ごうぎ しげる (@sgougi)

投稿一覧(最新100件)

RT @sgougi: 「尖頭を持ったマギレミジンコにおけるフサカの捕食に対する防御機構」https://t.co/IC9rzKOhzM
続)ある種のダフニアが魚のカイロモンで小型化する(https://t.co/tB5fVyYH13)のは「見えにくく」ですし、体長が2mmほどになるDaphnia cucullata(https://t.co/WFjNXZuPFj)などの大型といえるダフニアが…
RT @sgougi: 『-人ー人がミジンコを見たときに,その命の凄さに感動する.感動したとき,人は最も美しい顔をしています.』 QT 「目的の無いプランクトン観察を通じて感じたこと」(坂田明) https://t.co/OOmF0PQsFZ
「冬の日本海の風物詩である「波の花」は、海洋起源の有機物が、強い風や波にあおられて海水面につくる泡状物質のことである。「波の花」は、エアロゾルに寄与するマイクロレイヤー起源の有機物を調べるうえで格好の対象と考えられる。」 QT https://t.co/9A38LQ5SR9
『-人ー人がミジンコを見たときに,その命の凄さに感動する.感動したとき,人は最も美しい顔をしています.』 QT 「目的の無いプランクトン観察を通じて感じたこと」(坂田明) https://t.co/OOmF0PQsFZ
知らなかった…。 / 『淡水産擁脚類の外部形態が季節的変化を示すことは,従来よりよく知 られている事実である.』 QT 「 淡水産擁脚類サル スケ ン ミジンコの生態 学的研究 III.体 長の季節的変化」 https://t.co/MnOkqqTZ0y
続) ワカサギの孵化放流が良くわかる。方法がいくつかあることやら、問題やら。 https://t.co/6hCWBS48Qc
「芦ノ湖におけるワカサギの水槽内自然産卵法 による効率的採卵」 PDF https://t.co/GVQo3ljVKA
「琵琶湖沿岸帯および内湖のミジンコ相」 陸水学雑誌 Vol. 65 https://t.co/0wnFGFe4yJ
Annual and Seasonal Changes in Zooplankton Community Structure of Lake Kawaguchi https://t.co/1aHLVBpNg9
タイリクミジンコ(Daphnia similis)が、金魚とともに中国から日本に入り増殖 したものと推定されるとの論文。 https://t.co/CzMO3GoBeU
PDFですが面白い資料を見つけました。⇒https://t.co/lBAMNr0ofu この資料のP.29に 「かなり長期間、結氷下にある湖などは、その存在すらも認めがたく、研究者によっては、カナダにおける湖の数は国民の数より多い、と主張するものもある。」 と書かれていました!
「諏訪湖各種移殖魚貝類の放流年次と各種の年間漁獲物量順位の推移」 https://t.co/tDRbAnllna
RT @sgougi: 肉食性枝角類ノロ(Leptodora Kindtii)の湖沼生態系食物網 中での役割とその意義(総説) https://t.co/xFCC30bCl1
RT @r_himeno: @dgougi そうですか^_^ ミジンコの種類にもよるんですね。上手い孵化法がみつかると良いですね。 ホウネンエビの孵化条件はここの文献を参考にしてやりました。 不必要かとは思いますが、貼っておきます^^; https://t.co/Vv2YvgY…
ゾウミジンコ群集に及ぼす無脊椎捕食者、ノロ(Leptodora kindtii)とケンミジンコ(Mesocyclops)の捕食影響:メソコスムを用いた実験的解析 https://t.co/ygDNjd3SX1
@tapa46 さらに、図の吻は通常の吻で、写真の吻は防御態勢の吻だろうと思います(https://t.co/U793ykHcXj)。
肉食性枝角類ノロ(Leptodora Kindtii)の湖沼生態系食物網 中での役割とその意義(総説) https://t.co/xFCC30bCl1
「尖頭を持ったマギレミジンコにおけるフサカの捕食に対する防御機構」https://t.co/IC9rzKOhzM
「立山高山湖のミジンコ」(PDF) https://t.co/PKSGqm50G6
@coconut0430 もし興味があれば。「ミジンコ種間のChemical Communication」 https://t.co/z3k2mcdCYl
@nijiiro_koubou おはようございます!でしょう!! たとえば、イカダモというのがあるんですが、ミジンコがたくさんいると連なって食べにくい体制になったりするようです。面白いです~。 https://t.co/y84ceCMXuD
(続き) 写真の中の赤い矢印の先にある青白い線状の箇所(全てを指してはいません)の多くは筋組織のようです。( 参照:https://t.co/8tF9ea5FFD ) https://t.co/TDdNDpdHwd
下のURLの論文は、ミジンコの培養や耐久卵からの孵化などについて興味深い実験が多く記載されています。去年の秋から、時折、この論文を参考にしながら実験や飼育をしています。https://t.co/5l8oIZjegK
(続き) このレポート(https://t.co/rNZfqrtffY )を読む限り10℃までは大丈夫そう。 レポートには、水温と餌密度が下がると耐久卵が作られたとのこと、さらに越冬戦略として耐久卵による戦略と自由遊泳個体による戦略がある、といったことも書かれていました。
メモ:「琵琶湖と木崎湖のカブトミジンコDaphnia galeata SARSの形態と変異」 https://t.co/nn2vUv4Ykk
(続き) ソイプロテインの中のイソフラボン含有量はきなこと大差ないな。脂質や糖質はソイプロテインの方が少ないが、きなことどちらが餌となるバクテリアを増やすのに向いているだろうなぁ。 https://t.co/AFYtiO7EDI
<引用>鶏糞抽出液には分析の結果,雌のニワトリ由来と推測されるエストロゲンが含まれていることから,これらの化学物質がミジンコに直接作用することによって、ミジンコの増殖を促進するような機構も存在すると考えられる。</引用> https://t.co/mkO5EMF8G0 より

