yoreyore

投稿一覧(最新100件)

『性格』というのは、『外に現れる傾向のありよう』をみて表現している言葉です。 外に現ることがない状況、外に現れるのはまちまちの状況では、性格ということは言えません。 > 人に優しくしようとか思いやりを持って接しようとすることが億劫なんです。 > 根拠もないですが心が善です > とも思っていないし、とも思っています、ばかり考えてしまう、気分にもなります 心と、気分と、思い、億劫  ...
https://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstre … 記憶の重要な側面は,短期記憶をいかにして長期記憶として定着させるかである。 この「短期記憶を長期記憶に定着させる方法」を記憶方略という。   平たく言えば,記憶術。 例えば以下のようなものがある。 リハーサル 頭の中で何度も繰り返す。英単語や電話番号、例文、詩や歌、公式を繰り返し唱えてみる ...
英語の辞書で「evolution」を牽いたら「1 the scientific idea that plants and animals develop and change gradually over a long period of time 2 the gradual change and development of an adea,situation,or object」とありました ...
> ゼロ磁場とは、力(磁力)が一緒で、向き(S極向き、N極向き)が違う磁気が同時に存在し、互いに均衡を保っているため磁束密度を測定すると、0か著しく低い値になっている場所と解釈しています。  このため、方位磁石を置いても方位磁石が定まらない状態と聞きます。 ★ そういう理解の仕方もあると思います。 ただ、そうではない理解の仕方もあると思います。 磁力の向きを水平方向しか考えないのではなくて垂 ...
こういうのは、webで検索するのがイイです。 http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~yashima/profil … https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT … https://www.kyoto-su.ac.jp/faculty/professors/ff … https://ja.w ...
> 地球の電気や石油などの人類にとって大切な資源が限りなく枯渇したらどうなりますか? 電気というのは「地球にある資源」ではないです。 石油というか原油は「地球にある資源」ですが、必要量がまかなえなくなりそうになれば、代替物を利用するようになります。土地のような資源でも、必要量がまかなえなくなりそうになれば、高層ビルや地下道、地下街など空間で利用できるものを利用する技術が開発され実用化され ...
私は次のように思っています。 行動中や思考中には、脳内でも活発に活動する領域が限定され、その領域にだけ血流が集中し、他の脳の領域の血流は減少して脳神経や脳内物質の活動も低下する。 行動してない、特に集中的思考をしてない状態では、脳内の活動の活発化する特定領域はなく、脳内の他の部分にも多くの血流が分散して行き渡り、例えば大脳辺縁系も活性化し、結果として情動が激しくなってしまう可能性も高まる。 ...
> これが、アメリカだったら、どうなっていたんでしょうね? ○ わかりません。 レバ・タラが、重なると、推定は困難ですし、何についてどうなっていただろうかと問うているのかも判明しないと、返事は困難です。 【捜査当局の活動に疑惑がおき、その疑惑の捜査を中止を司法長官が強制した疑いが露呈した状況で、大統領が司法長官を交替させたという】状況がUSAで起きているとき、USAでのなにについて、「どうな ...
面白そうなことが書かれていたので、どうしてだろうと強く引かれてしまいました。 長野県が結果的に明治22年の調査で識字率や就学率、卒業率で全国で最高値を上げたのは確かなようです。 長野は教育熱心と色々のところで書かれていますが、そのことはよくわかりません。 ただ、明治初期に就学率、卒業率がこの地域で高かったのは、長野県に統合されてしまった筑摩県が、偶然の事情である高官(永山盛輝)の強い指導で ...