naokki (@miumisuzu)

投稿一覧(最新100件)

渋谷望の2015年の論文「グローバル都市における価値闘争としてのジェントリフィケーション」がオープンアクセスで読める。渋谷望に書いて欲しいと思ってる人は多いだろうが、石川忠司級に遅筆のようで、なかなか文章を目にする機会がない。 https://t.co/ZZGaWhJQfA
炎上中の「ドメインにより意味が変化する単語に着目した猥褻な表現のフィルタリング」非公開中のpdfファイル全文はinternet archiveでダウンロード可能。批判は受けるべき。 https://t.co/v8xAENFf1X
RT @Sukuitohananika: 女児誘拐監禁事件容疑者による論文「カント実践哲学における演繹の構造」『待兼山論叢』の全文。カント倫理学の研究論文である。今回の事件の闇もかなり深い。 http://t.co/gTBsKZ9a05
2004年に閉鎖された法政大学の学生会館について、付属校の教員が紀要に寄稿。80年代サブカルの思い出話と、大学という空間についてのエッセイ。えもいわれぬ何かに出会う場所、という定義は共感する。寄稿は05年。この10年でさらに変質してる http://t.co/q01HJBQKs0
「90年代における若者運動「だめ連」とマスメディア」なる学術論文が。発表が2012年。雨宮処凛、浅尾大輔といったロスジェネ言説も参照している。高等遊民でググったらたどりついた。さらに執筆者は1989年生と。なんで興味持ったんだろ? http://t.co/f9uDDkjCD9

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(724ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

39 34 34 14 OA 御伽草紙

センター試験に出題された『玉水物語』に高校生たちが萌えに萌えていると聞いて、私もこちらで読み返しました
>柳与志夫・小泉徹「有料?無料?-図書館の将来と費用負担」 やうやく無料原則が必ずしも近代公共図書館の必要条件でないことがーまあ望ましいがー議論されるやうになってきたが。 これが雑誌に載ったの、1983(昭和58)年なんだよね 3… https://t.co/cndAnIiNvi
周藤真也「アニメ「聖地巡礼」と「観光のまなざし」――アニメ『氷菓』と高山の事例を中心に」、『早稲田社会科学総合研究』、2016。これはウェブで読めるよ。https://t.co/VaIF8mFHY3
@livrejapon 山室信一新連載でモダン語といふ取り合はせには同じく期待、されど復刻〈近代用語の辞典集成〉41卷(大空社1994~96)https://t.co/ybDWvd9zpV、就中、別卷の松井栄一・曾根博義・大屋幸世… https://t.co/4hCnmEzkhy
読了。 「紋切り型 cliché」 に対する批判と、それに対置される「呆然 stupefaction」 の民衆へのポジティブな効果。なるほどと思ったが、結論がやや尻切れトンボ。 木内尭「フローベールとミシュレー二つの革命をめぐって… https://t.co/kJFra4sG56
RT @livresque2: 金子雄司「Not for All Time, but of an Age」もhttps://t.co/hkcK24bW6A。グレッグhttps://t.co/0QnyEFIlLYやバウワーズら新書誌學(分析書誌學)の登場期は壽岳文章『書物之道』(…
RT @livresque2: @shomotsubugyo 饅頭本『文学と言語』https://t.co/m81gdwXBgWの中條和夫は、80周年記念「あの頃の関学英文」https://t.co/ASohSLeqz1が觸れる。横組み「本文批評」の部で名の擧がる新書誌學のFr…

