2 1 0 0 OA 高島易断

著者
高島嘉右衛門 著
出版者
高島嘉右衛門
巻号頁・発行日
vol.信之巻, 1906

言及状況

Twitter (2 users, 145 posts, 2 favorites)

「雷山小過 初」(::||::)(::||:|) 「初六。飛鳥以凶。」 「象伝曰。飛鳥以凶。不可如何也。」 https://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「51-」  「雷山小過 初 解説」
「節に甘んず。吉なり。往けば尚ばるることあり。」 「象に曰く、節を甘んずるの吉とは、位に居て中なればなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 コマ番「31-」  「節 五」占例
※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「44-」 「中孚 九五」解説 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」
※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「86-」 「未済 六五」占例 「勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」
「翰音(かんおん)天に登る。貞なれども凶なり。」 「象に曰く、翰音天に登る、何ぞ長かるべけんや。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「45-」 「中孚 上九」占例
「象に曰く、節を甘んずるの吉とは、位に居て中なればなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 コマ番「31-」  「節 五」占例
「風水渙 二爻」の悟り結果報告 )   --- 略 ---  ◇「呑象嘉右衛門テキスト引用」  https://t.co/U613O7JFbP  国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「4-」   「渙」卦解説   「勝手解釈につき原文の確認と文章利用の際は一報を」
◇◇ このテーマ結論 ◇◇ 「風水渙 上」 主卦「風水渙 」(||::|:)⇔「水沢節」 変卦「坎為水 」(:|::|:)⇔「坎為水」 それで呑象テキストを提示しますと、 https://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「15-」
※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左)  https://t.co/U613O7JFbP 「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻「風水渙ー火水未済」 高島嘉右衛門著 コマ番15-16」「渙 上九 」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」
◇「占例」「友人某の運気を占ふの事」 https://t.co/U613O7s4kh 「国会図書館蔵、高島易断増補版 信の章 コマ番75- 」 「既済 上六」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」
「象に曰く、その首を濡らす、厲うしとは、何ぞ久しかるべけんや。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左 ) ◇ https://t.co/U613O7s4kh 「国会図書館蔵、高島易断増補版 信の章 コマ番74- 」 「既済 上六」
と指摘する外国人の方々に対する諸々の特○を「既済」(終わり) にすべしということになるわけです。 まず一番先にやるべきことがあるということですね。 https://t.co/U613O7JFbP 「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻「風水渙ー火水未済」
「象に曰く、終日戒むとは、疑うところあればなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左 ) https://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 増補高島易断増補版 信の巻 コマ番 69 」 「既済 六四 」
---◇「占例 友人の運気」 https://t.co/U613O7JFbP 「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻「風水渙ー火水未済」 高島嘉右衛門著 コマ番84」「既済 六三 」 「勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」
https://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「53-」  「雷山小過 二 占例」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『 ---略--- 』 ※ 長文になるので略します、以下の私の占例の側で読んで頂きたい。
「その祖を過ぎ、その妣に遇う。その君に及ばずして、その臣に遇う。咎なし。」 「象に曰く、その君に及ばずとは、臣は過ぐべからざるなり。 」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/U613O7JFbP
https://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 コマ番「29-」  「節 六四」解説 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『 六四。安節亨。 象伝曰。安節之亨。承上道也。 --- 略 ---
福を受くるにしかず。 」 「象に曰く、東隣の牛を殺すは、西隣の時なるにしかざるなり。  実(まこと)にその福を受くとは吉大いに来るなり。 」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左 ) https://t.co/U613O7JFbP
