著者
山崎 晃男 Teruo YAMASAKI
雑誌
大阪樟蔭女子大学人間科学研究紀要
巻号頁・発行日
vol.8, pp.221-232, 2009-01-31

音楽が感情を表現したり喚起したりするという考えは,時代や洋の東西を問わず,広く行き渡っ たものである。実際,多くの哲学者や音楽理論家,科学者がそのような考えに対して,繰り返し支持 を表明している。心理学においても,音楽と感情の関係について数多くの研究がなされている。本論 文では,そうした音楽と感情の関係についての心理学的研究を以下の三つの研究領域に分類した上で, 各々について概観しているO ここで分類を行った三つの研究領域とは,音楽の感情的性格についての 研究,音楽による感情喚起についての研究,音楽を通した感情的コミュニケーションの研究である。 音楽の感情的性格についての研究とは,楽曲に対して聴取者が知覚する感情的な性格についての研究 であり,一方,音楽による感情喚起についての研究とは,楽曲が聴取者に引き起こす感情的反応につ いての研究である。音楽を通した感情的コミュニケーションについての研究とは,演奏者から聴取者 への感情的意図の伝達についての研究である。本論文では, これらについて概観した後,各研究領域 が抱える研究上の課題について論じている。

言及状況

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

https://t.co/9qRRbnAmV5 音楽と心理学についての論文です
https://t.co/fE5LfGD3uG

収集済み URL リスト