著者
多々良 大輔
出版者
医学書院
巻号頁・発行日
pp.325, 2020-03-15

早いもので理学療法士となって23年目となる.楽しいことばかりではないが,よい職業を選んだと心から思えるようになった.多くの恩師からの学び,同志と言える方々との出会いの影響が大きいことは言うまでもない.そのなかでもいくつかのターニングポイントがあった. 脳卒中や脳性麻痺など中枢神経疾患を有する方々への診療を行っていたリハビリテーション病院勤務から整形外科病院へ異動した当時,本欄第6回(2019年11月号)を担当した田中創氏とともにカナダの理学療法士Diane Lee氏の講習会に参加した.衝撃的であった.瞬時に機能障害を見抜く洞察力と細かい検査に基づいた治療は当時自分が模索していたかたちであり,今なお進化し続ける彼女のモデルは現在の私の診療における骨格となっている.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 2 favorites)

「腰痛に対するリハビリテーション」講師 多々良大輔先生の記事(理学療法ジャーナル)です。 https://t.co/3Stp2001qP 無料版では一部のみですが、多々良先生のお人柄を感じることができます。リハオンスタッフの私も… https://t.co/OjYdnL80ix

収集済み URL リスト