※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) ◇ https://t.co/U613O7JFbP 「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻「56-」 「小過 九四 」「占例」 「勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」
https://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「65-」 「既済 初九」占例 「勝手意訳につき、原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『「占例」明治二十一年、縉紳(しんしん)某きたりて、運気を占(うらな)はん
「五爻 爻辞 甘節。吉。往有尚。」 「節に甘んず。吉なり。往けば尚ばるることあり。」 「象に曰く、節を甘んずるの吉とは、位に居て中なればなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/U613O7JFbP
ヲ企テ。資本金ノ工夫中ノ如シ。是レ深ク水ヲ蓄フルノ意ナリ。 又兌ノ初二居ル。是レ大事ヲ思ヒ立チ。他二言ヲ漏サザルノ象アリ。 言行ヲ慎密二スルトキハ。咎ナキヲ得ヘシ』 https://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「23-」
「上爻 爻辞 苦節貞凶。悔亡。」 「苦節は貞なれば凶なり。悔亡ぶ。 」 「象に曰く、苦節は貞なれば凶なりとは、その道窮まればなり。 」 ※(典拠は「岩波文庫易経」ヨリ、以降引用は同左) ◇「株式の高下を占す、」 https://t.co/U613O7JFbP
◇「占例 友人の運気」 https://t.co/U613O7JFbP 「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻「風水渙ー火水未済」 高島嘉右衛門著 コマ番84」「既済 六三 」 「勝手解釈につき原文の確認および文章利用の際は一報を」
https://t.co/U613O7JFbP 「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻「風水渙ー火水未済」 高島嘉右衛門著 コマ番 3 」「 渙 」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『渙亨。王假有廟。利渉大川。利貞。
「象に曰く、その群を渙らす、元吉なりとは、光大なるなり。」 ※(典拠は「岩波文庫 易経」より、以降引用は同左。) https://t.co/U613O7JFbP 「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻 高島嘉右衛門著 コマ番 12 」「 渙 六四 」
「繻(ぬ)るとき衣(い)じょあり。終日戒む。」 「象に曰く、終日戒むとは、疑うところあればなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左 ) ◇ https://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 増補高島易断増補版 信の巻 コマ番 69 」
し、相共(あひとも)に溺死(できし)(おぼれしぬ)するがごとし、 宜(よろし)く思慮すべきなり、 --- 略 --- 』 https://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「65-」 「既済 初九」占例
「象に曰く、その輪を曳くとは、義として咎なきなり。 」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「65-」 「既済 初九」占
決すべきの時とす、 ---略--- 』 ◇「占例」「友人某の運気を占ふの事」 https://t.co/U613O7JFbP 「国会図書館蔵、高島易断増補版 信の章 コマ番75- 」 「既済 上六」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」
◇ https://t.co/U613O7JFbP 「国会図書館蔵、高島易断増補版 信の章 コマ番74- 」 「既済 上六」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『 上六。濡其首。厲。 象伝曰。濡其首。厲。何可久也。 ---略--- 』
『□占 従順二シテ尊位ヲ踏ミ。其心ヲ虚ウシテ外明ナリ。故二能ク 善ヲ容レ。百官有司ヨリ。下万民二至ルマデ。皆善二化シ。其徳 光輝アリ。是レ貞正ヲ守ルノ吉ナリ』 https://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「86-」
「二爻 爻辞 不出門庭。凶。」 「門庭を出でず。凶なり。」 「象に曰く、門庭を出でず、凶なりとは、時を失すること極まるなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/U613O7JFbP
「象に曰く、その群を渙らす、元吉なりとは、光大なるなり。」 ※(典拠は「岩波文庫 易経」より、以降引用は同左。) https://t.co/U613O7JFbP 「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻 高島嘉右衛門著 コマ番 12 」「 渙 六四 」
それで件の宮崎議員は女性スキャンダルにて辞職されたわけですね。 ということで桝添都知事のテーマに戻ります。  https://t.co/U613O7JFbP  国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「44-」  「中孚 九五」解説
https://t.co/U613O7JFbP  国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「4-」   「渙」卦解説   「勝手解釈につき原文の確認と文章利用の際は一報を」  『 此の卦、三陰三陽にして、陰陽の数相半(あいなか)ばす、蓋(けだ)し(思うに)
◇「占例」「友人某の運気を占ふの事」 https://t.co/U613O7JFbP 「国会図書館蔵、高島易断増補版 信の章 コマ番75- 」 「既済 上六」 ※「勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」
