著者
小林 康江
出版者
日本母性衛生学会
雑誌
母性衛生 (ISSN:03881512)
巻号頁・発行日
vol.47, no.1, pp.117-124, 2006-04
被引用文献数
2

本研究の目的は,母親が自ら「できる」と思える子育ての体験を記述することである。それにより,産後の母親のケアの示唆を得ようとするものである。研究方法は,退院後1ヵ月健診まで実家に里帰りをした初産婦5名を対象に,家庭訪問と半構成的面接法を実施した。分析は,母親が育児について語っている文脈を事例ごとに抽出し記述した。その結果,産後1ヵ月の母親は,母親自身で「できる」と思える子育ての体験がある母親と,「できる」と思える体験のない母親がいることが明らかとなった。「できる」と思える子育ての体験のある母親の状況は「自分の努力と導きから実母と同じように世話ができること」「消去法から体感覚を用いて子どもの泣きの理由がわかること」「余裕をもてること」「試行錯誤と,家族・看護者の支援によって効果を実感すること」であった。また「成長している子ども。成長していないながらも母親になっている私」「応援したくなるかわいい子ども。子育てに自信がもてた私」「私を必要としている子ども。子どものことをわかってあげられる,余裕がある私」と母親自身と子どもとの関係をとらえていた。一方,「できる」と思える体験がない母親は「こだわりをもち続けること」「子育てと生活をコントロールしたい」というように育児をしていた。そして子どもと母親自身の関係を「私を嫌う子ども。がんばりが足りない,取り残される私」「思うようにならない子ども。子どもから嫌われている私」ととらえていた。

言及状況

Delicious (1 users, 1 posts)

[from twitter] こんな論文どうですか? 産後1ヵ月の母親が「できる」と思える子育ての体験(小林康江),2006 http://id.CiNii.jp/UFqxL

Twitter (5 users, 6 posts, 5 favorites)

RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 産後1ヵ月の母親が「できる」と思える子育ての体験(小林康江),2006 http://id.CiNii.jp/UFqxL
こんな論文どうですか? 産後1ヵ月の母親が「できる」と思える子育ての体験(小林康江),2006 http://id.CiNii.jp/UFqxL
こんな論文どうですか? 産後1ヵ月の母親が「できる」と思える子育ての体験,2006 http://ci.nii.ac.jp/naid/110004788433

収集済み URL リスト