旧江戸川乱歩邸(大衆文化研究センター) (@Rikkyo_Rampo)

投稿一覧(最新100件)

6)翻刻「踊る一寸法師」草稿(落合教幸) そして最後にご紹介するのは、乱歩が大阪に住んでいたときに記した「踊る一寸法師」草稿の翻刻です。https://t.co/wQszAoEzfN
5)江戸川乱歩『心理試験』の精神分析~典拠から技法へ、すなわちユングからラカンへ~(中原雅人) 明智小五郎が活躍する乱歩の初期作品「心理試験」の典拠を乱歩の旧蔵書から新たに見つけ出し、その翻訳引用文を、明智の名探偵ぶりの補強に用いている様を分析した論考。 https://t.co/sUoaXjWF6D
4)〈資料紹介〉亀井勝一郎「読書の態度と実際」(一九四二年)翻刻と解題(赤堀杏奈) まず悩め、迷え。それが読書には必要なんだ。その答えとなる本を探すことが、読書の楽しみなんだという『婦人講座』に掲載された文芸評論家、亀井勝一郎の読書論の翻刻解題。 https://t.co/MOS2BduW5c
3)二代目団十郎と江戸の開帳興行~不動明王を中心に~(ビュールク・トーヴェ) 初代から二代目市川団十郎が不動明王をお家芸のアイコンとしていく過程を、庶民文化の信仰とともに丁寧に追ったもの。 https://t.co/Pr462tXVQH
2)『ソヴェト文化』総目次(吉田則昭) 戦後の雑誌『ソヴェト文化』の総目次と、刊行目的を解説したもの。 https://t.co/dagh2SXzY9
1)〈文壇作家〉時代の松本清張・Ⅰ~「多芸は無芸」の危うさのなかで~(藤井淑禎) 乱歩にとって清張は推理小説家ではなかった! 認識の差異を導入に置き、清張の初期作品を客観的且つ巧みにジャンル分けし、清張の多芸さと直木賞受賞の背景をまとめた読み応えのある一本。 https://t.co/RqMahqodxZ