2 2 2 0 文学と言語

RT @livresque2: @shomotsubugyo 饅頭本『文学と言語』https://t.co/m81gdwXBgWの中條和夫は、80周年記念「あの頃の関学英文」https://t.co/ASohSLeqz1が觸れる。横組み「本文批評」の部で名の擧がる新書誌學のFr…
RT @livresque2: @shomotsubugyo 饅頭本『文学と言語』https://t.co/m81gdwXBgWの中條和夫は、80周年記念「あの頃の関学英文」https://t.co/ASohSLeqz1が觸れる。横組み「本文批評」の部で名の擧がる新書誌學のFr…
RT @livresque2: @shomotsubugyo 饅頭本『文学と言語』https://t.co/m81gdwXBgWの中條和夫は、80周年記念「あの頃の関学英文」https://t.co/ASohSLeqz1が觸れる。横組み「本文批評」の部で名の擧がる新書誌學のFr…
金子雄司「Not for All Time, but of an Age」もhttps://t.co/hkcK24bW6A。グレッグhttps://t.co/0QnyEFIlLYやバウワーズら新書誌學(分析書誌學)の登場期は壽岳文… https://t.co/jQIPE8omFb
RT @LHzH0jrxEg5j1QB: この論文読んでないから分からんけど『聊斎志異』にも似た話があるということかね? 原典は中国の説話? CiNii 論文 -  御伽草子『玉水物語』考--『聊斎志異』封三娘との比較 https://t.co/YnsKKZzfRc #CiNii
@shomotsubugyo 饅頭本『文学と言語』https://t.co/m81gdwXBgWの中條和夫は、80周年記念「あの頃の関学英文」https://t.co/ASohSLeqz1が觸れる。横組み「本文批評」の部で名の擧が… https://t.co/sNGVvZfaIZ

2 2 2 0 文学と言語

@shomotsubugyo 饅頭本『文学と言語』https://t.co/m81gdwXBgWの中條和夫は、80周年記念「あの頃の関学英文」https://t.co/ASohSLeqz1が觸れる。横組み「本文批評」の部で名の擧が… https://t.co/sNGVvZfaIZ
@shomotsubugyo 饅頭本『文学と言語』https://t.co/m81gdwXBgWの中條和夫は、80周年記念「あの頃の関学英文」https://t.co/ASohSLeqz1が觸れる。横組み「本文批評」の部で名の擧が… https://t.co/sNGVvZfaIZ
@shomotsubugyo 饅頭本『文学と言語』https://t.co/m81gdwXBgWの中條和夫は、80周年記念「あの頃の関学英文」https://t.co/ASohSLeqz1が觸れる。横組み「本文批評」の部で名の擧が… https://t.co/sNGVvZfaIZ
の奥からさがしだして読んだりしたのである」と書いています。ご指摘の熊沢復六訳『アンドレエエフ戯曲選集』上下巻にも言及しています。 単独の短篇集は、「露西亜現代作家叢書」の1冊ですが、宮原晃一郎訳『アンドレエフ選集』(佐藤出版部、大… https://t.co/y3XIR1B61m
センター試験の国語で、話題の姫君と化け狐の異類恋愛譚が話題です。が、中国の怪奇譚集にもあるんですよ。両者の比較論文もあります。中国のほうは、百合より友情傾向っぽいかも。 ●CiNii 論文 -  御伽草子『玉水物語』考--『聊斎… https://t.co/BfLYfMyaWo
より殆んど払込なきに拘らず払込済と称して裁判所を欺き」 云々と書かれていますし、 https://t.co/hCXZV9sAo9 池島民理『株式会社の裏面』(精禾堂、大正8年9月)の十八章「幽霊の附く言葉」には、「幽霊株」「幽霊会… https://t.co/tFl3sLgXEy

3 1 1 0 OA 岩下清周伝

より殆んど払込なきに拘らず払込済と称して裁判所を欺き」 云々と書かれていますし、 https://t.co/hCXZV9sAo9 池島民理『株式会社の裏面』(精禾堂、大正8年9月)の十八章「幽霊の附く言葉」には、「幽霊株」「幽霊会… https://t.co/tFl3sLgXEy
RT @nekonoizumi: 『川口浩探検シリーズ』と『すばらしい世界旅行』という同時期の放映の「ドキュメンタリー」について「真正性」への態度や番組をめぐる言説を分析 高井昌吏「旅や冒険を表象するテレビ番組と「真正性」「教養」 『川口浩探検シリーズ』と『すばらしい世界旅行』…
@kometsubuinfo TBSラジオ『荒川強啓デイキャッチ』「ニュースランキング」 聴いてくださった皆様ありがとうございます。 ルイビル・ムハマド・アリ空港。 ちなみに、TBSと共同のみ「ムハマド」で、他のメディアは「モハ… https://t.co/iQOO8ldSST
CiNii 論文 -  ローズマリ・サトクリフの『第九軍団のワシ』における傷と痛み https://t.co/1qYROJsVI3 #CiNii
仏教学者の袴谷憲昭による、吉本隆明・梅原猛・中沢新一 『日本人は思想したか』批判。 https://t.co/lfABOi5wz8
RT @nilnil26: [PDF] 原田久義「【アメリカ】海外のデータの合法的使用を明確化する法律-クラウド法-」『外国の立法』No. 278-1 (2019.1),pp.4-5 国立国会図書館 https://t.co/X1aAwXuoLt
中井良太「リバタリアニズムにおける子供に関する一考察」、『千葉大学人文社会科学研究』、2011。これはウェブで読めるよ。https://t.co/SKl1yX8Rv4