※(典拠は「岩波文庫易経」ヨリ、以降引用は同左) ◇ https://t.co/U613O7JFbP 「国会図書館蔵、高島易断増補版 信の章 コマ番74- 」 「既済 上六」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『 上六。濡其首。厲。
「水火既済 四」  主卦「水火既済」(:|:|:|)⇔世間目線「火水未済」  変卦「沢火革 」(:|||:|)⇔世間目線「火風鼎」  ※ 結局、  https://t.co/U613O7JFbP  「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻「風水渙ー火水未済」
「四爻 爻辞 繻有衣じょ。終日戒。」 「繻(ぬ)るとき衣(い)じょあり。終日戒む。」 「象に曰く、終日戒むとは、疑うところあればなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左 ) https://t.co/U613O7JFbP
*** 追加雑談 ***  冒頭呑象さんの占例を挙げたわけですが、 実はその続きとして、 ◇ 「呑象テキストの続き」 https://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 コマ番「32-」  「節 上」占例
「苦節は貞なれば凶なり。悔亡ぶ。 」 「象に曰く、苦節は貞なれば凶なりとは、その道窮まればなり。 」 ※(典拠は「岩波文庫易経」ヨリ、以降引用は同左) ◇「株式の高下を占す、」 https://t.co/U613O7JFbP
「三爻 爻辞 渙其躬。无悔。」 「その身を渙(ち)らす。悔なし。」 「象に曰く、その身を渙らすとは、志、外に在るなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/U613O7JFbP
「節に安んず。亨る。」 「象に曰く、節に安んずるの亨るは、上の道を承(う)くればなり。 」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 コマ番「29-」  「節 六四」解説
を渉(わた)りて、其の首(かうべ)を濡(うるほ)すの象あり、 --- 略 ---  』 ◇「占例」「友人某の運気を占ふの事」 https://t.co/U613O7JFbP 「国会図書館蔵、高島易断増補版 信の章 コマ番75- 」 「既済 上六」
https://t.co/U613O7JFbP 「国会図書館蔵、高島易断増補版 信の章 コマ番74- 」 「既済 上六」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『--- 略 --- ○壮年才子、経験なくして、大事を起こし、失敗するの象あり、狐、水
---◇「株式の高下を占す、」 https://t.co/U613O7JFbP 「国会図書館蔵、高島易断増補版 信の章 コマ番32- 」 「上六」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『「占例」或る人来たりて、株式の高下を占はんことを請フ、乃チ筮して、
「貞しければ吉にして悔亡ぶ。震(うご)きてもって鬼方を伐(う)つ。  三年にして大国に賞せらるることあり。」 「象に曰く、貞しければ吉にして悔亡ぶとは、志行わるるなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左)  https://t.co/U613O7JFbP
◇◇ つまりは、 https://t.co/U613O7JFbP 「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻 高島嘉右衛門著 コマ番 3 」「 渙 」 「勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」 『此卦、三陰三陽ニシテ、陰陽ノ数相半バス、蓋シ天地否ヨリ来ルモノナリ、
書いたばかりですが人材の供給といったことも考えないといけないし。  ということで  https://t.co/U613O7JFbP  「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻「風水渙ー火水未済」  高島嘉右衛門著 コマ番 12 」「 渙 六四 」
https://t.co/U613O7JFbP 「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻「風水渙ー火水未済」 高島嘉右衛門著 コマ番 3 」「 渙 」 『勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を』 ---略---
https://t.co/U613O7JFbP 「国会図書館蔵、高島易断増補版 信の章 コマ番58- 」 「小過 上六」 ※「勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」 『「占」身(み)の分際を知らず、亢慢(かうまん)(たかぶり)にして、
却(かへり)て事調(ことととの)ふべし、凡(すべ)て十分なることを望みて、 僅(わずか)に三分を得(う)るの時とす、 ---略--- 』 https://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「53-」  「雷山小過 二 占例」
「象に曰く、その君に及ばずとは、臣は過ぐべからざるなり。 」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「52-」  「雷山小過 二 解説」
※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/U613O7JFbP 「国会図書館蔵、高島易断増補版 信の章 コマ番85- 」 「九 四解説」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」
◇「呑象資料、日本と大韓帝国との交際」 https://t.co/U613O7JFbP 高島易断増補版 信之巻 巻末付録 128p 129p コマ番「173-」 ※「勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」 『明治三十八年 日韓交際を占(うらな)ひ筮して
