著者
佐々木 星太朗 白木 善尚
雑誌
研究報告音楽情報科学(MUS)
巻号頁・発行日
vol.2013-MUS-99, no.36, pp.1-6, 2013-05-04

歌唱合成音声とは,音声合成・デスクトップミュージック(DTM)ソフトウェア等を用いて,コンピュータ上で生成された歌唱音声である.本研究では,歌唱合成音声のハスキーボイス化の方法を提案する.ハスキーボイス化の基本的な手法は,音声信号の声帯情報である残差信号に処理を加える「残差変換」である.この「残差変換」について本研究では二種類の方法を提案している.さらに「残差変換」処理後の音質向上を図るためイコライザーの応用を試みる.また残差信号の振幅情報から「残差変換」処理のレヴェルを決定することによって,ハスキーボイスの自動生成を行なう.提案した二種類の「残差変換」法,イコライザ一応用法,自動生成法,の4つの手法を用いて合成した音声の聴取実験を行い,魅力的なハスキーボイス化のためにはどのような手法や指標に有用性があるのかについて,検証する.

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

ハスキー? https://t.co/wpP774N8if
#浅香唯 任意の曲を 「Thanks a lot」化する 高精度デジタルフィルタを開発する。 https://t.co/mPLr9bZux0

収集済み URL リスト