2 0 0 0 OA 翻刻「死」

そして乱歩が早稲田大学在籍時に綴った祖母の死に関するエッセイが掲載されています。 5)翻刻「死」(落合教幸) https://t.co/HLTlDY8hj9
川上音二郎の海外公演と帰朝公演『英国革命史』の成立 3)川上音二郎と竹越與三郎(後藤隆基) https://t.co/3H99oa3uuS 柳家三三の挑戦的な落語観とその実践について、具体的な公演の分析を元に論じられたもの。 4)囚われない三三~「柳家三三で北村薫。」評(大塩竜也) https://t.co/B9Mkmut8yS
川上音二郎の海外公演と帰朝公演『英国革命史』の成立 3)川上音二郎と竹越與三郎(後藤隆基) https://t.co/3H99oa3uuS 柳家三三の挑戦的な落語観とその実践について、具体的な公演の分析を元に論じられたもの。 4)囚われない三三~「柳家三三で北村薫。」評(大塩竜也) https://t.co/B9Mkmut8yS
次に、「スキャンダルによって人は有名になり、スキャンダルによって有名人は失墜する」という正反対作用を考察の軸として、平塚らいてうなど明治時代の女性について記された論考。 2)スキャンダルの両義性~明治の女学生バッシングから「新しい女」へ(岡田章子) https://t.co/GbMu9KG3OK
雨がしょぼしょぼしている乱歩邸から、『大衆文化』第8号リポジトリ情報をお送りします。 まずは有名な「現世は夢 夜の夢こそまこと」をはじめとする乱歩色紙写真の紹介から。 1)江戸川乱歩色紙〈口絵〉https://t.co/nUPnYbNcp0 https://t.co/NuKzu9sFVE
そして映画等の撮影方法について記された乱歩の原稿がリポジトリ化されています。 7.翻刻「トリック写真の研究」(落合教幸) https://t.co/L2DLeYAU8W この他、蔵書家としても名高い根岸武香「熊谷氏冑山に残る歴史遺産~根岸家住宅長屋について~」も掲載されております。
更に、時事的ジャーナリズム傾向の強まった『歌舞伎新報』の時代と当時の編集長についてや、資料としての映画脚本について、 5.俵藤丈夫編集長下の『歌舞伎新報』(後藤隆基) https://t.co/pBgjwLANpy 6.サイレント映画脚本の周辺(若井尚子) https://t.co/NfSIU4Xx4T
更に、時事的ジャーナリズム傾向の強まった『歌舞伎新報』の時代と当時の編集長についてや、資料としての映画脚本について、 5.俵藤丈夫編集長下の『歌舞伎新報』(後藤隆基) https://t.co/pBgjwLANpy 6.サイレント映画脚本の周辺(若井尚子) https://t.co/NfSIU4Xx4T
戦後の日本で模索された新しい女性像とその「指南書」としての『女の一生』について。 4.『女の一生』はなぜ『人形の家』に勝てたのか(藤井淑禎) https://t.co/VpznyYjm00
次いで、映画「男はつらいよ」の印刷所映像に疑問を持つ現役編集者の視点と解釈。 3.映画『男はつらいよ』にみる活版印刷(滝口富夫) https://t.co/Lqs3qD1RFC
また、映画から探る三島由紀夫とその「肉体」に関する論考 2.三島由紀夫vs.増山保造~映画「からっ風野郎」とその後の三島の身体イメージをめぐって~(安智史) https://t.co/ZXyaftEkmN
まずは、東日本大震災によって再注目された原子力発電とアニメとの関係について。 1.原発建設時代の日本のSFアニメ(秦剛) https://t.co/RMf1BrUa8s
そして、舞台劇と映画との差違について語った乱歩の草稿も掲載。 〇翻刻「映画論」(落合教幸) https://t.co/bcJnKhjzJf
加えて、「何もしていなかった」ように見える占領期の大宅壮一の行動について、ペンネームや談話などから考察した論文 〇占領期の大宅壮一をめぐる「点と線」(阪本博志) https://t.co/0sg1tqMeQQ
さらには、オペラの「上演」に関する諸問題を扱った 〇オペラへの迷い事(守屋省吾) https://t.co/6CCRgziiyx や、雑誌『歌舞伎新報』復活の背景について記された 〇大正期における『歌舞伎新報』の復活(後藤隆基) https://t.co/OFF09VC19d もあります。
さらには、オペラの「上演」に関する諸問題を扱った 〇オペラへの迷い事(守屋省吾) https://t.co/6CCRgziiyx や、雑誌『歌舞伎新報』復活の背景について記された 〇大正期における『歌舞伎新報』の復活(後藤隆基) https://t.co/OFF09VC19d もあります。
