著者
中村 晃
出版者
千葉商科大学
雑誌
千葉商大紀要 (ISSN:03854566)
巻号頁・発行日
vol.42, no.1, pp.1-20, 2004-06-30
被引用文献数
1

現在まで自己愛(narcissism)の概念に関しては多くの議論が重ねられてきているが,また同時に混乱が多い分野であることが知られている。その混乱の最も大きな原因は,自己愛そのものの定義が研究者によって異なっており,「自己愛」という用語がさまざまな意味で使われていることが挙げられる。そこで本研究では,今までの自己愛に関する議論を整理することを目的とした。特にこれまで重ねられてきた議論をふまえ,自己愛の健康的・適応的な側面と,不健康的・不適応的側面の本質的な差異に注目し,自己愛の構造を検討した。その結果,健康な自己愛(self-love)と不健康な自己愛(narcissism)に分けて考えることの重要性が指摘された。また,不健康な自己愛の表れ方には,大きく分けて「誇大型」と「過敏型」の,一見正反対の性質のように見える2種類に分類できることが示されたが,両者に共通する性質として「他者が待つ自分に関する評価への関心の集中やこだわり」があり,これが不健康な自己愛の本質であることが考えられた。このようにこれまでの自己愛の定義にある「自分自身に対する関心の集中」を,「本当の自分自身に対する関心」と「他者から見られる(評価される)自分に対する関心」の二つの側面に分けることが自己愛の健康性を考えるうえで重要であることが考えられた。

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (9 users, 10 posts, 77 favorites)

ミテルヨ(・ω☆): CiNii 論文 -  健全な自己愛と不健全な自己愛 - https://t.co/PyOlHKCnwI
ブックマークの整理をしていたら出てきました(さっぱり記憶になかったのですが)。読み返してみたら面白かったです。「健全な自己愛と不健全な自己愛」 https://t.co/vOGAe7RSic
CiNii 論文 -  健全な自己愛と不健全な自己愛 http://t.co/LNqIaKFG #CiNii 今これ読んでいる。Now, I am reading this article.

収集済み URL リスト