著者
原 健太 加藤 淳 後藤 真孝
雑誌
研究報告音楽情報科学(MUS) (ISSN:21888752)
巻号頁・発行日
vol.2016-MUS-112, no.8, pp.1-7, 2016-07-23

本稿では,DJ 機器および DJ システムをプログラミングで制御可能にすることで,コンピュータと人間が共同でミックスを行う DJ プレイ手法を提案する.ユーザは,事前にプログラミングしておくことで,つまみを 6 つ高速かつ正確に同時に動かすなど,人間には難しい制御を披露できる.さらに,即興でプログラミングすることも可能で,その場の雰囲気に合わせた選曲変更に対応したり,プログラムのパラメタを調整したりして,コンピュータとの B2B プレイ (Back-to-back; 2 人の DJ が交互に選曲する協力プレイ) ができる.

言及状況

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

プログラムが書けるDJに読んでほしい研究報告。面白い取り組みだと思う。DJブースでコードを書く日も遠くないかもしれないですよ「DJCoder: DJシステムと密に連携したプログラミング環境」→ 情報学広場:情報処理学会電子図書館 https://t.co/tVxqe0ClCx

収集済み URL リスト