著者
丹野 翔伍 髙島 一昭 山根 剛 山根 義久
出版者
動物臨床医学会
雑誌
動物臨床医学 (ISSN:13446991)
巻号頁・発行日
vol.22, no.2, pp.49-52, 2013-06-20 (Released:2014-12-06)
参考文献数
5

6カ月齢と11カ月齢の雑種猫が,人用に市販されている乾燥スルメイカを摂食した後に嘔吐したとの主訴で来院した。富士フィルムメディカル株式会社DRI-CHEM7000V(以下,DRI-CHEM)を用いた血液検査にて,2症例ともに血中クレアチニン濃度の著しい上昇が認められた。皮下輸液および制吐処置などの治療により,翌日にはクレアチニン濃度は正常に回復し,臨床症状も消失した。 後日,健常猫を用いて乾燥スルメイカの摂食試験を行った。その結果,前述の臨床例と同様に,嘔吐およびDRI-CHEMを用いた血液検査で血中クレアチニン濃度の上昇が認められた。しかし,同検体を酵素法で測定したところ血中クレアチニン濃度の上昇は認められなかった。したがって,猫が乾燥スルメイカを摂食した場合,DRI-CHEMでは偽高クレアチニン血症を生じることが判明した。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 4 posts, 17 favorites)

@marin_330 @juisan1013 @DConedish スルメイカに関しては、イカに含まれるクレアチニンが影響するわけではなく、ドライケムの測定法に影響を与えるからアーティファクトとしてクレアチニンが上がるそうです。… https://t.co/KMV1eztYVd
乾燥スルメイカを食べるとドライケムでは偽高クレアチニン値が出るらしいです! 私の知識不足で皆さん知っていたのかもしれませんが、要注意ですね。BUNは影響を受けないので、BUN正常でクレアチニンだけ上がっている場合にはスルメイカの疑… https://t.co/VJ6dSxEEjc

収集済み URL リスト