また、小説に具体的な地名を表記すること・しないことに対する印象効果について、夏目漱石の実体験を含めて考察した示唆的な論考も。 〇紅が谷の青い空・再説~『行人』『心』、二つの鎌倉~(藤井淑禎) https://t.co/PDzqsrBFCP
東日本大震災の半年後に刊行された『大衆文化』第6号には、明治の大津波を取材した正岡子規らの時事俳句に関する論が掲載されています。 〇瓢亭、不折、子規と三陸大津波~「海嘯」十四句をめぐって~(加藤定彦) https://t.co/vB36BsEVQl https://t.co/vM90G2PL8p
〇円朝の現在(宮信明)https://t.co/XyEUSbpq0l 〇砂書房版『松本清張研究』奮闘記(田中伸和)https://t.co/Tg2jgFduAf 〇翻刻「活動写真のトリツクを論ず。」(落合教幸)https://t.co/N9CuoEoFua
〇円朝の現在(宮信明)https://t.co/XyEUSbpq0l 〇砂書房版『松本清張研究』奮闘記(田中伸和)https://t.co/Tg2jgFduAf 〇翻刻「活動写真のトリツクを論ず。」(落合教幸)https://t.co/N9CuoEoFua
〇円朝の現在(宮信明)https://t.co/XyEUSbpq0l 〇砂書房版『松本清張研究』奮闘記(田中伸和)https://t.co/Tg2jgFduAf 〇翻刻「活動写真のトリツクを論ず。」(落合教幸)https://t.co/N9CuoEoFua
〇ルパン誕生前のルブラン~スピードの魅惑~(坂本浩也)https://t.co/NMdoCqmZHo 〇漢字と日本語・日本語教育(沖森卓也)https://t.co/6tyKRGsilF 〇大衆作家が描いた〈安保〉~石坂洋次郎『あいつと私』と舟橋聖一『エネルギイ』~(藤井淑禎)https://t.co/Ay4DMitMiv
〇ルパン誕生前のルブラン~スピードの魅惑~(坂本浩也)https://t.co/NMdoCqmZHo 〇漢字と日本語・日本語教育(沖森卓也)https://t.co/6tyKRGsilF 〇大衆作家が描いた〈安保〉~石坂洋次郎『あいつと私』と舟橋聖一『エネルギイ』~(藤井淑禎)https://t.co/Ay4DMitMiv
〇ルパン誕生前のルブラン~スピードの魅惑~(坂本浩也)https://t.co/NMdoCqmZHo 〇漢字と日本語・日本語教育(沖森卓也)https://t.co/6tyKRGsilF 〇大衆作家が描いた〈安保〉~石坂洋次郎『あいつと私』と舟橋聖一『エネルギイ』~(藤井淑禎)https://t.co/Ay4DMitMiv
○『風と共に去りぬ』と戦後日本人(藤井淑禎)https://t.co/RHPsTb7Kjj ○「男女共同参画社会」をめぐる一考察~「第三次男女共同参画基本計画」策定の年にあたって~(近藤弘)https://t.co/n9spHohsnE
○『風と共に去りぬ』と戦後日本人(藤井淑禎)https://t.co/RHPsTb7Kjj ○「男女共同参画社会」をめぐる一考察~「第三次男女共同参画基本計画」策定の年にあたって~(近藤弘)https://t.co/n9spHohsnE
○『明烏後正夢』における説教祭文の受容~人情本と大衆芸能~(坂口香惠)https://t.co/zMlm5JlVYp ○大衆メディア史を反射する「鏡の女」~女優・ひし美ゆり子の足跡~(樋口尚文)https://t.co/OnuRHJg6VO ○窯変・橋本治-告白(後藤和彦)https://t.co/BBetoftpaL
○『明烏後正夢』における説教祭文の受容~人情本と大衆芸能~(坂口香惠)https://t.co/zMlm5JlVYp ○大衆メディア史を反射する「鏡の女」~女優・ひし美ゆり子の足跡~(樋口尚文)https://t.co/OnuRHJg6VO ○窯変・橋本治-告白(後藤和彦)https://t.co/BBetoftpaL
○『明烏後正夢』における説教祭文の受容~人情本と大衆芸能~(坂口香惠)https://t.co/zMlm5JlVYp ○大衆メディア史を反射する「鏡の女」~女優・ひし美ゆり子の足跡~(樋口尚文)https://t.co/OnuRHJg6VO ○窯変・橋本治-告白(後藤和彦)https://t.co/BBetoftpaL