フォロワー(1368ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

>柳与志夫・小泉徹「有料?無料?-図書館の将来と費用負担」 やうやく無料原則が必ずしも近代公共図書館の必要条件でないことがーまあ望ましいがー議論されるやうになってきたが。 これが雑誌に載ったの、1983(昭和58)年なんだよね 3… https://t.co/cndAnIiNvi
周藤真也「アニメ「聖地巡礼」と「観光のまなざし」――アニメ『氷菓』と高山の事例を中心に」、『早稲田社会科学総合研究』、2016。これはウェブで読めるよ。https://t.co/VaIF8mFHY3

1 1 1 0 OA 国家と革命

ちなみにこの書籍は国立国会図書館デジタルコレクションから読めます https://t.co/6VRwjCnNoo
RT @ysoleilbleu: 優生思想と優生学を混同しているのでは?両者は同一ではありませんよ。 https://t.co/EUD0jryCXe https://t.co/FdU3WRPHRN
RT @HattoriM: 私が関わった中国のサイエンス関連の記事でネットからみれるものをまとめました 中国でラボをはじめるということ https://t.co/yOCBbB3Kfa “科学技術強国”中国の躍進と日本の厳しい現実 |NHK NEWS https://t…
読了。 「紋切り型 cliché」 に対する批判と、それに対置される「呆然 stupefaction」 の民衆へのポジティブな効果。なるほどと思ったが、結論がやや尻切れトンボ。 木内尭「フローベールとミシュレー二つの革命をめぐって… https://t.co/kJFra4sG56
RT @livresque2: 金子雄司「Not for All Time, but of an Age」もhttps://t.co/hkcK24bW6A。グレッグhttps://t.co/0QnyEFIlLYやバウワーズら新書誌學(分析書誌學)の登場期は壽岳文章『書物之道』(…
RT @livresque2: @shomotsubugyo 饅頭本『文学と言語』https://t.co/m81gdwXBgWの中條和夫は、80周年記念「あの頃の関学英文」https://t.co/ASohSLeqz1が觸れる。横組み「本文批評」の部で名の擧がる新書誌學のFr…

2 2 2 0 文学と言語

RT @livresque2: @shomotsubugyo 饅頭本『文学と言語』https://t.co/m81gdwXBgWの中條和夫は、80周年記念「あの頃の関学英文」https://t.co/ASohSLeqz1が觸れる。横組み「本文批評」の部で名の擧がる新書誌學のFr…
RT @livresque2: @shomotsubugyo 饅頭本『文学と言語』https://t.co/m81gdwXBgWの中條和夫は、80周年記念「あの頃の関学英文」https://t.co/ASohSLeqz1が觸れる。横組み「本文批評」の部で名の擧がる新書誌學のFr…
RT @livresque2: @shomotsubugyo 饅頭本『文学と言語』https://t.co/m81gdwXBgWの中條和夫は、80周年記念「あの頃の関学英文」https://t.co/ASohSLeqz1が觸れる。横組み「本文批評」の部で名の擧がる新書誌學のFr…
RT @LHzH0jrxEg5j1QB: この論文読んでないから分からんけど『聊斎志異』にも似た話があるということかね? 原典は中国の説話? CiNii 論文 -  御伽草子『玉水物語』考--『聊斎志異』封三娘との比較 https://t.co/YnsKKZzfRc #CiNii
RT @kameiasami: の奥からさがしだして読んだりしたのである」と書いています。ご指摘の熊沢復六訳『アンドレエエフ戯曲選集』上下巻にも言及しています。 単独の短篇集は、「露西亜現代作家叢書」の1冊ですが、宮原晃一郎訳『アンドレエフ選集』(佐藤出版部、大正10年7月)…
センター試験の国語で、話題の姫君と化け狐の異類恋愛譚が話題です。が、中国の怪奇譚集にもあるんですよ。両者の比較論文もあります。中国のほうは、百合より友情傾向っぽいかも。 ●CiNii 論文 -  御伽草子『玉水物語』考--『聊斎… https://t.co/BfLYfMyaWo
RT @nekonoizumi: 『川口浩探検シリーズ』と『すばらしい世界旅行』という同時期の放映の「ドキュメンタリー」について「真正性」への態度や番組をめぐる言説を分析 高井昌吏「旅や冒険を表象するテレビ番組と「真正性」「教養」 『川口浩探検シリーズ』と『すばらしい世界旅行』…