お気に入り一覧(最新100件)

@dgougi そうですか^_^ ミジンコの種類にもよるんですね。上手い孵化法がみつかると良いですね。 ホウネンエビの孵化条件はここの文献を参考にしてやりました。 不必要かとは思いますが、貼っておきます^^; https://t.co/Vv2YvgYl5J
@sgougi ミジンコが頭をとがらせるのはフサカのボウフラなどの比較的小型の捕食者の存在を感じた場合で、魚の場合はむしろ頭部は丸いままサイズを縮小化したりして繁殖力を高める方向に変異すると思われます。 https://t.co/MnP3Gs94XZ
@sarah_souju @sgougi ええと、1,アポミクシスと考えられてきましたが、最近オートミクシスの特殊な型だとする研究発表がありました https://t.co/G1vaQ0p4NP 2.無性生殖です 3.程度問題ですが、大部分の機構は使い回しされていると思われます

フォロー(117ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

植物工場も熱帯だと冷房コストがめっちゃかかる。廃熱不良。 https://t.co/3VcbebPn5p
RT @Hayato_1117: 共著論文が出版されました! 砂の隙間から見つかったナマコを3新種記載した論文です。成熟個体でも1 cmあるかないかくらいの極小ナマコです。OPEN ACCESSです→ https://t.co/Dhcj7EcMSV
RT @Hayato_1117: 共著論文が出版されました! 砂の隙間から見つかったナマコを3新種記載した論文です。成熟個体でも1 cmあるかないかくらいの極小ナマコです。OPEN ACCESSです→ https://t.co/Dhcj7EcMSV
RT @Hayato_1117: 共著論文が出版されました! 砂の隙間から見つかったナマコを3新種記載した論文です。成熟個体でも1 cmあるかないかくらいの極小ナマコです。OPEN ACCESSです→ https://t.co/Dhcj7EcMSV
RT @tadasiiaigo: @mmlRHRdnzzzDetn @yellow_par その「所詮ネコ」はオーストラリアだけでも100種以上の鳥類、50以上の哺乳類、50種の爬虫類とその他生物を絶滅させていますね。もちろん日本でも同様のことは起きています。 https:…
@menashi_sato なるほど!アマモにとって嫌気層は硫酸イオンや硝酸イオンなどの供給に必要だったりするのかもしれませんね。アマモの種自体が嫌気条件で発芽するのは面白い。 https://t.co/Ia8lxiBHLl
RT @manboumuseum: 【発表】昨日出たウシマンボウの論文です! ・近年のマンボウ属の分類の流れを総括 ・インド洋で初めて遺伝的にウシマンボウを確認 ・先行研究者が「別種」として論文に出した2個体は「同種」だった ・ウシマンボウとマンボウの小型は識別が困難 http…
RT @manboumuseum: 【発表】昨日出たウシマンボウの論文です! ・近年のマンボウ属の分類の流れを総括 ・インド洋で初めて遺伝的にウシマンボウを確認 ・先行研究者が「別種」として論文に出した2個体は「同種」だった ・ウシマンボウとマンボウの小型は識別が困難 http…
#はてなブックマーク #新着 #学び 人名の言語的特徴の分析に基づくキラキラネーム判定 https://t.co/tpR5f0RGLG
RT @N_Licht: ミナミメダカの鰓に寄生する単生類メダカユビガタムシDactylogyrus oryziasiを新種記載しました。 本属は900種以上が知られてますが,その9割以上はコイ目魚類に寄生しており,今回ダツ目魚類から初めて見出されました。 https://t.…
RT @ze_ph: 「シンジュサンは1870年頃に中国より輸入され北海道,札幌において飼育され,その後日本全国に分布を拡大し各地で野生したとされている(石野田,1954)」 https://t.co/KiECHXfoZb