「雷山小過 五」  主卦「雷山小過」(::||::)  変卦「沢山咸 」(:|||::)   ---略---  ---◇「占例 小過五爻、友人某ノ運気ヲ占フの事。 」  https://t.co/U613O7JFbP
https://t.co/U613O7JFbP 「国会図書館蔵、高島易断増補版 信の章 コマ番57- 」 「小過 上五」 ※「勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」 『 六五。密雲不雨。自我西郊。公弋取彼在穴。 象伝曰。密雲不雨。已上也。
「三爻 爻辞 不節若則嗟若。无咎。」 「節若たらざればすなわち嗟若たり。咎なし。」 「象に曰く、節せざるの嗟きとは、又誰をか咎めん。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/U613O7JFbP
https://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「88-」 「未済 上」占例 「勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」 『「占例」明治十二年、親友某、来たりて、某豪商の菅家(ばんとう)某
「象に曰く、酒を飮みて首を濡らすとは、また節を知らざるなり。 」 「象伝」 酒を飲んで首を濡らすと云うのは、やはり節制する事を  知らぬのである。 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) https://t.co/U613O7JFbP
◇「占例」「友人某の運気を占ふの事」 https://t.co/U613O7JFbP 「国会図書館蔵、高島易断増補版 信の章 コマ番75- 」 「既済 上六」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」
「その首を濡らす。厲(あや)うし。」 「象に曰く、その首を濡らす、厲うしとは、何ぞ久しかるべけんや。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左 ) ◇ https://t.co/U613O7JFbP 「国会図書館蔵、高島易断増補版 信の章 コマ番74- 」
※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左 ) https://t.co/U613O7JFbP 「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻「風水渙ー火水未済」 高島嘉右衛門著 コマ番 69 」「既済六四 」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」
◇「易より追加」 「水沢節 二」(:|::||)変卦「水雷屯」(:|:::|) 「九二、不出門庭。凶。」 「象伝曰。不出門庭。凶。失時極也。」 https://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「23-」 「節 二」解説
「象に曰く、三年にしてこれに克(か)つとは、憊(つか)れたるなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左 ) https://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 増補高島易断増補版 信の巻 コマ番 67  「既済九三 」
如き、是(こ)れなり、宜しく其の分に安んずべし、身に及ばざる大望 (だいもう)(おおひなるのぞみ)を起こすは凶なり、---略--- 』 http://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「51-」  「雷山小過 初 占例」
なり、故に不宜上。宜下。大吉。と曰ふ、 ---略--- 』 http://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「51-」  「雷山小過 初 解説」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」
本来はもっと手抜きしないとイケナイのです。} http://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「46」  「雷山小過解説」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」
※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) http://t.co/U613O7JFbP 「国会図書館蔵、高島易断増補版 信の章 コマ番85- 」 「九 四解説」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」
◇「易からの追加」(健康保険制度の維持の為に。 ヤマト運輸さんが見本) 「雷山小過 初」(::||::)変卦「雷火豊」(::||:|) 「初六、飛鳥以凶。」 「象伝曰。飛鳥以凶。不可如何也。」 http://t.co/U613O7JFbP
http://t.co/U613O7s4kh 国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「54-」  「雷山小過 三」「占例」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『「占例」一日横浜弁天通の商人、橘屋磯兵衛(たちばなやいそべえ)
http://t.co/U613O7s4kh 国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「54-」  「雷山小過 三」「占」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『「占」才力あらいて上(かみ)に立つと雖(いへど)も、位置不正にして、
「過ぎてこれを防がざれば、従いてあるいはこれをそこなう。凶なり。」 「象に曰く、従いて或いはこれをそこなうとは、凶なること如何せん。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) http://t.co/U613O7s4kh
