「占例 北沢氏、華族女学校幹事罷免の事。」 http://t.co/gfy9Ou71Ow 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 131- 」 「天水訟 九ニ 」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用) ---略--- ※( 引用先か下書きブログ参照のほど。)
---◇「占例 北沢氏、華族女学校幹事罷免の事。」 http://t.co/gfy9Ou71Ow 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 131- 」 「天水訟 九ニ 」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用) ---略--- ※( 引用先か下書きブログ参照のほど。)
---◇「占例 横浜商人 函館にての商い占」 http://t.co/gfy9Ou71Ow 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 147- 」 「地水師 六三」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用) 『「占例」明治三年中横浜ノ商人三名、舶来物品ヲ蒸気船ニ載セテ、
---◇「占例 某貴顕ノ運気」 http://t.co/gfy9Ou71Ow 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 258- 」 「大有 上九」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用) 『「占例」明治十五年、某貴顕ノ運気ヲ占ヒ、筮シテ大有ノ上爻ヲ得タリ、
順にしてもって聴(したが)うなり。 」 http://t.co/gfy9Ou71Ow 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 118-- 」 「需六四 」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用) 『「占」才弱クシテ、志モ亦弱ク、険ノ穴中ニ陥リテ、
---◇ 『占例 鳩山和夫氏立候補の占例、「鳩山由紀夫・鳩山邦夫氏は曾孫」』 http://t.co/gfy9Ou71Ow 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 52-53 」 「乾為天 九四」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用) 『「占例」明治二十四年二月、
---◇「占例引用」 http://t.co/gfy9Ou71Ow 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 227- 」 「天地否 上」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用) 『「占例」横濱ノ商人某来リ告テ曰ク、目下商業上一大事アリテ、東京 ノ友人ニ謀ラントス、
---◇『「坤為地」初六占例』 http://t.co/gfy9Ou71Ow 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 65- 」 「坤為地 初六」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用)   『「占例」某鉱山ノ採掘事業ヲ占フ、   明治二十一年冬東京幸橋内ニ居住セル
---◇「占例」 http://t.co/gfy9Ou71Ow 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 56- 」 「乾為天」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用)   『「占例」余年々冬至ノ日、廟堂諸賢ノ身上ヨリ、親族知己ニ至ル マデ、来歳ノ気運ヲ占ヒ、
---◇「基本この爻は事業着手シテもその後が厳しいものと    思って対処。」   ---◇「天澤履 三爻 占例」 http://t.co/gfy9Ou71Ow 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 189-190 」 「天澤履 六三」(合略仮名、当用漢字に無きは修正
---◇「占例」 http://t.co/gfy9Ou71Ow 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 98 」 「蒙初六」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用)   『「占例」余ガ親族田中平八氏来リ、其弟平三郎ノ放蕩ナルヲ以テ 之ヲ悔悟セシメンガ為メ、
---◇「占例」 http://t.co/gfy9Ou71Ow 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 105- 」 「蒙六五 占例」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用) 『「占例」福原実君ハ予ノ友人ナリ、一日来リテ其沖縄県知事 二栄転セシコトヲ告グ、
狼狽ヲ取ルコト勿レ 』    ※ 嘉衛門さんの占例が見当たらない為に追加。 http://t.co/gfy9Ou71Ow 「国会図書館蔵、高島易断増補版 仁の章 コマ番 211-212 」 「泰上六」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用)

収集済み URL リスト