フォロワー(2306ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @solaseedair: TL盛り上がってるので筑波大の研究放流しときますね 茨城県大洗町における「ガールズ&パンツァー」がもたらす 社会的・経済的変化 : 曲がり松商店街と大貫商店街を事例に https://t.co/1g5EFO9b6e
植物工場も熱帯だと冷房コストがめっちゃかかる。廃熱不良。 https://t.co/3VcbebPn5p
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? ジャガイモのデンプン含量が調理特性に及ぼす影響(小宮山 誠一ほか),2002 https://t.co/wUteOwD0Q0
RT @Hayato_1117: 共著論文が出版されました! 砂の隙間から見つかったナマコを3新種記載した論文です。成熟個体でも1 cmあるかないかくらいの極小ナマコです。OPEN ACCESSです→ https://t.co/Dhcj7EcMSV
RT @Hayato_1117: 共著論文が出版されました! 砂の隙間から見つかったナマコを3新種記載した論文です。成熟個体でも1 cmあるかないかくらいの極小ナマコです。OPEN ACCESSです→ https://t.co/Dhcj7EcMSV
すべてをゼータ関数から導き出すというゼータ主義の立場からすれば,(超弦版の)宇宙のゼータ関数を計算することは,その特殊値と振幅との関連等,大変興味あることだと思われる. https://t.co/rOti8B5QGb
RT @Hayato_1117: 共著論文が出版されました! 砂の隙間から見つかったナマコを3新種記載した論文です。成熟個体でも1 cmあるかないかくらいの極小ナマコです。OPEN ACCESSです→ https://t.co/Dhcj7EcMSV
@CrispTomb 例えばですね、こういう出身高校と学習意欲に関する論文があって https://t.co/afh46WPNlN 手法もしっかりしているけれど、結論は「高校は関係ない、それ以前と親だ」っていう研究もあります。 調… https://t.co/OQMkzttTf5
RT @Hayato_1117: 共著論文が出版されました! 砂の隙間から見つかったナマコを3新種記載した論文です。成熟個体でも1 cmあるかないかくらいの極小ナマコです。OPEN ACCESSです→ https://t.co/Dhcj7EcMSV
RT @Hayato_1117: 共著論文が出版されました! 砂の隙間から見つかったナマコを3新種記載した論文です。成熟個体でも1 cmあるかないかくらいの極小ナマコです。OPEN ACCESSです→ https://t.co/Dhcj7EcMSV
RT @Hayato_1117: 共著論文が出版されました! 砂の隙間から見つかったナマコを3新種記載した論文です。成熟個体でも1 cmあるかないかくらいの極小ナマコです。OPEN ACCESSです→ https://t.co/Dhcj7EcMSV
共著論文が出版されました! 砂の隙間から見つかったナマコを3新種記載した論文です。成熟個体でも1 cmあるかないかくらいの極小ナマコです。OPEN ACCESSです→ https://t.co/Dhcj7EcMSV
RT @tadasiiaigo: @mmlRHRdnzzzDetn @yellow_par その「所詮ネコ」はオーストラリアだけでも100種以上の鳥類、50以上の哺乳類、50種の爬虫類とその他生物を絶滅させていますね。もちろん日本でも同様のことは起きています。 https:…
RT @manboumuseum: 【発表】昨日出たウシマンボウの論文です! ・近年のマンボウ属の分類の流れを総括 ・インド洋で初めて遺伝的にウシマンボウを確認 ・先行研究者が「別種」として論文に出した2個体は「同種」だった ・ウシマンボウとマンボウの小型は識別が困難 http…
@menashi_sato なるほど!アマモにとって嫌気層は硫酸イオンや硝酸イオンなどの供給に必要だったりするのかもしれませんね。アマモの種自体が嫌気条件で発芽するのは面白い。 https://t.co/Ia8lxiBHLl
一応若狭湾岸でも津波痕跡はあるらしいけどね https://t.co/zpSuiBnoT5
志村五郎氏は,1960年代の頃の,示唆に満ちた論説『保型函数と整数論』の中で,「整数論いたる所 ゼータ関数あり」という言葉で,整数論におけるゼータ関数の重要性,ゼータ関数を中心にして整数論を見ることの重要性を述べられた. https://t.co/K6FJuFnfnT
私が,Riemann の ζ-函数と性質を共有する函数を “育成” するときに使って来た一つの特別なトリックをお話しよう. ── アンドレ・ヴェイユ 『ゼータ函数の育成について』 https://t.co/va5FE3To0t
これを機会に共著者は自然言語系の研究者があとに役立ちそうな、著作や適切な引用のためのガイドライン、って研究を論文化するといいと思う。 拙著 「エンタテイメントシステムにおけるパブリックテストの重要性と同意書ガイドライン」 https://t.co/vbGQUBN1wS