「その輪を曳き、その尾を濡らす。咎なし。 」 「象に曰く、その輪を曳くとは、義として咎なきなり。 」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) http://t.co/U613O7s4kh 国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「65-」 「既済 初九」占例
◇「雷山小過 初」(::||::)変卦「雷火豊」(::||:|)  「初六、飛鳥以凶。」  「飛鳥以凶。不可如何也。」  http://t.co/U613O7JFbP  国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「51-」   「雷山小過 初 解説」
http://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「51-」  「雷山小過 初 解説」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『 「占」 徳なく才なく、唯僥倖を是(こ)れ求めて、遂に災(わざはひ)に罹り、難に
◇「水沢節 上」(:|::||)変卦「風沢中孚」(||::||) 「上六、苦節。貞凶。悔亡。」 「苦節、貞凶。其道窮也。」 http://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 コマ番「32-」  「節 上」解説
http://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「45-」 「中孚 九五」解説 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を 『  上九、翰音登于天。貞凶。 象伝曰。翰音登于天。何可長也。
http://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「87-」 「未済 上」解説 「勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」 『 ---略---  然れども其の溺(おぼ)るるに及びて、身を損するは、
///// 引用ここまで ///// 問題はバルチック艦隊がどの海峡を通過するかに日本の命運がかかっていた わけです。 http://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「166- 」 巻末附録
「象伝曰。曳其輪。義无咎也。」 http://t.co/U613O7JFbP 「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻 高島嘉右衛門著 コマ番 63 」 「既済 象曰 」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『大象曰。水在火上既濟。君子以思患而預防之。
http://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 コマ番「80-」 「未済 大象解説」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『 ---略--- 未済(びせい)とは未だ交わらずと云ふの義にして、 ---略---
北海道炭坑鉄道の占などは、会計監査院でしたかの監査が、嘉右衛門さんの  名前で納得されたとか ・・・) ということで、 http://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「147- 」 下関事件の償金を横浜開港の原資とするの顛末占
◇「呑象嘉右衛門テキスト引用」  http://t.co/U613O7JFbP  国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「4-」   「渙」卦解説   「勝手解釈につき原文の確認と文章利用の際は一報を」
http://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 コマ番「32-」  「節 上」解説 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『「占」己(おのれ)が方向大いに過(あやま)てるを悟るべし、若(も)し
※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左)  http://t.co/U613O7JFbP 「国会図書館蔵、高島易断増補版 信の章 コマ番85- 」 「九 四解説」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」
http://t.co/U613O7JFbP 高島易断増補版 信之巻 コマ番 1~194 1-20 渙 節  21-40 節大象 中孚二 41-60 中孚二 既済 61-80 既済 未済初  81-100 未済初 上 付録神道実用論
http://t.co/U613O7JFbP 信、渙節中孚小過既済未済、占例 ************
ヲ企テ。資本金ノ工夫中ノ如シ。是レ深ク水ヲ蓄フルノ意ナリ。 又兌ノ初二居ル。是レ大事ヲ思ヒ立チ。他二言ヲ漏サザルノ象アリ。 言行ヲ慎密二スルトキハ。咎ナキヲ得ヘシ』 http://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「23-」
し、相共(あひとも)に溺死(できし)(おぼれしぬ)するがごとし、 宜(よろし)く思慮すべきなり、 ---略--- 』 http://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「65-」 「既済 初九」占例
「象に曰く、その輪を曳くとは、義として咎なきなり。 」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) http://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「64-」 「既済 初九」解説
