著者
松田 英子

本論文の目的は, 睡眠不足大国日本となった現在, 睡眠障害に対して治療上のエビデンスのある有効な心理支援について論じることにある。睡眠障害のうち, 不眠症と悪夢障害を取り上げ, それらの症状に関連するパーソナリティやストレスを含めた要因を整理し, 認知行動療法による症例研究を報告する。睡眠障害の改善に対する行動医学的視点の重要性について論じた。

言及状況

Twitter (2 users, 3 posts, 1 favorites)

睡眠障害に対する行動医学的・心理学的支援の動向-不眠症および悪夢障害に対する認知行動療法- pdf https://t.co/ToYeAbZNIB

収集済み URL リスト