著者
中嶋 真弓
出版者
愛知淑徳大学文学部
雑誌
愛知淑徳大学論集. 文学部篇 (ISSN:13495496)
巻号頁・発行日
no.43, pp.99-111, 2018-03-16

特定課題研究

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 2 favorites)

中嶋真弓(2018)「明治末期から大正初期の書簡文指導の在り方」『愛知淑徳大学論集. 文学部・文学研究科篇』43: 99-111. https://t.co/c5VfrJuSPo 近代公教育の開始とともに「手紙の書き方」が教育の一部になるのはイランと同じだ(寺子屋の読み書き教育における「消息」との連続性はあるのだろうか?

収集済み URL リスト