著者
浅輪 貴史
出版者
公益社団法人 日本冷凍空調学会
雑誌
日本冷凍空調学会論文集 (ISSN:13444905)
巻号頁・発行日
pp.15-28RE_OA, (Released:2015-08-31)
参考文献数
11

数値解析により,実在街区における建物からの空調排熱と対流顕熱の放出割合を明らかにした.解析システムは,屋外熱収支計算部,建物熱負荷計算部,空調用エネルギー計算部,人工排熱計算部により構成されている.12 階建の事務所ビルを対象に解析を行った結果,ガス焚吸収式冷温水発生機+冷却塔を使用する場合,空調排熱は潜熱分が大部分であるため,12 時の時点の大気顕熱負荷量には,対流顕熱が約8 割を占めた.熱源機器を空気熱源ヒートポンプチラーに変更した場合,トータルの大気顕熱負荷量が2 倍以上に増加し,空調排熱の顕熱分は対流顕熱の2 倍近くまで増加した.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

https://t.co/NCwk0JZLAH 建築とかで 変わった作りのとか 理由聞いた事あるけど 太陽の熱が こもったり 反射したりするからとか 説明されて 俺は設計出来ないから 詳しくはわからないけど 建物から 熱を… https://t.co/bJ2EE4SyCC
オーダーレベルの試算なら誰かやってないかと思ったら,環境省の資料ありました. https://t.co/zqoHJfCAcc 建物からの物も日本語で論文発見. https://t.co/lBeg86zE8Z https://t.co/HkF8UN0pJH

収集済み URL リスト