http://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「88-」 「未済 上」占例 「勝手意訳につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」 『「占例」明治十二年、親友某、来たりて、某豪商の菅家(ばんとう)某
「象に曰く、酒を飮みて首を濡らすとは、また節を知らざるなり。 」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) http://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「87-」 「未済 上」解説
http://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「53-」  「雷山小過 二 占例」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『「占例」明治十八年七月、余暑を避けて、伊香保(いかほ)に遊ぶ、偶々
「象に曰く、その君に及ばずとは、臣は過ぐべからざるなり。 」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左) http://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「52-」  「雷山小過 二 解説」
「象に曰く、苦節は貞なれば凶なりとは、その道窮まればなり。 」 ※(典拠は「岩波文庫易経」ヨリ、以降引用は同左) ---◇「株式の高下を占す、」 http://t.co/U613O7s4kh 「国会図書館蔵、高島易断増補版 信の章 コマ番32- 」
---◇「占例、小過上」「友人某の運気」  http://t.co/U613O7JFbP  「国会図書館蔵、高島易断増補版 信の章 コマ番58- 」  「小過 上六」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用)  ※「勝手意訳、勝手解釈につき原文の確認と文章利用の際は一報を」
『 字幕【テキサス親父】グレンデール市議会の日本叩き確定 』  「雷山小過 上」  ---略---  ---◇「小過上」「占解説」  http://t.co/U613O7JFbP  「国会図書館蔵、高島易断増補版 信の章 コマ番58- 」  「小過 上六」
http://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「51-」  「雷山小過 初 占例」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『 「占例」 友人某、来たりて、事の成否を占(うらな)はんことを請ふ、乃ち筮して
http://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「51-」  「雷山小過 初 解説」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『  初六、飛鳥以凶。  象伝曰。飛鳥以凶。不可如何也。
http://t.co/U613O7JFbP 国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「46」  「雷山小過解説」 「勝手意訳につき原文の確認及び、文章利用の際は一報を」 『 小過。亨。利貞。可小事。不可大事。飛鳥遺之音。不宜上。宜下。大吉。
※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左)  http://t.co/U613O7JFbP 「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻「風水渙ー火水未済」 高島嘉右衛門著 コマ番 67 」「既済九三 」 「勝手解釈につき原文の確認及び文章利用の際は一報を」
この爻は韓国に対しては占例豊富でありますので、少し占例を ピックアップしてみましょう。 先ずは呑象嘉右衛門テキストから。 ---◇「占例 友人の運気」 http://t.co/U613O7JFbP 「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻「風水渙ー火水未済」
「繻(ぬ)るとき衣(い)じょあり。終日戒む。」 「象に曰く、終日戒むとは、疑うところあればなり。」 http://t.co/U613O8iRIt 「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻「風水渙ー火水未済」
「象に曰く、節せざるの嗟きとは、又誰をか咎めん。」  ※(上記スコットランド独立の可否より引用)  http://t.co/Y3YN5khLyX  「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻   高島嘉右衛門著 コマ番28- 」「水沢節 六三 」
---◇「占例、小過上」「友人某の運気」 http://t.co/Y3YN5khLyX 「国会図書館蔵、高島易断増補版 信の章 コマ番58- 」 「小過 上六」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用) ※「勝手意訳、勝手解釈につき原文の確認と文章利用の際は一報を」
---◇「小過上」「占解説」 http://t.co/Y3YN5khLyX 「国会図書館蔵、高島易断増補版 信の章 コマ番58- 」 「小過 上六」 ※「勝手意訳、勝手解釈につき原文の確認と文章利用の際は一報を」
ということで話を元に戻しますと、この「渙 二」は「天地否」(|||:::) から来ているんですね。 ◇「呑象嘉右衛門テキスト引用」 http://t.co/Y3YN5khLyX 国会図書館蔵 高島易断増補版 信之巻 コマ番「4-」  「渙」卦解説
http://t.co/Y3YN5khLyX 国会図書館蔵 高島易断増補版 信の巻 コマ番「68-」 「既済 九三」解説  「勝手解釈につき、原文の確認及び文章利用の際は一報を」 『 「占」天理に従(したが)ひて、事を企(くわだ)つれば、遅くも成し
「敵を得たり。あるいは鼓ち、あるいは罷(や)め、あるいは泣き、  あるいは歌う。」 「象に曰く、あるいは鼓しあるいは罷むとは、位当たらざればなり。」  ---◇「国会図書館蔵 増補高島易断」  http://t.co/43cbk8hL4d