1 1 1 0 蘇秦列傳

https://t.co/fBPNdTrK3F これ?
RT @BotKmgi: CiNii 論文 - 記念講演 生きる苦労を取り戻す : べてるの家の30年の歩みから〜PDFあり https://t.co/ypRsXIgaaL
RT @holysen: CiNii 論文 -  文化的オムニボア再考 : 複数ハビトゥスと文脈の概念からみた文化実践の多次元性と測定 https://t.co/4YHEO5qISr #CiNii pdfで44ページもあって長いけど、勉強になるな。大衆文化の強い社会では階層の高…
CiNii 論文 -  ローズマリ・サトクリフの『第九軍団のワシ』における傷と痛み https://t.co/1qYROJsVI3 #CiNii
仏教学者の袴谷憲昭による、吉本隆明・梅原猛・中沢新一 『日本人は思想したか』批判。 https://t.co/lfABOi5wz8
RT @star_buster: 内容も現代にはなかなか無い「未知との遭遇」って感じで面白いです。カワイイ! って言った数ページ後で食って味の話をするのはさすが日本人…なのか? コウテイペンギンって不敬だから大ペンギンにしようとか言い出したり、価値観や科学知識は明治なので、そこ…
中井良太「リバタリアニズムにおける子供に関する一考察」、『千葉大学人文社会科学研究』、2011。これはウェブで読めるよ。https://t.co/SKl1yX8Rv4

2 1 1 0 OA 倭訓栞

源内の「物類品隲」を引いているという「和訓栞」の「かあいまん」「すらんがすていん」、後編なのですね。刊行は明治になってからの。 https://t.co/VPbzJzAv4L https://t.co/GlCbP4oqYf https://t.co/LBkoDTkDoU

1 1 1 0 OA 倭訓栞

源内の「物類品隲」を引いているという「和訓栞」の「かあいまん」「すらんがすていん」、後編なのですね。刊行は明治になってからの。 https://t.co/VPbzJzAv4L https://t.co/GlCbP4oqYf https://t.co/LBkoDTkDoU
室井康成「現代民俗の形成と批判 : 「成人式」問題をめぐる一考察」 https://t.co/cQe2m2TIoK  成人式にも二十歳という数字にも歴史的根拠はなく、荒れる成人式や華美な服装が目立つばかりでもはや成人儀礼としての意… https://t.co/QDGvXNFKdW
RT @KoseiMuroi: 成人式「名古屋起源説」の拙稿は、以下で読めます。 https://t.co/3FR1mLfSJ5
RT @nekonoizumi: PDFあり。 室井康成「現代民俗の形成と批判 : 「成人式」問題をめぐる一考察」 『専修人間科学論集. 社会学篇』Vol.8 No,2 (2018) https://t.co/H7KXnM8H04
山口直比古 2016「病院の図書室―病院図書室と患者図書室,そしてその先へ」『情報の科学と技術』 https://t.co/VuQVRw3P9H pdf 患者図書室は2004年で全国に100以上。2012〜17年に「医療の質に関す… https://t.co/mCxREcr8AE