著者
荒木 奈緒
出版者
日本助産学会
雑誌
日本助産学会誌 (ISSN:09176357)
巻号頁・発行日
vol.20, no.1, pp.89-98, 2006-06-02
被引用文献数
1 or 0

目的:羊水検査を受けるか否かを検討する妊婦はどのようなプロセスを辿って意思決定をするのか,その際の意思決定プロセスには一般的な意思決定プロセスとの差異があるのかを知ることにより,どのような援助が意思決定を行う妊婦の支援となるのかを明らかにすることを目的とする。対象と方法:対象は,研究参加の同意が得られ,今回の妊娠において羊水検査を受けるか否かを検討した体験を持つ妊婦5名。データ収集には半構造化面接法を用い,妊娠26週~30週の時期の1時点で実施した。得られたデータは面接内容を逐語録としてデータ化した後,内容を質的帰納的に分析した。結果:羊水検査を受けるか否かを決定する際の妊婦の意思決定プロセスを構成するカテゴリーは,≪妊娠の継続を自分に問う≫≪人工妊娠中絶に対する思いを自問する≫≪周囲の意見との照らし合わせ≫≪障害児育児を想像する≫の4つのカテゴリーが抽出された。意思決定プロセスの起点は,≪妊娠の継続を自分に問う≫という形で命に関する自己の価値観を明確化し妊娠の継続を検討することであった。このカテゴリーを起点とし≪人工妊娠中絶に対する思いを自問する≫ことによって自分の人工妊娠中絶に対する考え方を確認し,自分の価値観が周囲の身近な社会で受け入れられるのかを≪周囲の意見との照らし合わせ≫で十分に観察し,障害という視点から≪障害児育児を想像する≫し,育児の可能性を測った上で,検査を受けるか否かの最終意思決定を行うというプロセスが見出された。このプロセス中で羊水検査を受けた妊婦には,胎児に感じる愛着と五体満足でなければいけないという価値観との間で「揺れ」を感じ,検査結果がでるまで妊娠継続に関する決定を保留とし,検査を受ける決定を行なう過程が存在した。結論:羊水検査を受けるか否かを検討する妊婦は,検査結果による妊娠の継続に関することを最初に問題認識し検査を受けるか否かの検討を行なっていた。このプロセスの中で妊婦は,妊娠の継続から導き出された命の価値観と,胎児に対する感情や障害児育児に対する感情が相反した場合に「揺れ」を感じていた。特に検査結果で異常が指摘された場合に,人工妊娠中絶を受けることを考えている妊婦は,心理的重圧という問題を抱えており細心の配慮が必要である。Purpose: The purpose of this study is to understand the decision making process of pregnant women who have to consider whether to undergo amniocentesis or not. Methods: The subjects, who all gave their consent to be interviewed, were 5 women in their 26th to 30th week of pregnancy. The women were interviewed in a semi-structured manner and interviews were recorded and transcribed. A qualitative method was used for an in-depth analysis of the interviews. Units of meaningful descriptions were classified into various main categories. The categories were determined by making small changes after each interview. Results: Three of the 5 women refused to undergo amniocentesis and 2 agreed to it. As regards the process of decision making about whether to go through with the birth or have an abortion, four key categories to be pondered by the pregnant women were identified. These are as follows: 1) ask yourself whether to go ahead with the birth or not, 2) confirm your own sense of value about abortion, 3) judge your own opinion by comparing with that of others, 4) envisage what rearing a disabled infant would be like. The starting point of the process is that pregnant women ask yourself whether to go ahead with the birth or not. The process is not one-way to the determination. While the women are wavering mentally about whether or not to continue the pregnancy, they consider the ramifications of these four categories. Conclusion: The results suggest that this process of mental reflection and wavering over a period of time before the final decision is made is extremely important as it alleviates the pregnant woman's emotional conflict. The pregnant women feel wavering when they have the clash of their sense of values and their emotion. And an important matter is affirms the pregnant woman's emotional conflict and their sense of values.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 3 posts, 1 favorites)

こんな論文どうですか? 羊水検査を受けるか否かに関する妊婦の意思決定プロセス(荒木 奈緒),2006 https://t.co/igcRrHDxtk
こんな論文どうですか? 羊水検査を受けるか否かに関する妊婦の意思決定プロセス(荒木 奈緒),2006 http://t.co/SXcCJOjeRJ

収集済み URL リスト