へたれ (@hetare_aikoos)

投稿一覧(最新100件)

合わせて読むと辛くなるシリーズ 「研究者の道を離れることを決めました」 http://t.co/W8Q6ru2yvO 「ある非常勤講師の場合」 http://t.co/VlKLOBtkUB
"いくら頑張ってもそこから抜け出せないような人たちの存在を前提としてようやく大学の運営が成立っているような,そのような歪んだ社会構造が存在しているのではないだろうか." http://t.co/7aFIsuTNvD
ある非常勤講師の場合 http://t.co/Lqb3jLpgnz 博士号持ち非常勤講師で週15コマの授業をこなしながらその合間に無給の外来研究員として研究を続ける年収500万以下の50歳の人の話. 読んでてつらくなる.
RT @Ryofuwi: この科研費報告書すごい・・・https://t.co/a5zkUfEryn 「他研究室の学生に、当研究室の装置を壊されるという、予期せぬ事態に直面し、当初計画よりも遅れている」とか「データをねつ造しない、嘘をつかない学生を育てていく。」とか相当な怒りが…

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(920ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

@osugitenten 家の温度分布見たいねえ。笑 サーキュレーターの効果はわかんないけどリンク先(あんまり読んでないが)とかに書いてないかなぁ。 https://t.co/Rbh51BUZ2O
RT @JUMANJIKYO: すごい字だ・・・新しい楽器を創作字で名付けたらしい。「スリコト」と読み、「深(シン)」の音読みを持つという。 享保年代の新樂器「〓」について 林 謙三 1936 年 1936 巻 1 号 p. 57-63 https://t.co/KlpP…
RT @kaisekiriu: @TaromaedaMaedat こちらの論文では、江戸時代後期に生食が広まった結果「ナマコ」が定着したと述べられていますね。 https://t.co/0HBieyj8TF
RT @suteishikoishi: @sumomodane 興味深いです。 「広告苦情の類型化と広告表現の許容範囲に関する実証的研究」 https://t.co/67PxmQfKGg
このあたりの点は、例えば水元正晴「ゾンビの可能性」https://t.co/f5RQ7uVU6H 永井均『なぜ意識は実在しないのか』などで議論されている(ちなみにどちらも哲学者)。
今日のような蒸暑い日には,“動物や植物” を “育成” でもするかのような話がよいであろう. ── アンドレ・ヴェイユ 『ゼータ函数の育成について』 https://t.co/va5FE3To0t

フォロワー(1013ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

@osugitenten 家の温度分布見たいねえ。笑 サーキュレーターの効果はわかんないけどリンク先(あんまり読んでないが)とかに書いてないかなぁ。 https://t.co/Rbh51BUZ2O
RT @kaisekiriu: @TaromaedaMaedat こちらの論文では、江戸時代後期に生食が広まった結果「ナマコ」が定着したと述べられていますね。 https://t.co/0HBieyj8TF
RT @suteishikoishi: @sumomodane 興味深いです。 「広告苦情の類型化と広告表現の許容範囲に関する実証的研究」 https://t.co/67PxmQfKGg
今日のような蒸暑い日には,“動物や植物” を “育成” でもするかのような話がよいであろう. ── アンドレ・ヴェイユ 『ゼータ函数の育成について』 https://t.co/va5FE3To0t