著者
片山 寛之 植木 邦和 曾我 実 松本 啓志
出版者
日本雑草学会
雑誌
雑草研究 (ISSN:0372798X)
巻号頁・発行日
vol.17, pp.55-59, 1974-03-25
被引用文献数
2 or 0

水田雑草の生物学的制御におけるアシアカブトエビの除草効果について野外実験を行ない,つぎの結果をえた。1)雑草は10種類発生したが,その種類数は対照区ではカブトエビ処理区の2倍に近かった。また,各実験区に共通して発生した雑草を,生育本数をもとに,カブトエビの除草効果の高い順にあげると,アブノメ,ホソバヒメミソハギ,ミズキガシグサ,コナギ,ミズハコベの順であって,これらの雑草に対するアシアカブトエビの除草効果は非常に顕著なものがあった。2)カブトエビは1m^2当り25個体を放飼したが,20日後には約4分の1に減少し,40日後には,全処理区に僅か1個体が残存していた。3)カブトエビの有効活動期間は,一般に自然状態のもとで発生するものより短期間と考えられ,個体群密度も1m^2当り25個体と低かったにもかかわらず,きわめて除草効果が高かったことは,カブトエビの除草機構が発芽初期における機械的なものであって,田植後早期にやや大形の個体を放飼したことが関与しているものと考えられる。4)雑草害は対照区に顕著に発現したが,カブトエビ処理区には被害らしきものは認められず,両区の水稲生育の間に有意な差があった。本実験を行なうにあたり,有益なご助言をいただいた農林省農業技術研究所の松中昭一博士に対し謝意を表する。

言及状況

Twitter (10 users, 11 posts, 17 favorites)

CiNii 論文 -  水田雑草の生物学的制御におけるカブトエビの除草効果に関する研究 : 第1報 アジアカブトエビの除草効果についての野外実験 https://t.co/fvGVMdphd3 #CiNii
2 2 https://t.co/irm6mAsEA1 https://t.co/gkQHIi9IKI
1 1 https://t.co/U6bfGgZlzX https://t.co/40l3uu7y2q
カブトエビによる水田除草の歴史は意外と古く1923年に遡る(片山寛之 水田雑草の生物学的制御におけるカブトエビの除草効果に関する研究 : 第1報 アジアカブトエビの除草効果についての野外実験)… https://t.co/L9c3W3yZ6M

収集済み URL リスト