○明治偽作の世界~「『時勢走馬燈一名親父肝潰誌』」という書物より〈口絵〉https://t.co/PW9bVzhFxD ○『時勢走馬燈一名親父肝潰死誌』という書物(池田一彦)https://t.co/iUzQrWUcER ○嬰殺旗本探偵実話~断ち切られたものたちの闇~(浜田雄介)https://t.co/C6JagqJc7X
○明治偽作の世界~「『時勢走馬燈一名親父肝潰誌』」という書物より〈口絵〉https://t.co/PW9bVzhFxD ○『時勢走馬燈一名親父肝潰死誌』という書物(池田一彦)https://t.co/iUzQrWUcER ○嬰殺旗本探偵実話~断ち切られたものたちの闇~(浜田雄介)https://t.co/C6JagqJc7X
○明治偽作の世界~「『時勢走馬燈一名親父肝潰誌』」という書物より〈口絵〉https://t.co/PW9bVzhFxD ○『時勢走馬燈一名親父肝潰死誌』という書物(池田一彦)https://t.co/iUzQrWUcER ○嬰殺旗本探偵実話~断ち切られたものたちの闇~(浜田雄介)https://t.co/C6JagqJc7X
〇見るものと見られるものをめぐって~結城座『乱歩・白昼夢』~(後藤隆基)https://t.co/LUhcIhhnXh 〇(資料紹介)翻刻「人間椅子」草稿https://t.co/CS48bhQm0M
〇見るものと見られるものをめぐって~結城座『乱歩・白昼夢』~(後藤隆基)https://t.co/LUhcIhhnXh 〇(資料紹介)翻刻「人間椅子」草稿https://t.co/CS48bhQm0M
〇俳諧大衆化の二方向~形式の縮小化と数量の拡大化~(加藤定彦)https://t.co/0oETsvolAS 〇大宅壮一の文化大革命レポート(藤井淑禎)https://t.co/LFnbwmoNLb 〇ワルキューレはさまよう(平山城児)https://t.co/vLBGv78G9v
〇俳諧大衆化の二方向~形式の縮小化と数量の拡大化~(加藤定彦)https://t.co/0oETsvolAS 〇大宅壮一の文化大革命レポート(藤井淑禎)https://t.co/LFnbwmoNLb 〇ワルキューレはさまよう(平山城児)https://t.co/vLBGv78G9v
〇俳諧大衆化の二方向~形式の縮小化と数量の拡大化~(加藤定彦)https://t.co/0oETsvolAS 〇大宅壮一の文化大革命レポート(藤井淑禎)https://t.co/LFnbwmoNLb 〇ワルキューレはさまよう(平山城児)https://t.co/vLBGv78G9v
〇中国の芝居の文系男子問題(細井尚子)https://t.co/akQV2lQhKz 〇メディアミクス文化史のなかの江戸川乱歩と横溝正史(江藤茂博)https://t.co/opakEibkvF 〇映画のなかのカメラ(三浦雅弘)https://t.co/sr0DCqZtXp
〇中国の芝居の文系男子問題(細井尚子)https://t.co/akQV2lQhKz 〇メディアミクス文化史のなかの江戸川乱歩と横溝正史(江藤茂博)https://t.co/opakEibkvF 〇映画のなかのカメラ(三浦雅弘)https://t.co/sr0DCqZtXp
〇中国の芝居の文系男子問題(細井尚子)https://t.co/akQV2lQhKz 〇メディアミクス文化史のなかの江戸川乱歩と横溝正史(江藤茂博)https://t.co/opakEibkvF 〇映画のなかのカメラ(三浦雅弘)https://t.co/sr0DCqZtXp
オバマ報道を考える(黄盛彬)https://t.co/eNIiH0DABZ 戦後台湾における日本大衆文化の受容~アイデンティティの構築と脱構築(林鴻亦)https://t.co/xTuhOR3ATy 「九州演劇」総目次(石川巧)https://t.co/VFTKWtnv3N
オバマ報道を考える(黄盛彬)https://t.co/eNIiH0DABZ 戦後台湾における日本大衆文化の受容~アイデンティティの構築と脱構築(林鴻亦)https://t.co/xTuhOR3ATy 「九州演劇」総目次(石川巧)https://t.co/VFTKWtnv3N
オバマ報道を考える(黄盛彬)https://t.co/eNIiH0DABZ 戦後台湾における日本大衆文化の受容~アイデンティティの構築と脱構築(林鴻亦)https://t.co/xTuhOR3ATy 「九州演劇」総目次(石川巧)https://t.co/VFTKWtnv3N
