著者
鳥山 正晴
出版者
日本大学
雑誌
日本大学芸術学部紀要 (ISSN:03855910)
巻号頁・発行日
vol.40, pp.15-28, 2004-07-30

一九八一年十一月五日、部屋のドアに「死者を起こすには強くノックすること」とメモを張り付け自殺したジャン・ユスターシュ。彼はジャン=リュック・ゴダールをして、<最後のヌーヴェル・ヴァーグ> と言わしめた映画監督であった。その鮮烈な死までの十八年間に彼が撮り続けた映画は、苦悩と実験に満ちあふれている。彼の映画に対する姿勢とはどのようなものだったのか? 彼の映画の目的とは何だったのか? 彼が残した映画から、その目的を中心に、映画表現と映画作家の関係を探っていく。

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (1 users, 1 posts, 1 favorites)

CiNii 論文 -  ジャン・ユスターシュの映画 : 変容する映画表現の目的 https://t.co/ONC6lvgTHd #CiNii

収集済み URL リスト