著者
朴 仁哲
出版者
北海道大学大学院教育学研究院
雑誌
北海道大学大学院教育学研究院紀要 (ISSN:18821669)
巻号頁・発行日
vol.106, pp.103-117, 2008-12-18

朝鮮総督府は,1931年の「満州事変」以降,東亜勧業株式会社(以下東亜勧業)を通して,1932年から1935年にかけて,「満州」に五ヵ所の「安全農村」を建設した。1945年に「安全農村」は日本の敗戦により「満州国」とともに崩壊した。その歴史は今からそれほど遠くない70年前のことであるが, 実際に五ヶ所の「安全農村」でのフィールドワークを通して,「安全農村」に関する記憶が継承されず風化していることを痛感した。「安全農村」を検討対象にした研究は,さほど多くはない。「安全農村」は,これまでの先行研究においては,文献資料によるマクロの視点で考察されてきている。筆者は先行研究での論考を踏まえたうえで,本稿で朝鮮人移民一世(以下移民一世)のライフ・ヒストリーによるミクロの視点で「安全農村」について考察したい。「安全農村」で暮らし,体験したライフ・ヒストリーは,移民一世の個人史でありながら,彼らを取り巻くその時代の社会史でもあると考える。本稿の目的は,「安全農村」で暮らした移民一世の証言に基づき,「安全農村」の建設から瓦解に至るまでの事態の細部を明らかにし,「満州国」の社会史の一断面を照らし出すことである。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (10 users, 10 posts, 0 favorites)

@tcv2catnap それを言ったって 『なぜ満州にチョウセン人がいるの?』つうネトウヨが殆どだから 言説そのものが伝わらんのだよね!! https://t.co/rimDluRi5R「満州」における朝鮮人「安全農村」に関する一考察 : 朝鮮人移民一世への聞き取り調査を通 して
第二次大戦中に「鮮人安全農村」というものがあって1932年から1935年にかけて,朝鮮人の「満州国」移民政策の拠点として五ヵ所建設された。先住民である中国東北人からの襲撃を免れるために日本軍(多分関東軍)の庇護下に朝鮮人が進出した。http://t.co/3mMEYjoAza

収集済み URL リスト