校門の外をめざした学校唱歌~卒業式による広報戦略~(有本真紀)https://t.co/ziIeZUo87t 「月の沙漠」の系譜学~流行歌とアラビア表象(舌津智之)https://t.co/5s5nOdhhvv 貸本屋と読書サークルの時代~吉川英治『宮本武蔵』と大衆読者~(藤井淑禎)https://t.co/RpohNX6noR
校門の外をめざした学校唱歌~卒業式による広報戦略~(有本真紀)https://t.co/ziIeZUo87t 「月の沙漠」の系譜学~流行歌とアラビア表象(舌津智之)https://t.co/5s5nOdhhvv 貸本屋と読書サークルの時代~吉川英治『宮本武蔵』と大衆読者~(藤井淑禎)https://t.co/RpohNX6noR
校門の外をめざした学校唱歌~卒業式による広報戦略~(有本真紀)https://t.co/ziIeZUo87t 「月の沙漠」の系譜学~流行歌とアラビア表象(舌津智之)https://t.co/5s5nOdhhvv 貸本屋と読書サークルの時代~吉川英治『宮本武蔵』と大衆読者~(藤井淑禎)https://t.co/RpohNX6noR
作家専業へ/「D坂の殺人事件」(大正十三年)(〈口絵〉)https://t.co/wjEcyNLjw1 翻刻「D坂の殺人事件」草稿https://t.co/YJ8wwfw59A 「依頼型」から「巻き込まれ型」へ~江戸川乱歩「D坂の殺人事件」草稿覚書~(落合教幸)https://t.co/YJ8wwfw59A
作家専業へ/「D坂の殺人事件」(大正十三年)(〈口絵〉)https://t.co/wjEcyNLjw1 翻刻「D坂の殺人事件」草稿https://t.co/YJ8wwfw59A 「依頼型」から「巻き込まれ型」へ~江戸川乱歩「D坂の殺人事件」草稿覚書~(落合教幸)https://t.co/YJ8wwfw59A
〇 韓国における論介と春香の受容(岩谷 めぐみ) https://t.co/RpCudRRMJZ 〇 天満天神繁昌亭の成立と展開(恩田 雅和) https://t.co/hBld0ywgpx 〇 歌舞伎としての乱歩~小説『人間豹』から歌舞伎『江戸宵闇妖鉤爪』へ~(松本 和也) https://t.co/W8m0WWrFX8
〇 韓国における論介と春香の受容(岩谷 めぐみ) https://t.co/RpCudRRMJZ 〇 天満天神繁昌亭の成立と展開(恩田 雅和) https://t.co/hBld0ywgpx 〇 歌舞伎としての乱歩~小説『人間豹』から歌舞伎『江戸宵闇妖鉤爪』へ~(松本 和也) https://t.co/W8m0WWrFX8
〇 韓国における論介と春香の受容(岩谷 めぐみ) https://t.co/RpCudRRMJZ 〇 天満天神繁昌亭の成立と展開(恩田 雅和) https://t.co/hBld0ywgpx 〇 歌舞伎としての乱歩~小説『人間豹』から歌舞伎『江戸宵闇妖鉤爪』へ~(松本 和也) https://t.co/W8m0WWrFX8
〇 「九州演劇」とその時代(石川 巧) https://t.co/fk511eWjD5 〇 日本におけるルバーシカ着用の起源をめぐって(小林 実)https://t.co/E2BOeJceuY 〇 昭和十四年、「犯人」形成の新たな試み~江戸川乱歩「暗黒星」論~(落合 教幸) https://t.co/RpCudRRMJZ
〇 「九州演劇」とその時代(石川 巧) https://t.co/fk511eWjD5 〇 日本におけるルバーシカ着用の起源をめぐって(小林 実)https://t.co/E2BOeJceuY 〇 昭和十四年、「犯人」形成の新たな試み~江戸川乱歩「暗黒星」論~(落合 教幸) https://t.co/RpCudRRMJZ
〇 「九州演劇」とその時代(石川 巧) https://t.co/fk511eWjD5 〇 日本におけるルバーシカ着用の起源をめぐって(小林 実)https://t.co/E2BOeJceuY 〇 昭和十四年、「犯人」形成の新たな試み~江戸川乱歩「暗黒星」論~(落合 教幸) https://t.co/RpCudRRMJZ
〇「二十面相」世代の乱歩観(紀田 順一郎)https://t.co/jHvN8jyXgC 〇 酸素カフェテリアと死者の町(ネクロポリス)~大衆情報消費社会における酸素マスク表象~(原克) https://t.co/qIUknx6ahw 〇 乱歩と大東京(藤井 淑禎) https://t.co/WKBHsxknfr