RT @manboumuseum: 【発表】昨日出たウシマンボウの論文です! ・近年のマンボウ属の分類の流れを総括 ・インド洋で初めて遺伝的にウシマンボウを確認 ・先行研究者が「別種」として論文に出した2個体は「同種」だった ・ウシマンボウとマンボウの小型は識別が困難 http…
RT @manboumuseum: 【発表】昨日出たウシマンボウの論文です! ・近年のマンボウ属の分類の流れを総括 ・インド洋で初めて遺伝的にウシマンボウを確認 ・先行研究者が「別種」として論文に出した2個体は「同種」だった ・ウシマンボウとマンボウの小型は識別が困難 http…
RT @manboumuseum: 【発表】昨日出たウシマンボウの論文です! ・近年のマンボウ属の分類の流れを総括 ・インド洋で初めて遺伝的にウシマンボウを確認 ・先行研究者が「別種」として論文に出した2個体は「同種」だった ・ウシマンボウとマンボウの小型は識別が困難 http…
RT @kaetn: 「ディープラーニングと進化」と題したJSAI2017のOSの松尾さん論文、何気なく読んだらめっちゃおもしろかった。574.pdf https://t.co/3Gvh0OB6td
@uchujin17 suicaの開発を担当した方の博士論文とか見てたら、こんな性質のシステムが必要だからこう作った、技術は道具、哲学大事なんだなと https://t.co/LTF1JKqLGj
#はてなブックマーク #新着 #学び 人名の言語的特徴の分析に基づくキラキラネーム判定 https://t.co/tpR5f0RGLG
RT @N_Licht: ミナミメダカの鰓に寄生する単生類メダカユビガタムシDactylogyrus oryziasiを新種記載しました。 本属は900種以上が知られてますが,その9割以上はコイ目魚類に寄生しており,今回ダツ目魚類から初めて見出されました。 https://t.…
RT @alciopidae: Classification and Morphological Variations of the Japanese Species of Lumbrinerides (Annelida: Lumbrineridae) https://t.co…
RT @MORI_Natsuko: 「本研究の目的は暗喩を用いて表現されている有害な文に対してフィルタリングを行うことである」って……暗喩を使ったエロ表現は文学的技法の一つですよ。しかも、主に女性が表現者であるBLを狙い撃ち……差別的だなぁ。 https://t.co/EOU…
RT @MORI_Natsuko: 「本研究の目的は暗喩を用いて表現されている有害な文に対してフィルタリングを行うことである」って……暗喩を使ったエロ表現は文学的技法の一つですよ。しかも、主に女性が表現者であるBLを狙い撃ち……差別的だなぁ。 https://t.co/EOU…
RT @skkzm: 「芸術作品における『魅惑の形式』のための試論」https://t.co/REdYCvwGzh 「制作の共同体へ」https://t.co/gZRKD1oDM3 「消費から参加へ、そして制作へ」https://t.co/0jtm0bSAhK
RT @Mituru_666: は?立命館頭おかしいだろ。 卑猥なワードをフィルタリングする学術目的とか言って同人作品のpixivのURLと作者名勝手にピックアップして大公開。大学が。大学が!! https://t.co/S5SY8SMyWv https://t.co/3pl…
RT @kumozaru_mmm: 立命館のpixivの18禁小説をネタにした論文出してる研究室が、過去に「キラキラネームを判定するシステムを作りました!」みたいな論文出してて、「あっ(察し)」ってなってる https://t.co/lfTvg3hYHr
RT @Mituru_666: は?立命館頭おかしいだろ。 卑猥なワードをフィルタリングする学術目的とか言って同人作品のpixivのURLと作者名勝手にピックアップして大公開。大学が。大学が!! https://t.co/S5SY8SMyWv https://t.co/3pl…
RT @ze_ph: 「シンジュサンは1870年頃に中国より輸入され北海道,札幌において飼育され,その後日本全国に分布を拡大し各地で野生したとされている(石野田,1954)」 https://t.co/KiECHXfoZb
RT @akkikiki: 多様体仮説を知らなかったので追加の資料が必 「Deep Neural Networksの力学的・幾何学的解析」 https://t.co/Id7SRpr3Lm "The Manifold Tangent Classifier" https://…
p進Hodge理論と多様体のL関数の特殊値のp進的性質については,加藤和也氏による数学的にも文学的にも価値の高い論説があるので興味のある方は是非それ等を参照されたい. https://t.co/vv4KJ8caUH https://t.co/K3euqhLrh0