hiroyuki.minoura (@def110dcpu)

投稿一覧(最新100件)

RT @Behind_the_Days: 茨城県東海村(福島第一原発から南約115 km )で2011年3月~2012年9月に採取された降下じんの放射性物質濃度の推移、永岡ほか、保健物理、2013 https://t.co/bWTxnnBU6H https://t.co/q1v…
RT @tetsuyan1112: RT @kokusodantohoku: 本日9/22いわきでの福島原発告訴団全国集会で河合弁護士が読むことをすすめていた「福島第一原発事故と4 つの事故調査委員会」はこれか。。http://t.co/wli7vSVb
福島第一原発事故と4 つの事故調査委員会 国立国会図書館 ISSUE BRIEF NUMBER 756(2012. 8.23.) http://t.co/DpW4OPyy
RT @dr_chasiba: 福島県の県民健康管理調査http://t.co/4U2DpFi5 は将来各項目が変更される可能性はあるが、研究プロトコールは文献として残るので存在を記憶しておくことが望ましい。http://t.co/0dVytlnK
RT @hatimicchan: よくこんなの見つけたね! @xoromonn コレ「失敗学会」のHPからほじくり出してきたよ! 【原子力発電に対する住民意識のシュミレーション】https://t.co/Ao5EjGEZ 
RT @dr_chasiba: 「福島の米国人被爆者」と題した論文http://t.co/CwSChZFb ネバダ核実験の情報公開が1990年代にやっと始まったことなどと比べたり過去の福島医大の骨髄移植での放射線利用例を出したりと、私には理解困難な文献。
RT @dr_chasiba: ひとりごと(総説で引用文献が2編。しかもそのひとつがICRP・・・。はぁ?http://t.co/fhuy7ezW )
RT @dr_chasiba: 特にマスメディア関係の方必見の文献。「風評被害とは」(福島医学雑誌)http://t.co/NUn1Tp2s 多分、これと繋がる話であろう。http://t.co/6Friv1mD
RT @dr_chasiba: 原爆放射線医科学研究所の2007年の要覧だけファイルが消されている? http://t.co/AbRJBtp4 ※2006年に文科省の立ち入り検査 http://t.co/X2Cg8okg 問題となったと思われる研究の論文 http://t ...

お気に入り一覧(最新100件)

福島県の県民健康管理調査http://t.co/4U2DpFi5 は将来各項目が変更される可能性はあるが、研究プロトコールは文献として残るので存在を記憶しておくことが望ましい。http://t.co/0dVytlnK

フォロー(656ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

茨城県東海村(福島第一原発から南約115 km )で2011年3月~2012年9月に採取された降下じんの放射性物質濃度の推移、永岡ほか、保健物理 https://t.co/bWTxnnBU6H https://t.co/q1vr9tMGSy

1259 137 49 0 OA 大正大震火災誌

RT @silent_crime: @siokara58 こういうレベルですね。 https://t.co/SqWu6pLwdN https://t.co/D3E44XkT4W
茨城県東海村(福島第一原発から南約115 km )で2011年3月~2012年9月に採取された降下じんの放射性物質濃度の推移、永岡ほか、保健物理 https://t.co/bWTxnnBU6H https://t.co/q1vr9tMGSy
RT @NDLJP: 最近の水害の状況と対策―中小河川の破堤水害と都市型水害を中心に―『ISSUE BRIEF』544号, 2006.06.13. https://t.co/sEuk4Zlvwg #NDL調査局今月のトピック #災害対策 #水害
RT @NDLJP: 最近の水害の状況と対策―中小河川の破堤水害と都市型水害を中心に―『ISSUE BRIEF』544号, 2006.06.13. https://t.co/sEuk4Zlvwg #NDL調査局今月のトピック #災害対策 #水害
RT @NDLJP: 土砂災害の防止と土地利用規制『レファレンス』678号, 2007.07.15. https://t.co/u8DeMJF1YH #NDL調査局今月のトピック #災害対策 #水害
RT @sinwanohate: 山下氏らの論文(2017年):日本とウクライナの散発性甲状腺癌の比較 https://t.co/DzFbtleEio 「組織内の広がり方や、リンパ節への浸潤などの度合いが日本人の子供の方が、より高頻度で見られた」。たとえ散発性としても、手術しな…
RT @sinwanohate: 山下氏らの論文(2017年):日本とウクライナの散発性甲状腺癌の比較 https://t.co/DzFbtleEio 「組織内の広がり方や、リンパ節への浸潤などの度合いが日本人の子供の方が、より高頻度で見られた」。たとえ散発性としても、手術しな…
RT @keyaki1117: メモ「高梁川と小田川の合流点付け替えの効果」 https://t.co/RWwlQx0v4U

フォロワー(857ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

茨城県東海村(福島第一原発から南約115 km )で2011年3月~2012年9月に採取された降下じんの放射性物質濃度の推移、永岡ほか、保健物理 https://t.co/bWTxnnBU6H https://t.co/q1vr9tMGSy
RT @EelExtinguish: 稚魚の量が海流の変化でゆらぐ程度のことをもって我々うなぎ絶滅キャンペーンの成果を否定されては困りますな。 なお、ウナギの成魚の漁獲量は着実な成果をあげておりますよ https://t.co/KqPp1z2Rur 「日本におけるニホンウナギ…

1259 137 49 0 OA 大正大震火災誌

RT @silent_crime: @siokara58 こういうレベルですね。 https://t.co/SqWu6pLwdN https://t.co/D3E44XkT4W
茨城県東海村(福島第一原発から南約115 km )で2011年3月~2012年9月に採取された降下じんの放射性物質濃度の推移、永岡ほか、保健物理 https://t.co/bWTxnnBU6H https://t.co/q1vr9tMGSy
RT @NDLJP: 最近の水害の状況と対策―中小河川の破堤水害と都市型水害を中心に―『ISSUE BRIEF』544号, 2006.06.13. https://t.co/sEuk4Zlvwg #NDL調査局今月のトピック #災害対策 #水害
RT @NDLJP: 最近の水害の状況と対策―中小河川の破堤水害と都市型水害を中心に―『ISSUE BRIEF』544号, 2006.06.13. https://t.co/sEuk4Zlvwg #NDL調査局今月のトピック #災害対策 #水害
RT @NDLJP: 土砂災害の防止と土地利用規制『レファレンス』678号, 2007.07.15. https://t.co/u8DeMJF1YH #NDL調査局今月のトピック #災害対策 #水害
RT @sinwanohate: 山下氏らの論文(2017年):日本とウクライナの散発性甲状腺癌の比較 https://t.co/DzFbtleEio 「組織内の広がり方や、リンパ節への浸潤などの度合いが日本人の子供の方が、より高頻度で見られた」。たとえ散発性としても、手術しな…
RT @sinwanohate: 山下氏らの論文(2017年):日本とウクライナの散発性甲状腺癌の比較 https://t.co/DzFbtleEio 「組織内の広がり方や、リンパ節への浸潤などの度合いが日本人の子供の方が、より高頻度で見られた」。たとえ散発性としても、手術しな…
RT @keyaki1117: メモ「高梁川と小田川の合流点付け替えの効果」 https://t.co/RWwlQx0v4U
メモ「高梁川と小田川の合流点付け替えの効果」 https://t.co/RWwlQx0v4U