3 0 0 0 OA 乱歩と大東京

〇「二十面相」世代の乱歩観(紀田 順一郎)https://t.co/jHvN8jyXgC 〇 酸素カフェテリアと死者の町(ネクロポリス)~大衆情報消費社会における酸素マスク表象~(原克) https://t.co/qIUknx6ahw 〇 乱歩と大東京(藤井 淑禎) https://t.co/WKBHsxknfr
〇「二十面相」世代の乱歩観(紀田 順一郎)https://t.co/jHvN8jyXgC 〇 酸素カフェテリアと死者の町(ネクロポリス)~大衆情報消費社会における酸素マスク表象~(原克) https://t.co/qIUknx6ahw 〇 乱歩と大東京(藤井 淑禎) https://t.co/WKBHsxknfr
『大衆文化』紹介第2弾! 創刊号(2009.4)は10本の論文・エッセイの掲載です(ネット閲覧可はその内の9本です)。乱歩は勿論、韓国の遊女関連の作品やルバーシカコスプレの話など、大衆文化らしい読み物が目白押しです。 〇張ホテルの乱歩/郊外への第一歩(昭和九年)https://t.co/OU8EQHb8ch

6 0 0 0 OA 翻刻 二銭銅貨

◎江戸サブカル紀行~八百屋お七と岡山~(渡辺憲司) https://t.co/3M9J1EA4Rt ◎翻刻二銭銅貨(落合教幸 藤井淑禎)https://t.co/nRpJCYsUxI
◎江戸サブカル紀行~八百屋お七と岡山~(渡辺憲司) https://t.co/3M9J1EA4Rt ◎翻刻二銭銅貨(落合教幸 藤井淑禎)https://t.co/nRpJCYsUxI
◎大衆娯楽雑誌『平凡』と評論家大宅壮一~ふたつの研究から見えてくるもの~(阪本博志)https://t.co/MUMn1fO4sc ◎雲を凌ぐ~「押絵と旅する男」と浅草十二階~(丹羽みさと) https://t.co/0OPO0PGCfK
◎大衆娯楽雑誌『平凡』と評論家大宅壮一~ふたつの研究から見えてくるもの~(阪本博志)https://t.co/MUMn1fO4sc ◎雲を凌ぐ~「押絵と旅する男」と浅草十二階~(丹羽みさと) https://t.co/0OPO0PGCfK
◎庶民モラルとしての「任侠」とは何か~ 佐藤忠男『長谷川伸論-義理人情とは何か-』をめぐって~(筒井清忠) https://t.co/bbcP4VF86L ◎ 舞台劇『放浪記』をめぐって~テクスト〈林芙美子〉の行方~(羽矢みずき)https://t.co/QE0qWAoYeC
◎庶民モラルとしての「任侠」とは何か~ 佐藤忠男『長谷川伸論-義理人情とは何か-』をめぐって~(筒井清忠) https://t.co/bbcP4VF86L ◎ 舞台劇『放浪記』をめぐって~テクスト〈林芙美子〉の行方~(羽矢みずき)https://t.co/QE0qWAoYeC
まずは『大衆文化』創刊準備号から(敬称略) ◎乱歩/喧噪の車町時代(昭和八~九年) https://t.co/bFDDO42drE ◎創刊の辞 大衆文化研究の拠点をめざして(藤井淑禎) https://t.co/sMlVbpIPCX ◎市川崑の「こころ」(藤井淑禎) https://t.co/g32ewBZ5gU
まずは『大衆文化』創刊準備号から(敬称略) ◎乱歩/喧噪の車町時代(昭和八~九年) https://t.co/bFDDO42drE ◎創刊の辞 大衆文化研究の拠点をめざして(藤井淑禎) https://t.co/sMlVbpIPCX ◎市川崑の「こころ」(藤井淑禎) https://t.co/g32ewBZ5gU
まずは『大衆文化』創刊準備号から(敬称略) ◎乱歩/喧噪の車町時代(昭和八~九年) https://t.co/bFDDO42drE ◎創刊の辞 大衆文化研究の拠点をめざして(藤井淑禎) https://t.co/sMlVbpIPCX ◎市川崑の「こころ」(藤井淑禎) https://t.co/g32ewBZ5gU