---◇「呑象嘉右衛門テキスト引用」 http://t.co/43cbk8hL4d 「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻「風水渙ー火水未済」 高島嘉右衛門著 コマ番 13 」「 渙 六四 」 「勝手意訳」 ---◇「占例 上記典拠継続 、女商人難船ノ是否 」 ---略---
---◇「呑象嘉右衛門テキスト引用」 http://t.co/43cbk8hL4d 「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻「風水渙ー火水未済」 高島嘉右衛門著 コマ番 13 」「 渙 六四 」 「勝手意訳」
http://t.co/43cbk8hL4d 「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻  高島嘉右衛門著 コマ番28- 」「水沢節 六三 」 (合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用)
 http://t.co/43cbk8hL4d  「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻「風水渙ー火水未済」  高島嘉右衛門著 コマ番15-16」「渙 上九 」  (合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用)
---◇「株式の高下を占す、」 http://t.co/43cbk8hL4d 「国会図書館蔵、高島易断増補版 信の章 コマ番32- 」 「上六」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用) 「勝手意訳」 『「占例」或る人来たりて、株式の高下を占はんことを請フ、
《 http://t.co/43cbk8hL4d   「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻「風水渙ー火水未済」  高島嘉右衛門著 コマ番 67 」「既済九三 」  (合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用 )  『九三。高宗伐鬼方。三年克之。小人勿用。  
---◇「占例」「友人某の運気を占ふの事」 http://t.co/43cbk8hL4d 「国会図書館蔵、高島易断増補版 信の章 コマ番75- 」 「既済上六」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用) ※「勝手意訳」
「婦そのふつを喪(うしな)う。逐(お)うことなかれ。七日にして得ん。 」 「象に曰く、七日にして得んとは、中道をもってなり。 」 ---◇「占例、某貴顕の勲章の有無」 http://t.co/43cbk8hL4d 「国会図書館蔵、高島易断増補版 信の章 
日本側としても常にも増して警戒が必要になってくるわけ です。 ---◇「占例、小過上」「友人某の運気」 http://t.co/43cbk8hL4d 「国会図書館蔵、高島易断増補版 信の章 コマ番58- 」 「小過 上六」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用)
「爻辞 繻有衣じょ。終日戒。」 「繻(ぬ)るとき衣(い)じょあり。終日戒む。」 http://t.co/43cbk8hL4d 「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻「風水渙ー火水未済」 高島嘉右衛門著 コマ番 69 」「既済六四 」 (合略仮名、当用漢字に
---◇「占例」「既済六二、某貴顕の叙勲の是否」 http://t.co/43cbk8hL4d 「国会図書館蔵、高島易断増補版 信の章 コマ番67- 」 「既済六二」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用) ※「勝手意訳」
---◇「易卦解読本題」 「水火既済 二」 主卦「水火既済」(:|:|:|) 変卦「水天需 」(:|:|||) http://t.co/43cbk8hL4d 「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻 「風水渙ー火水未済」
http://t.co/43cbk8hL4d 「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻「風水渙ー火水未済」 高島嘉右衛門著 コマ番 67 」「既済九三 」 (合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用 ) 『九三。高宗伐鬼方。三年克之。小人勿用。  象傳曰。三年克之。
---◇「易卦解読本題」 「水火既済 三」 主卦「水火既済」(:|:|:|) 変卦「水雷屯 」(:|:::|)  http://t.co/43cbk8hL4d 「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻 「風水渙ー火水未済」 高島嘉右衛門著 コマ番 59 」
故ニ 進ムベカラス。堅固ニ其位置ヲ守リテ。時ヲ俟(マ)ツベシ。 然ルトキハ。自然ニ。其運開クルニ至ルベシ』 ---◇「渙九ニ 占例    」 http://t.co/43cbk8hL4d 「国会図書館蔵、高島易断増補版 信の章 コマ番11- 」 「渙九ニ」
---◇「占例 小過五爻、友人某ノ運気ヲ占フの事。 」 http://t.co/43cbk8hL4d 「国会図書館蔵、高島易断増補版 信の章 コマ番57 - 」 「小過六五」(合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用 『「占例」友人某来リテ、運気ヲ占ハンコトヲ請フ、
---◇「占例」 「東学党の乱、門人朴泳孝氏依頼ニ依ル朝鮮国の前途ヲ占フノ事。」 http://t.co/43cbk8hL4d 「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻「風水渙ー火水未済」 高島嘉右衛門著 コマ番 14- 」「渙 九五占例 」 (合略仮名、当用漢字に無きは
シテ、宗廟既ニ立チ、帝ヲ亨ス ルノ位定マレバ、祖考ノ精神聚マリテ、天下ノ心始メテ繋グ所アリ、  ---略--- 』 http://t.co/43cbk8hL4d 「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻「風水渙ー火水未済」 高島嘉右衛門著 コマ番 7-8 」「渙 象曰 」
