著者
大沼 靖彦
出版者
社団法人日本産科婦人科学会
雑誌
日本産科婦人科學會雜誌 (ISSN:03009165)
巻号頁・発行日
vol.29, no.9, pp.1065-1073, 1977-09-01

女性骨盤の発育と性機能の成熟との関係を検するため,6〜14才の男女について,骨盤外計測,身体一般計測及び性ホルモンのLH・FSH・Estrogen (Es)・17-KSの測定を行つて,次の成績を得た. 1) 女子骨盤は,身長・スパンなどの長管骨の成長に男女差のない6〜10才の小児期においても男子に比べて有意差をもつて大きく,その形態も有意差をもつて男子に比べ前後径が大きい円形に近いことが特徴的である.この年令層では性ホルモン値には差異はないことから,かかる男女差は性差による先天的遺伝因子の相異によるものと推測される. 2) 性ホルモンのLH及びEs値が月経発未前の1年以内に有意差の上昇を示し,これと平行して骨盤指数の有意差の増大もこの時期の9→10才及び10→11才の間にみられた. 更に,月経発来時期の前後それぞれ2年計4回の連続計測による各計測値の年間の伸び率の検討により,卵巣Es分泌の冗進する月経発来の直前に身長とともに骨盤も著しく発育するが,長管骨に比べて骨盤の発育の方が有意差をもつて大きく,且つその後,身長の成長は止まるが,骨盤の方は月経発来後の少なくとも1年間は更に有意差の伸長を示し,且つ前後径が横径に比べて有意差をもつて更に成長して成人女性型の骨盤に近づくことが示された.月経発来の頃の女性骨盤の顕著な発育には性機能の成熟特に卵巣Es分泌の亢進が大きな役割を果たしていることが示唆される.

言及状況

Twitter (3 users, 3 posts, 4 favorites)

骨盤フェチはこれ読んでどうぞ #骨盤はいいぞ https://t.co/fM7eSetyvu
@nazo_nagon_ http://t.co/nCzAbWZUuZ http://t.co/XkHkrwyiyG 骨盤と性成熟ならこれ

収集済み URL リスト