著者
片桐 秀晃 中根 允文
出版者
医学書院
巻号頁・発行日
pp.375-382, 2013-04-15

抄録 双極性障害(躁うつ病)について,日本における一般住民の認知度,疾患に対するイメージ,および社会的距離について,また双極性障害の具体的な症例を各病相で提示し,各病相に対する認識についてインターネットを利用して調査した。「双極性障害」については72.8%が「聞いたことがない,知らない」と回答し,双極性障害の疾患としての認知度が低いことが示唆された。さらに社会的に否定的な態度やイメージを持たれている現状が示されるとともに,躁状態はうつ状態に比較し,病気として認識されにくい傾向が認められた。双極性障害が適切に診断・治療され,長期的な転帰を改善するためには,当事者や関係者だけでなく,広く一般住民における疾患の認知(適切な病相の認識)と理解が必要であると考えられた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 7 posts, 45 favorites)

ネット調査(日本イーライリリー、長崎大学、2013年)によると「双極性障害」については72.8%が「聞いたことがない、知らない」と回答し #双極性障害 の疾患としての認知度が低いことが示唆されました。 双極性障害に関するインターネットによる認知度調査 https://t.co/xU1ldbZPG5

収集済み URL リスト