著者
鈴木 正美
出版者
北海道大学スラブ研究センター
雑誌
スラブ・ユーラシア研究報告集
巻号頁・発行日
vol.1, pp.47-58, 2008-12

共産圏の日常世界. 望月哲男編

言及状況

Facebook (1 users, 1 posts)

ドイツ占領後のパリにカウンターの熱がその後のサンジェルマン=デ=プレに文化の熱が帯びてTABOUが出来、 海向こうのイギリスでは若き労働者がソウルに目覚めてモッズになりスクーターを駆けてナイトグラブに行き、 アメリカに並ぶ大国になったソビエトでは文化抑制下で踊る事を求めてスティリャーギが蠢き、 一方でニューヨークでは後のレジェンドになるジャズメン達が地下のグラブで酒と演奏とイリーガルを愉しみ、 敗 ...

Facebook における性別

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

へぇ~ 1960年代のジャズ・フェスティバルと聴衆 : HUSCAP #Melodiya https://t.co/jG7YMvbd3U
元創作ダンス部の知識から言うと、ミュージカル映画の歴史は意外と古く、 あのソビエト連邦の初期のころにも、 『陽気な若者達』という映画がある。

収集済み URL リスト