著者
岡野 裕行
出版者
情報メディア学会
雑誌
情報メディア研究 (ISSN:13485857)
巻号頁・発行日
vol.9, no.1, pp.15-35, 2010-11-01 (Released:2010-11-01)
参考文献数
40
被引用文献数
1

文学館に関する図書は,ガイドブック (日本全国の文学館の概略紹介) の形態で,これまでに 18 点出版されている.それらの収録内容を,独立系文学館,依存系文学館,転用系文学館,非文学館の 4 形態に分類して個々の特徴を見いだし,その結果を比較検討すると,その歴史的変遷は大まかに 4 期間 (1980 年代以前,1980 年代~1990 年代初頭,1990 年代中頃,1990 年代末~現在) に分けられる.それらは <文庫> という一般名詞で呼ばれていた「<文庫> の時代」, <文庫> と併記する形で <記念館> という用語が用いられた「<記念館> の時代」, <文庫> という用語の使用例が減少し, <文学館> という用語が普及し始めた「<文学館> の時代の到来と <文庫> の時代の終焉」, <文学館> という用語が一般名詞として確立された「<文学館> の時代」というような,4 段階の発展を見せている.すなわち, <文庫> の代わりに <文学館> という用語が一般名詞として広く使用されるようになったのは,わずかにここ十数年間の出来事と見なすことができる.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 2 posts)

Twitter (1 users, 1 posts, 1 favorites)

@ivory_rene 建物じゃない団体名に「文学館」という名称が使われるくらい一般に普及した用語になったってことですね。とある出版社のシリーズ名に含まれる「文学館」も同じようなものですね。私がこの論文で扱った内容っぽいです。 http://t.co/zzJCUDB3

収集済み URL リスト