著者
西尾 嘉朗
出版者
日本水文科学会
雑誌
日本水文科学会誌 (ISSN:13429612)
巻号頁・発行日
vol.43, no.4, pp.119-135, 2013-11-30 (Released:2014-01-16)
参考文献数
46
被引用文献数
2

地殻深部流体は,地震発生や火山噴火といった地殻活動において重要な役割を担う。しかし,多くの地球化学指標は表層水の影響を大きく受けやすいため,これまで深部流体の物質科学的研究は遅れていた。比較的新しい研究ツールであるリチウム(Li)の同位体指標は,この地殻深部流体に関する非常に強力な研究ツールであることが最近の研究から明らかになりつつある。近年,地下水のLi同位体データを基に,木曽御嶽火山の南東麓で現在も続く群発地震に関与する流体が非火山性の深部流体であることが明らかとなった。内陸大地震発生に大きく関わる間欠的な深部流体の上昇は,下部地殻の深部流体だまりを覆う難透水層(帽岩)の破れによるものかもしれない。リチウム同位体指標によって,この深部流体が上昇する『水漏れ現象』に関してより高度な知見を我々にもたらしてくれる事が期待される。

言及状況

外部データベース (DOI)

Facebook (1 users, 1 posts)

木曽御嶽火山関連リンク [連合大会スペシャルセッション 要旨付プログラム] ・2009年『御岳火山-火山活動と群発地震-』 要旨付プログラム http://t.co/rLfa333jmY ・2004年『御岳火山-火山活動と群発地震-』 要旨付プログラム http://t.co/6vOVdwfAW7 [まとめサイト] ・2004年御嶽火山集中観測の成果とこれまでの研究成果 http://t.c ...

Facebook における性別

Twitter (10 users, 16 posts, 16 favorites)

[地殻流体関連論文2-当研究室関連分] 西南日本におけるスラブ起源深部流体の分布と特徴 https://t.co/CphpASoXjn リチウム同位体による地殻流体研究の新展開 https://t.co/dze9kRq8yz
2007年以降にマントルの固体試料を用いた研究は当研究室では休止して地殻深部流体試料にシフトしました。これはEM1同様に異常に軽いLi同位体が見つかったからで,将来的には固体試料の議論とリンクさせたいと思っています。 https://t.co/lx0Qqft9iR
高知大学 地殻流体研究室の深部流体研究に興味のある方は,ぜひ下記webサイトから簡単にまとめられた邦文(PDF)をダウンロードしてぜひごらんください! https://t.co/2WuMcxT4pN
[研究室紹介] 高知大学 地殻流体研究室では,新しいツールでリチウム同位体を武器に特に『前弧域でスラブ起源流体が上昇する水みち』と『水みちを上昇する深部流体量の時間変動』に着目した調査研究を行っています。 上の内容に関する邦文総… https://t.co/WP0jv2ymU3
@KochiKaitei この研究に興味をもっていただけて,さらに知りたい方は,以下に日本語の説明記事がありますのでごらんください(PDF) https://t.co/hAqUOgx0LS
内陸大地震も海溝と同様に,地震前から水漏れ(深部流体の上昇)が始まっているという説に強い関心を持っています。興味ある方は次のPDF(邦文)の後半部分(特に図)をごらんください。→ https://t.co/M1vPsMlpYN

収集済み URL リスト