著者
片山 正昭
出版者
一般社団法人 電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review (ISSN:18820875)
巻号頁・発行日
vol.2, no.1, pp.1_35-1_47, 2008-07-01 (Released:2011-05-01)
参考文献数
49
被引用文献数
2

高周波信号を電力線に重畳することで通信を行う電力線通信には,多種多様な用途や方式がある.本稿では,電力線通信の研究を振り返る.特に最も一般的な,商用電源の低圧配電線や屋内配線を用いる電力線通信を中心に電力線通信での信号チャネルの特異性について述べ,そのような環境での通信方式の幾つかを紹介する.更に低圧商用電源以外の電力線を用いるシステムの幾つかを紹介し,電力線通信が実用面における可能性だけでなく,学術的,技術的にも興味深いものであることを解説する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (10 users, 14 posts, 1 favorites)

RT@rirnrin9999 ・・送電線を利用した音声通信等は戦前から利用されてきた・・https://t.co/WxWFcQUvrU
RT@rirnrin9999 商用電源の配送電線を用いた通信の歴史は古く、送電線を利用した音声通信等は戦前から利用されてきた。電灯線を伝送路とした長波帯を用いラジオ放送を行う有線放送https://t.co/dBafzfeLWL 2000年頃から研究 スペクトル拡散

収集済み URL リスト