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(21ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 - 尹青青 - 清代志怪小説の諸相 : 『子不語』、『夜譚随録』、『山斎客譚』、『螢窓異草』をめぐって https://t.co/ihwcaFvUep
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 - 曾文莉 - 台湾映画における日本の表象の変遷 (1895-2015) https://t.co/nVkyGjeWSe
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 - 劉菁菁 - 和歌集における「羈旅」の部立と官僚たちの旅歌 : 『万葉集』から『古今和歌集』へ https://t.co/OcPLAZj5Tm
RT @NICHIBUNKENkoho: 【お知らせ】湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)で昨年開催された「京都からやってきた妖怪たち 国際日本文化研究センターコレクション」の簡易図録がオープンアクセスで公開されました。 https://t.co/vP5wuQ…
RT @DN_networks: CiNii 論文 - 『週刊少年ジャンプ』という時代経験: 解釈枠組みとしてのマスター・ナラティブ https://t.co/vEDZjUGJeL #CiNii そういう意味でこの池上論文って今の10倍くらい参照される可能性のある議論が眠って…
RT @KoichiTaniguchi: 同号、伊藤正次先生の「55年体制下の実力組織と政権運営 : 後藤田正晴オーラル・ヒストリー再読」も掲載されてますね。面白かったです。https://t.co/9wEza8y51F

15 15 15 0 OA 刑事立法学の構想

RT @gk1024: 拙稿「刑事立法学の構想」法学会雑誌62巻1号(2021年、木村光江教授退職記念号)157頁以下が東京都立大学の機関リポジトリに収録されました。 みやこ鳥 https://t.co/435Gjnx2TE
RT @BungakuReportRS: 河合 一樹 - 孔子はよき人 : 本居宣長の孔子観とその周辺 https://t.co/4vsgX6S8pk