---◇「易卦解読本題」 「風水渙 五」 主卦「風水渙 」(||::|:) 変卦「山水蒙 」(|:::|:)  http://t.co/43cbk8hL4d 「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻「風水渙ー火水未済」 高島嘉右衛門著 コマ番 3 」「 渙 」
---◇「占例 友人某ノ運気ヲ占フ」 http://t.co/43cbk8hL4d 「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻「風水渙ー火水未済」 高島嘉右衛門著 コマ番11-12」「渙 六三 」 (合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用)
勿用。永貞。」 「咎なし。過ぎずしてこれに遇う。往けば厲(あやう)し。  必ず戒むべし。永貞を用うることなかれ。 」 ---◇「占例 友人某の運気ヲ占フ 」 http://t.co/43cbk8hL4d 「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻「風水渙ー火水未済」
---◇「占例 友人の運気」 http://t.co/43cbk8hL4d 「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻「風水渙ー火水未済」 高島嘉右衛門著 コマ番84」「既済 六三 」 (合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用) 『「占例」友人某来リテ、運気ヲ占ハンコトヲ請フ、
ということで http://t.co/43cbk8hL4d 「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻「風水渙ー火水未済」 高島嘉右衛門著 コマ番 12 」「 渙 六四 」 (合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用) 『「占」高才達識ノ賢者座ナラニシテ天下ノ艱難ヲ済フ、
---◇「結論」   「風水渙 四」 主卦「風水渙 」(||::|:)⇔世間目線「水沢節」 変卦「天水訟 」(|||:|:)⇔世間目線「天水訟」 http://t.co/43cbk8hL4d 「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻「風水渙ー火水未済」 高島嘉右衛門著 
---◇「易卦解読本題」 「風水渙 四」 主卦「風水渙 」(||::|:) 変卦「天水訟 」(|||:|:) http://t.co/43cbk8hL4d 「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻「風水渙ー火水未済」 高島嘉右衛門著 コマ番 3 」「 渙 」 (合略仮名、
疑うところあればなり。」 ※(典拠は「岩波文庫易経」より、以降引用は同左。) http://t.co/43cbk8hL4d 「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻「風水渙ー火水未済」 高島嘉右衛門著 コマ番 69 」「既済六四 」 (合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用 )
http://t.co/43cbk8hL4d 「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻  高島嘉右衛門著 コマ番28- 」「水沢節 六三 」 (合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用)   『 節ノ時二當リテ、倹制省約スルコト能ハズ、巳レヲ行フ度ナク、財ヲ 傷リ、徳ヲ敗ル二至ル、
---◇「占例 抜粋引用 未済 初」 http://t.co/43cbk8hL4d 「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻 「火水未済」 高島嘉右衛門著 コマ番 81 」「未済 初」 (合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用)   『「占例」友人某来リテ製造事業ノ成否ヲ
疑うところあればなり。」   http://t.co/43cbk8hL4d 「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻「風水渙ー火水未済」 高島嘉右衛門著 コマ番 69 」「既済六四 」 (合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用  
 http://t.co/43cbk8hL4d  上記 増補高島易断 信の巻「風水渙ー火水未済」  高島嘉右衛門著 コマ番15-16」「渙 上九 」  (合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用)  ---略---  ---略---
「象に曰く、その血を渙らすとは、害に遠ざかるなり。 」  http://t.co/43cbk8hL4d  「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻「風水渙ー火水未済」  高島嘉右衛門著 コマ番8」「渙 象曰 」  (合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用)  ---略---
http://t.co/43cbk8hL4d 「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻「風水渙ー火水未済」 高島嘉右衛門著 コマ番11-12」「渙 六三 」 (合略仮名、当用漢字に無きは修正の後引用)    《「占」我ガ艱難ノ時、上位ノ人ヨリ、我ガ得意タル事を依頼セラレ、
---◇「易卦解読本題」 主卦「水火既済 五」(:|:|:|) 変卦「地火明夷  」(:::|:|) http://t.co/43cbk8hL4d 「国会図書館蔵 増補高島易断 信の巻「風水渙ー火水未済」 高島嘉右衛門著 コマ番74」「既済 九五」

収集済み URL リスト