フォロワー(2969ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

9 6 6 6 OA 八ツ山羊

RT @NDLJP_en: Japanese translation of Grimm’s fairy tale, "The wolf and the seven young kids," published as "Eight goats" in 1887. You can…
戦前の風景印のカタログ(趣味の風景通信日附印集)、いつの間にかデジコレでインターネット公開になってた。今年の9月からだそうで。嬉しいありがとう https://t.co/hTcBkPyrZZ
杣山願事件…。ううむ。何があったんだ。現地に石碑があるようだ。https://t.co/FYQiqEyImt
RT @k_michinotori: 岩元修一「「入門」の再検討」(1)~(4)『宇部工業高等専門学校研究報告』67、2021 完全に見落としていた。試験作ってる場合じゃなかった。 https://t.co/FyGKY36yem
東京開市三百年祭記事 - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/F0RxnlV0H9 #nhk #青天を衝け
RT @foxmonkey0414: 2014年の人工知能学会誌の表紙の件、最初の表紙イラストに「意味」が付与されたのは炎上の後。 炎上後に表紙問題にどう対応するべきか、編集委員会で議論を重ねて、その後の表紙でストーリをつけたんですよ。 編集委員だった坊農氏が顛末を報告されてい…
RT @hollyhockpetal: 実際、こちらの方が指摘なさっておられるように、学会の中では批判に向き合う対応があって、現在の学会誌のイラスト表紙で学問の内容を解説する取り組みでは男女のバランスとか考えられてるのがわかる。「一方的に燃やされた被害者」って話にするのも勝手な…
RT @NICHIBUNKENkoho: 【お知らせ】湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)で昨年開催された「京都からやってきた妖怪たち 国際日本文化研究センターコレクション」の簡易図録がオープンアクセスで公開されました。 https://t.co/vP5wuQ…
RT @NICHIBUNKENkoho: 【お知らせ】湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)で昨年開催された「京都からやってきた妖怪たち 国際日本文化研究センターコレクション」の簡易図録がオープンアクセスで公開されました。 https://t.co/vP5wuQ…
RT @NICHIBUNKENkoho: 【お知らせ】湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)で昨年開催された「京都からやってきた妖怪たち 国際日本文化研究センターコレクション」の簡易図録がオープンアクセスで公開されました。 https://t.co/vP5wuQ…
RT @NICHIBUNKENkoho: 【お知らせ】湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)で昨年開催された「京都からやってきた妖怪たち 国際日本文化研究センターコレクション」の簡易図録がオープンアクセスで公開されました。 https://t.co/vP5wuQ…
RT @schembart10: 赤江雄一「環境史の鍵概念としての主観性と史料探索の今後」『史學』89(1・2), 137-145, 2020-10 https://t.co/GXXr2pKYDk リポジトリでも公開されてます!https://t.co/gB6v6HVQqQ 拙…
RT @marupetclinic: リモネンに対する猫の中毒量について詳しくはわかっていません。 また、皮膚に規定量の5倍で使用した際に中毒症状を起こしたり、リモネンを含む犬用の皮膚用剤を使用した猫が死亡した報告もあります。 また、個体差も大きいため、中毒量を特定するのは容易…
RT @BungakuReport: 中古文学/106 巻 (2020)/ シンポジウム 文学研究と国語教育の未来を拓く 鈴木 泰恵, 野中 潤, 吉野 誠, 萩野 敦子, 河添 房江, 助川 幸逸郎https://t.co/ML1ZvVQYvX
RT @NICHIBUNKENkoho: 【お知らせ】湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)で昨年開催された「京都からやってきた妖怪たち 国際日本文化研究センターコレクション」の簡易図録がオープンアクセスで公開されました。 https://t.co/vP5wuQ…
J-STAGE Articles - 北海道厚岸郡浜中町におけるトウキョウトガリネズミSorex minutissimus hawkeriについて(1) : 捕獲環境 https://t.co/RPOTP4EyGo #トウキョウトガリネズミ #nhk北海道 #北海道道 #道道 #鈴井貴之 #多田萌加
CiNii 論文 -  北海道厚岸郡浜中町におけるトウキョウトガリネズミSorex minutissimus hawkeriについて(2) : 嶮暮帰島における生息状況と観察例 https://t.co/Z7pnazLquT #トウキョウトガリネズミ #nhk北海道 #北海道道 #道道 #鈴井貴之 #多田萌加
中古文学/106 巻 (2020)/ シンポジウム 文学研究と国語教育の未来を拓く 鈴木 泰恵, 野中 潤, 吉野 誠, 萩野 敦子, 河添 房江, 助川 幸逸郎https://t.co/ML1ZvVQYvX

5 5 5 0 新潮

RT @kaholiliyR: @miakashi 御明さん、こちらのようです https://t.co/VvO3UFyoeH https://t.co/WveDi1H45J

32 9 9 0 OA 北斎漫画

RT @kasasu2004: 北斎漫画をマンガの起源とする言説はいろんなところでよく見かけるんですが、本当に北斎漫画を読んだ(眺めた)ことがあって主張しているの? https://t.co/bkUuCRK7EC

120 118 115 0 OA 武市瑞山関係文書

RT @yamagiri_sumika: 史料引用元 https://t.co/Kidmn201pj
RT @caazzy: https://t.co/eqNcirlysO 流行歌の歌詞の分類からは 1945.1965.1975辺りにそれぞれに変曲点があるらしいです。 https://t.co/06ctlj317U
CiNii 論文 -  186 冠攣縮型狭心症に対する鍼治験例(鍼灸4,一般演題,伝統医学のあるべきかたちとは-世界の潮流と日本の役割-,第59回日本東洋医学会学術総会) https://t.co/GzxA3XRIcr !
RT @tarareba722: 圷美奈子先生の論文を読む。『枕草子』(八十七)「返る年の二月二十五日に」で、藤原斉信が清少納言の元を訪れて、その貴公子ぶりを細かく観察して清少納言が自分を卑下した章段の研究。めちゃくちゃ面白い。 https://t.co/TQtbqMOUPb